S、RS

2017年10月21日

RECSとTPST

今日の作業はワコーズRECS(レクス) 
1台目は2003年式VWゴルフ4、2台目は 写真1枚目の2009年式アウディTT-S 定期的なRECS施工で好調維持ですね。

本日3台目は、2016年式VWゴルフ7GTI
写真2枚目のCOX トーピボットストップトラス(以下TPST)の取り付け。
リアサスペンションメンバーに付ける補強パーツです。

これ 上手く考えられています。  これだけの物が つっぱり棒のごとく付けば、相当に補強されますので、サスペンションが素直に よく動くようになりますよね〜。


171021117102121710213

evooyaji at 17:08|PermalinkComments(0)

2017年09月26日

レストア

先日の2005年式アウディS4 スイッチですが、新品パーツを手配したものの、2週間後に{本国 生産中止}と悲しい宣告をされてしまいましたスイッチ横のメクラ蓋2点。

左右に並ぶスイッチが新品になると いままで以上にみすぼらしく見えてしまうため、作戦変更。

無事に交換完了したESPスイッチの外したパーツは、お客様に確認すると「いらない」とのことでしたので、これを使い、下地が出るまで磨いて表面を剥離、そして 特殊なラバー塗装をして 新品スイッチとの比較試験をしてみると
                  これ なかなか良い出来ではないですか。 
もとの状態から比べると 明らかに良いです。   これならOKと判断し、メクラ蓋2個も 同じ作業をしてみました。
う〜ん これで ばっちり。  上手くいきました。

写真1枚目 右がラバー塗装したESPスイッチ、右から2番目が新品Pセンサースイッチ(例のいきなり剥げたもの)、左2個は作業前のメクラ蓋。

写真2枚目 ラバー塗装後のメクラ蓋。 

17092611709262


evooyaji at 17:47|PermalinkComments(0)

2017年09月20日

S4 スイッチ交換その後

2005年式アウディS4 ですが、問題となったのはパーキングセンサースイッチ(以下Pスイッチ)。
無事に交換を終えて、作動テストのため操作すると・・・なんと表面が剥げて、白い地肌(樹脂)が出てしまいました。
これは どういうことか?  新品パーツが入っていた箱には小さく{2005年製造}の文字あり。
一方無事にテストを終えたESPスイッチは{2015年製造} これなら まだ2年ですから 安心ですが、
12年前に製造されたPスイッチは、 「そりゃ〜だめでしょう」

これは返品し、代品の手配をするのですが、ここから 中々進まず。
返品処理には いくつもの書類、写真等が必要ですが、これは 私の手間だけで解決できます。

代品(在庫)は日本に1個のみで製造年を確認してもらうと 同じ2005年とのこと。
メーカーさんのパーツ担当によれば、「何度も触ってみたが問題なし」 「これを発送します」 とのことでしたが、  私は これを拒否。
私の希望は 「ドイツ本国より、在庫のあるものの中から一番新しいものを取り寄せ」 
ところが これに対して「本国に確認します」 となり、早2日。

              これは 気長に待つしかありませんね。

evooyaji at 21:35|PermalinkComments(0)

2017年09月17日

S4 スイッチ交換

先日から お預かりしているアウディS4 
今日の作業はヘッドライト、ESP、パーキングセンサースイッチ 3点の交換です。 
写真1枚目 ヘッドライトスイッチは こんな感じで剥げてしまいましたので、機能的には問題ありませんが、新品交換します。  コツさえ解っていれば 交換は簡単ですね。

写真2枚目 当初 ハザードスイッチ以外の4点を注文しておりましたが、メーカー受注後に連絡があり、メクラ蓋2点は生産中止 とのことで残念でした。

写真3枚目 用意したパーツ。  新品は綺麗ですし、ベタベタ感もなくなり、すっきり と言いたいところですが、問題発覚。
                         詳しくは また後日


170917117091721709173

evooyaji at 18:48|PermalinkComments(0)

2017年09月16日

S4 アラゴスタO/H 出来上がり

7月にアラゴスタ 車高調整サスペンションのO/Hのため、一旦ビルシュタインショートダンパーを取り付けた2005年式アウディS4
ようやく出来上がりましたので、本日入庫いただきました。
今回は設定変更も行い、スプリングはそのまま再使用で、出来る限り柔らかする方向としました。
結果、標準から(今までの設定から)40%ほど柔らかい設定(ピストンスピードが低中速域で)となりました。

同時にゴム類も交換し、リフレッシュ。

写真1枚目が用意したパーツ。   この他ボルト2本も用意しておりましたが、サビは見られず再使用しましたので、写っておりません。

約2ヶ月間の お役を終えたビルシュタインとバンプラバーなど。

               ついでに急遽 追加注文いただきましたタイヤ2本も交換です。

17091611709162 

evooyaji at 18:33|PermalinkComments(0)

2017年09月07日

986とTT-RS

先週末から お預かりしておりますポルシェ ボクスターS 最後の仕上げにフューエルキャップのひも を交換(写真1枚目)
千切れて3分割しておりましたが、 新品のひも のみ用意して交換。
この商品は いつもVW、アウディでも使用しているものですから、当店在庫有り。

通常2種類在庫しておりますが、今現在1種類のみの在庫となり、次回 ドイツからの入荷待ち1種類となりました。  
        マッチングは 現車確認が必要 ですので、お気軽に ご来店下さい。

替わって 次の車両はアウディTT-RS 4ホイールアライメント測定、調整、エンジンオイル交換、クラッチペダル異音、ドアヒンジ異音、エアコンリフレッシュです。
まずは ホイールアライメントから。   1年に1度ぐらいのスパンで調整させていただいている車両ですから、微調整でいけますね。  これぐらいの頻度で調整すると いつも良い状態を維持できますし、何といっても乗っていて 快適で気持ちがいいですよね〜。

クラッチペダルの異音は 他店で作業済みだが改善されないとのことで、当店でもトライ。
見たところ 確かにグリスがたっぷりと塗ってありますが、アンダーパネルを外さずに作業したのか、奥の方は手付かず。   写真2枚目のとおり アンダーパネルを外して グリスアップ。

結果は、あれれ、少しだけ改善されたが、あまり変わらないとも・・・・ここから あ〜でもない、こ〜でもないと・・・。   半分諦めかけましたが、 いつの間にか 音が無くなりました〜。
これは いつまで もつのか(維持できるのか)判りませんが、これで様子見といたします。

最後は エアコンリフレッシュ。  まずは吹き出し口温度を見てから作業をするか、どうか判断することになっておりますので測定。
10.9度ですが、今日は曇りで 快適な温度。 作業していても 汗ばむことなく快適な温度ですから この結果はあまりよくないです。 
よって作業開始。   抜き取ったガス量は402グラムと 規定量から約20%も少ない状態。
                     う〜ん 作業して 良かった。 

          作業中の写真を撮りましたが あまりにも写真へたくそすぎですね。
  

170907117090721709073
 

evooyaji at 11:04|PermalinkComments(0)

2017年07月22日

S4 アラゴスタO/Hのため

2005年式アウディS4 数年前に取り付けていただいたアラゴスタ車高調整キットのオーバーホール(以下O/H)を行なうため、新品のビルシュタイン ショートダンパーと中古純正スプリングを用意しました。
元々はリアのみO/Hの予定でしたが、お客様から「序なのでフロントも いっしょにO/Hを・・・」と連絡いただき、本日の作業となりました。

ご注文いただいた際に このビルシュタインは生憎メーカー欠品中で、1ヶ月半ほどお待ちいただき入荷。
当店入荷時の検品で、Cリングタイプでありましたから、良い案を思いつきました〜。

写真2枚目のとおり、Cリング用の溝を標準位置から下に3本追加で切る加工をすることに。

これでO/H作業中の2ヶ月間ですが、リアの車高に合わせることが出来ます。  
当初の案ですと「2ヶ月間は乗らないようにするので フロントは純正車高、リアは低い状態でOK」 との返答をいただいておりましたが、Cリングタイプでありましたので、僅かな溝切り加工代で車高を前後あわせることができました。

この溝の寸法(位置と間隔)は、随分前にオーリンズダンパー特注品+純正スプリングの組み合わせを作業したことがありますから、この時のデータを残してありましたので、今回とっても役にたちました。

写真3枚目 外す前のアラゴスタ車高調整。

170722317072211707222

evooyaji at 22:14|PermalinkComments(0)

2017年06月15日

オーリンズ特注品 8V S3

昨日オーリンズ特注品ダンパーのフロント側の交換をしました2016年式アウディS3
今日は残りのリア側です。 フロントと比べるとリアはシンプルな構造ですから、作業時間は半分ぐらいでしょうか。
写真1枚目 もうすぐ完成といったところ。  グリーンの養生テープは、ダストカバーの固定位置を決めるために0Gと1G状態の二通りで測っています。
マグネチックダンパー付き車のため ダンパー上側にはアイスイープ キャンセラーを固定。

写真2枚目 調整ダイヤル分のアップ。 

試運転で3キロほど走りましたが、ステアリングレスポンス抜群で尚且つ しなやかでした。
           私の好みには ぴったりです。  
  お客様にも気に入っていただければ良いですが、それは乗ってみてもらってからですね。

17061511706152


evooyaji at 00:12|PermalinkComments(4)

2017年06月14日

オーリンズ特注品

今日はオーリンズ特注ダンパー取り付けのため入庫いただきました。
この案件はお客様から要望を伺い、2ヶ月ほど前からオーリンズ特注部門ウプランズさんと打ち合わせを重ね、ようやく出来上がりました。

高速道路で路面の継ぎ目の段差をしなやかに受け止められるように。  と狙ってセッティングしております。
また しなやかだけど、沈み込んでいくと踏ん張ってくれるようにとも。

スプリングについては、純正を再使用し 車高はこれ以上 下げたくない との要望もありますので、純正形状のダンパーを作りました。

もちろん20段回の減衰力調整も付いていますから、この中で お好みの硬さが見つかるであろうとの目論見です。

車両の構造から減衰力調整ダイヤルは前後とも下側に付けておりますから、ダンパーを外すことなく、リフトアップさせすれば簡単に調整できるようにもしてあります。

フロントダンパーについては倒立式となるため ガス圧とフロント荷重の軽さから、車高が上がってしまう恐れがありましたので、これも ちょいと一ひねりして回避するようにガス圧の指定等いたしました。

いつものことですが、特注品は お客様の好みにマッチするか?
乗っていただいた感想はどうなのか?
                        いつも どきどきです。  

1706141 




evooyaji at 20:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月03日

高級車が続々と

1706031本日1台目は2005年式アウディS4(B7) ATF交換から。
初入庫いただきましたS4 ですが、まずはATFからということで、現車確認させていただき、AT型式を調べるとHLBでした。  当店で同型S4のATF交換が3〜4台経験がありますが、これと全く同じAT型式は やったことがありませんでしたが、パーツを調べていくと全く同じパーツの組み合わせは経験有り。
念のため 整備書でも確認しましたが、交換手順は同じとのことで 安心して受注。

写真1枚目のパーツを用意。 

写真2枚目は、オイルパン内部。  10万8千キロ走行で、初のATF交換のようですが、やはり 汚れていますね。
今回は お客様と相談し、高額なアウディ純正オイル(1リッター10908円)ではなく、信頼できるメーカーの社外品を当店初使用となりました。

交換後の走りは どのように変化するでしょうか。  後日インプレッションを お聞きするのが楽しみであります。

続いて本日2台目は、マクラーレン650S 「これ買ったけど4ホイールアライメントできる?」と入庫いただきましたが 当店アライメントテスターに基準データが入っていない車両でした。
テスターメーカーのHPからユーザーログインしてデータを調べましたが ここにもデータなし。
時間をいただき、調べることに。

私はドアのスイッチが何処にあるのか判らず お客様に教えていただきました。
          これで、いつでもオーナーになれます(笑)      お金さえ有れば・・・・・・

写真4枚目 このラインが超 美しいです、ドアミラーのステーも含めて。

そして今日の作業は まだまだ続きますが 後日また。

170603217060361706033



evooyaji at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)