S、RS

2020年10月15日

TT-S タイヤ交換

2014年式アウディTT-S (8J) タイヤ、ブレーキフルード交換、4ホイールアライメント測定、調整にて ご入庫いただきました。

何種類かの見積から選んでいただいたのは、コンチネンタルCSC6 (コンチスポーツコンタクト6) いわゆる コンチのフラッグシップタイヤです。 販売価格も見積内で最高額。

今までのタイヤはピレリーP-ZERO NERO スリップサインが出始めた状態まで減っており、1本にはタッカー?ホチキス?が刺さっており貫通(パンクです)しておりましたので、よいタイミングで交換できました。(写真1枚目)

私とメカニックがタイヤ交換中に、もう一人がブレーキフルード交換しましたので、効率よく進みました。 メーカーの仕様どおり、マスターシリンダー(リザーブタンク)に圧力を掛けて、交換していきます。 なので、ペダルは踏みませんのから、一人で作業できるんです。

アライメントは、これまた やり慣れた車種ですから1時間半ほどで完成。

20101522010151

evooyaji at 19:39|PermalinkComments(0)

2020年09月27日

S3 オイル各種

2009271「2台のオイル交換を・・・」とのことで、ご連絡いただき、パーツが用意できましたので、本日作業。
まずは2016年式アウディS3 セダンからスタート。 
写真1枚目のパーツを用意。 エンジンオイル、オイルフィルター、ドレーンプラグ、フロントデフオイル、シールボルト2個、ハルデックスオイル、シールボルト、ドレーンボルト、リアデフオイル、シールボルト2個です。

写真2枚目 エンジンオイルは当店おすすめモチュールのVW、アウディ専用品 スペシフィック504 507 です。  こちらは60リッター缶で用意しておりますので、量り売り(使用量に応じて)が可能です。

写真3枚目 抜き取ったフロントデフオイル。  容量が少ないので、ここが一番汚れています。

写真4枚目 抜き取ったハルデックスオイル。 ここはVW純正オイルを使用。

写真5枚目 抜き取ったリアデフオイル。  10ミリの小さな口から入れるため、時間がかかります。


2009272200927320092742009275

evooyaji at 19:07|PermalinkComments(0)

2020年09月08日

A1、TT-S、アップ

20090812014年式アウディA1 「運転席サンバイザーの固定部が折れてしまった」とのこと。
早速パーツリストで品番を調べると、2色有り、品番変更になっていました。 
カラーバリエーションは、A1の この年式からは 黒とチタニウムグレーの2色のみ。
現車はグレーというよりか、ベージュに近い色合いなんですが、黒でないことは 明らかなので、チタニウムグレーで発注。 (試しに同じ品番の色違いを検索してみると15色くらい有るので心配です)

届いたものを見ても、これで良いのか 判断できず。 本日現車に合わせると、ふ〜ばっちりでした。

続いて2014年式アウディTT-S エンジンオイル、オイルフィルター、フロントデフオイル交換で ご入庫いただきました。 写真2枚目が抜き取ったデフオイル。 初の交換のようですが、真っ黒。 まあ、ここは量が少ないので、どの車両も こんな感じの汚れ具合ですね。

次回は早めの交換がベターです。

本日最後の車両は、2019年式VWアップGTI オイルキャップカバー、GTI レッド エンブレムステッカー、シャークアンテナの取り付け。  アンテナはオプションにてボディ同色塗装済みにて発注しましたので、LY3D トルネードレッド です。 これで立体駐車場も そのまま入れますね。

200908320090822009084

evooyaji at 19:31|PermalinkComments(0)

2020年07月17日

バランス調整

20071712014年式アウディTT-S 昨日のブログをご欄いただき、バランス調整のご依頼です。
「高速道路でフラフラ、プルプルする」とのこと。 フロント2本を測定してみると左外側10g、内側20g、右外側15g、内側10g のアンバランス有り。
これだけ狂っていると 確実に体感できてしまいますね。

左右とも ゼロ になりましたので、OKです。 でも、そろそろタイヤ交換時期が近づいておりますので、タイヤの見積も作成。 
このサイズ(255/35-19 XL )は、高額になりますが ここはアウディ承認 AO 表記にも拘りたいところですね。 

evooyaji at 11:02|PermalinkComments(0)

2020年07月04日

S1、ゴルフ7、アップ

今日のエボリューションは、久しぶりに作業予約が埋まりました〜。
2017年式アウディS1  4ホイールアライメント測定、調整からスタート。
測定してみるとフロントトータルトーがマイナス6.7ミリと大きく狂っていましたので調整。

最後に診断機を接続し、各種ECUの診断を。  全部で6個のフォルトを拾っていました。

続いてゴルフ7.5 DSGオイル交換。 乾式7速ですから、すぐ作業にかかれます。
写真1枚目 親油を注入中。

写真2枚目 とっても便利な、VW、アウディ専用工具(SST)これがあると、無いとでは大違い。 無いと きっちり規定量入れることができません。

写真3枚目 抜き取ったオイル、真っ黒ですね。

最後は2013年式VWアップ、タイヤ交換です。 選んでいただいたのは、165/70-14 81T コンチネンタル CEC5 VW専用品。 同時にチューブレスバルブも交換完了。

皆さん きっちりと予約時間どおりに ご来店いただきましたので、重なることなく作業が進行できました。

200704120070422007043



evooyaji at 18:46|PermalinkComments(0)

2020年07月02日

8J TT-S キャンセラー

2007021先日バックランプLEDを取り付けさせていただいた2014年式アウディTT-S
取り付けから1週間ほどでメーター内に球切れ警告のメッセージが点灯してしまいました。

仕方が無いのでキャンセラーを用意し、取り付けることとなりました。

写真1枚目 接続が完了して、あとは キャンセラーのアルミボディ部分が金属部に接するように固定したら完成です。



evooyaji at 19:22|PermalinkComments(0)

2020年06月20日

S1 エアコンリフレッシュ

アウディS1 「エアコンの効きが いまいちの気がするので、リフレッシュを・・・」とご入庫いただきました。
こちらの お客様は 以前にマツダ ロードスター、ルノールーテシアで同作業をさせていただいておりますので、効果のほどを実感されております。
ということで、即 作業開始。

抜き取ったガス量は272gで規定量の475gから203g も少ない状態でした。
真空引き、圧力保持テスト、新油注入後、規定量のガス注入。 
  8.7℃から6.1℃ (この間外気温は上がっておりますが)と 当然ですが、効きはアップ。




evooyaji at 16:36|PermalinkComments(2)

2020年05月21日

W211とSQ5

2008年式メルセデスベンツE320 CDI 「パンクした〜」と ご入庫いただきました。
タイヤを確認すると写真1枚目のとおり+ネジが刺さっています。 念のため 全周確認すると 写真2枚目、3枚目と3か所に刺さっています。
この内2か所が貫通し、みごとパンク2か所。

        こんなことが たまにですが、あるので、全周確認が必要です。

入れ替わりで ご予約いただいておりました、アウディSQ5 エンジンオイル交換。  いつも使っていただいているモチュールのVW、アウディ専用オイル スペシフィック504.507を使用いたします。


200521220052112005213



evooyaji at 17:12|PermalinkComments(0)

2020年03月24日

TT-S ECUチューニング

2014年式アウディTT-S (8J)エンジンECUチューニングでデジタルスピードを施工させていただきました。
元々パワーのあるTT-Sですが、さらにアップして272馬力から310馬力となりました。
トルクも350Nm(2500rpm)から421Nm(2380rpm)へ、発生回転については、下がりましたので 街乗りで さらに乗りやすくなります。

デジタルスピードでは 多くの車種に対応できますので、どしどし お問い合わせくださいませ。



evooyaji at 11:08|PermalinkComments(0)

2020年03月07日

8P S3 タイミングベルト交換

2009年式アウディ S3 ツースドベルト(タイミングベルト)交換で ご入庫いただきました。
同時交換でウォーターポンプ、サーモスタット等も含めて 多数のパーツとなり、予算もかかりますね。
でも経過年数、走行距離から考えて そろそろやっておかないと 怖いですから。

今日から丸2日間の予定で 作業を進めていきます。

ところが、開始早々に問題発生。
エンジン上部にあるカバー(エアクリーナーボックス一体)を外そうと、いつもの感覚で引っ張ると
なんだか変な感触が・・・。や〜な感じがしたので、注意深く 進めると、エアクリーナーボックスのビスが締められていない状態で付いていました。  このままの状態では締め付けられないし、かといってカバーを取らないと 先に進めないし・・。
30分ほどかかって、カバーを外しました〜。
カバー裏側は、写真2枚目のとおり、ビスが3本締め忘れ。  誰だ〜!こんな罠を仕掛けるのは。

    変な感触 を察知しなければ、カバーを割ってしまうところでしたから。
このところ作業機会が減っているCDL エンジンですが、過去に何台も作業しましたので、メカニックの体に感覚が残っていて 良かったです。  

20030712003072

evooyaji at 13:36|PermalinkComments(0)