S、RS

2018年09月12日

TT-S オイル交換

2014年式アウディTT-S (8JCDLF) エンジンオイル交換で ご入庫いただきました。
前回のオイル交換時にオイルフィルターを替えていただいておりますので、今回はオイルのみ となります。

オイルは いつもの モチュール スペシフィックを使用。      VW、アウディ規格 VW504-507 ですからディーゼルV10以外のエンジンに安心して使っていただけます。



evooyaji at 18:03|PermalinkComments(0)

2018年08月22日

ガレージジャッキ

3ヶ月程前のことになりますが、アウディS3の お客様からガレージジャッキのお問い合わせをいただきました。
S3 (8V)とBMW 118 (F20)の両方に使えるのが条件です。

色々なメーカーさんより、ピックアップさせていただいたのは、老舗ジャッキメーカーのマサダ製。
このメーカーから2種類に絞り込み、選んでいただいたのが、MSJ-1000 です。
メタルケース付きで このタイプの最上位機種となります。

このままでは、両車種共 上手く使えないので別途 他メーカーのアタッチメントを組み合わせるのが 私の仕事。  具合が良いことに このジャッキ専用のBMWアタッチメント(3種類)を販売しているメーカーがあり、この中からF20用を手配。

と、ここまでは、何も問題なく 予定どおり。

あとは、このアタッチメントにさらに被せる形で8V用のゴムを作る予定でした。
ところが、このBMWアタッチメントを付けるとメタルケースに収まらない・・・・。 また現車確認でS3のジャッキアップポイント後ろ側が低くてジャッキが入らないという大問題が発生。
タイヤの下に木製スロープを入れる案も考えましたが、あまりに高さのあるスロープは危険ですし、毎回手間がかかりますので却下。
アウディ用の専用アタッチメントは販売されていないか、調べましたがなし。
まあ、これが有ったとしても 毎回松葉ピンを外して入れ替えるのは これまた手間。

悩みに悩んだ挙句 両方のアタッチメントに適合できる物を金属加工屋さんでS45Cから削りだしで作ってもらうことに。
出来る限りコストを抑えるために 金属加工屋さんに納期は2ヶ月ぐらいとたっぷり有りますから・・・とお願いし、
私は 早速 簡単な図面作りにかかりました。 

この設計には1週間ほどかけて取り組み 完成したものを持って加工屋さんにて打ち合わせ。

ここから2ヶ月弱たった本日 完成しました。
これをBMWアタッチメント付属のステンレスピンと松葉ピンで止めれば 全て完成となるのですが、また小問題あり。
中央のステンレスピンの穴位置(松葉ピン用)が合わなくて、ジャッキが一番下まで下がらない問題が。
8ミリのステン丸棒に2ミリの穴を開ける作業。   これ当店のボール盤で出来るのか不安でしたが、見事に貫通。  完成まで もう一息といったところまできました。

18082221808221



evooyaji at 12:11|PermalinkComments(0)

2018年07月15日

S4 エアコンとアルト

2010年式アウディS4 (8K)エアコンリフレッシュとエンジンオイル補充で ご来店いただきました。
エンジンオイルは量が少なくなり警告灯が点灯。
MMIにて量を確認すると下すぎて表示できない状態。  これなら1リッターは入るであろう と判断し、まずは0.8リッター補充。  一旦エンジン始動してからオフ。  2分後に表示をみると やはりまだ足らない。
プラス0.2リッター補充して、確認すると満タンとなりました。

エアコンは作業前に吹き出し口温度を測定すると18.1℃
今日の名古屋は特別に暑くてピット(工場)内温度39℃ですが、それでも これは冷えていない。
早速エアコンリフレッシュ作業開始。  抜き取った134aガス量は429グラムと規定量570グラムに対して141グラムも足りません。  これでは 冷えないはずですね。

真空引き後にコンプレッサーオイルを8グラム(抜けたのは3グラムですが5グラムプラス)新油注入、ガスは規定量ぴったりの570グラムを充填。
                    吹き出し口温度は14.4度と改善しました〜。

変わってスズキ アルトワークス (HA36S) 純正レカロシートのポジション(高さ)を低くするため、ローポジションマルチアダプターに交換。   これ なかなか考えられております。 (写真2枚目)
ついでに ワイパースイッチも間欠時間調整付きのものに交換。   これは、はじめから標準で付けておいてくれれば良いのに〜。 (写真3枚目)


180714118071421807143



evooyaji at 12:36|PermalinkComments(0)

2018年07月12日

SQ5 色々と

2015年式アウディSQ5 エンジンオイル交換、ワコーズRECS、ワコーズエアコン添加剤PAC-Pで ご入庫いただきました。
まずは、RECSが施工可能かどうか 確認から。 3リッタースーパーチャージャーはS4で2台ほど確認済みですが、どちらも施工不可でした。
さて このSQ5は どうか?
結果は、ダメ。 
では、他の2点もの作業 開始。
エアコンに関しては、昨年エアコンリフレッシュ作業をさせていただいた車両ですから、今年は添加剤のみとします。 (来年はエアコンレフレッシュ作業の予定となります)  

              作業前と作業後では、吹き出し口温度が1℃下がりました〜。





evooyaji at 12:16|PermalinkComments(0)

2018年07月08日

RSQ3  ディライト コーディング

2017年式アウディRSQ3 ディライトコーディングの ご依頼。
「同型のRSQ3 で 同じ作業をしたことがありますので、出来ると思います」と返答し、作業するも、年式が違うからなのか設定できず。
ソフトのアップデートがありましたので、再度試みるもダメ。
                          あ〜また 宿題ができました。 




evooyaji at 15:17|PermalinkComments(0)

2018年06月30日

オーリンズ特注 S3 8V

2016年式アウディS3 スポーツバック (8V) 随分と前から打ち合わせを重ね、2ヶ月ほど前に寸法図面、部品取りとなる純正ダンパー(ゴルフ7用中古品)を添えて オーリンズさんへ発注。
出来上がってきましたので、写真1枚目のアウディ純正パーツとともに交換。

写真2枚目は、フロントダンパー 左が純正、右がオーリンズ 20段調整。 写真の元データは横で撮影しているのですが、ライブドアブログの勝手な設定で強制的に縦になってしまいます?  回転させて、再度保存しても また強制的に縦になってしまいます。   これ酷い設定ですね。

写真3枚目は、リアダンパー 右が純正、左がオーリンズ 調整ダイアルは取り付け後も調整できるように下側に付けてもらいました。   これまた 勝手に 縦に。  しかも上下逆さま。

こちらの お客様は、車両購入時よりダンパー交換を予定されており、マグネチックライド レスオプションの車両でしたから、キャンセラーは必要ありませんので その分安価に。

180630118063031806302 

evooyaji at 19:40|PermalinkComments(0)

2018年06月19日

TT-RS バッテリー交換

18061912010年式アウディ TT-RS バッテリー交換で入庫いただきました。
バッテリーの固定方法が底部サイドと上側をコの字に止めるバンドも付いている関係でバッテリー高さが重要となります。
このあたりを きっちり守って社外品に交換するには 選べるメーカーが絞られます。

ということで、バルタAGMとなりました。
交換は いたって簡単ですね。  あ、いつものように バックアップ電源はOBD2ポートから供給しながら交換します。




evooyaji at 19:42|PermalinkComments(0)

2018年06月17日

8P S3 色々と

2011年式アウディS3 スポーツバック K&Nフィルター、点火プラグ、エンジンオイル、オイルフィルター交換で ご入庫いただきました。
今までもK&Nフィルターが入っておりましたが、汚れてきましたので、そろそろ清掃時期。  専用クリーニングキットを用意し、洗浄すれば良いのですが、その後の乾燥に時間がかかります。 その間 乗れなくなるのは・・・ということで、もう一つ用意しました。

点火プラグは前回入庫時に減っていましたので、交換をおすすめし、今回作業となりました。

「ついでにポーレンフィルター(エアコンフィルター)も交換して・・・在庫有る?」と。 
慌てて在庫確認し、マンフィルターのフレシャスプラスで在庫OKでしたので、早速交換。

最後にメーター内にスパナマーク(点検ランプ)が点灯しておりましたので、専用テスターを接続してリセットし、完了です。

1806171

evooyaji at 19:26|PermalinkComments(0)

2018年06月10日

S3 セダン Sトロオイル交換他色々

18061042016年式アウディS3 (8V) 昨日からの続き作業で、今日はSトロニックオイル交換から。
この年式は湿式6速ですから、何台も交換歴があり、慣れているタイプ。 
フィルターを外すと、いつもと違うタイプで品番を確認すると用意したものと違う。  慌てて再度パーツリストを確認してみると、やはり用意した品番で間違いなし。
では、外したパーツの品番をパーツリストで検索すると、品番変更でした。
                         一瞬慌てましたが、作業再開。
抜き取ったオイルは、写真1枚目の右から2本目、そして油量調整で抜いたものが一番右です。
今までは お客様確認用に 通常の太さの(大きさの)試験管を使っておりましたが、今回から太いものも用意しました。     有る程度の量があった方が 色の確認が解かりやすいと思いまして。 (左側4本が今までのもの)

この後ニュースピード パワーモジュールを取り付け、280馬力から330馬力に変身。
写真2枚目のワコーズRECSを施工し、最後の作業となります、エンジンオイル、オイルフィルターを交換して終了。  

トータル12時間の作業でしたが、一番時間が掛かったのがドライブレコーダー&レーダー探知機、次はメカニックが作業中に私が行った ホイールの洗浄ですね。  これ4時間ほどかかってしまいました。
2年ほど前に購入いただいたOZ製ホイールですが、鉄粉が付いてしまったので、鉄粉取り用の洗剤と歯ブラシで・・・、それでも落ちない2本は鉄粉取り粘土も使いましたが、なかなか取れないですぅ。 

写真3枚目は、「BMWとS3 両方に使えるもの」と ご注文いただいた マサダの油圧ジャッキ。  これ そのままだと日本車用となっておりますので、別売(社外品)のBMWアタッチメント(MBもOK)を用意し カシメを外して純正アタッチメントと入れ替え。  ここまでは、私の予定どおり。 (写真4枚目)
ところが、このまま専用のメタルケースに収めると・・・・蓋が閉まらない。
また、S3には、さらに この上にT時型のゴムを当てて使えばOKか と考えておりましたが、S3のジャッキアップポイントが予想よりも低く 上手くいきません。
木製スロープで タイヤの下にカイモノを入れるにしても75ミリ以上必要で これでは危ない。
よほどしっかりとしたスロープを作るか、もしくは既製品のスロープを用意すれば この方法も可能だが、スロープを保管する場所が必要となり、使わない時の邪魔になりますから どうしたものか。
                         今しばらく 検討が必要です。

180610118061031806102





 


evooyaji at 10:37|PermalinkComments(0)

2018年06月09日

S3 セダン ドライブレコーダー他色々

2016年式アウディS3セダン ドライブレコーダー、レーダー探知機、Sトロニックオイル、エンジンオイル、フィルター、パワーモジュール、ワコーズRECS、エアコンリフレッシュ等の作業で お預かりいたしまいした。

まずは、一番時間のかかるドラレコから。 選んでいただいたのは、ユピテルZ810DR で、レーダー探知機と一体型。 もちろんOBDF12-Mも用意し、OBD2ポートから車両情報取り出し、画面に表示するように接続。

この作業と同時進行で、エアコンリフレッシュ作業を進めます。
エアコンリフレッシュは、去年から最新機種を導入しておりますが、今までで一番優秀な結果で、規定量500gに対して抜けたのは492gと98パーセット。  
この結果から想像すると 新車時は、ガスが規定量よりも多く入っていたと思われます。

今日の作業はここまでで時間切れ。 明日一日かけて完成予定です。

1806091


evooyaji at 16:43|PermalinkComments(0)