S、RS

2020年03月24日

TT-S ECUチューニング

2014年式アウディTT-S (8J)エンジンECUチューニングでデジタルスピードを施工させていただきました。
元々パワーのあるTT-Sですが、さらにアップして272馬力から310馬力となりました。
トルクも350Nm(2500rpm)から421Nm(2380rpm)へ、発生回転については、下がりましたので 街乗りで さらに乗りやすくなります。

デジタルスピードでは 多くの車種に対応できますので、どしどし お問い合わせくださいませ。



evooyaji at 11:08|PermalinkComments(0)

2020年03月07日

8P S3 タイミングベルト交換

2009年式アウディ S3 ツースドベルト(タイミングベルト)交換で ご入庫いただきました。
同時交換でウォーターポンプ、サーモスタット等も含めて 多数のパーツとなり、予算もかかりますね。
でも経過年数、走行距離から考えて そろそろやっておかないと 怖いですから。

今日から丸2日間の予定で 作業を進めていきます。

ところが、開始早々に問題発生。
エンジン上部にあるカバー(エアクリーナーボックス一体)を外そうと、いつもの感覚で引っ張ると
なんだか変な感触が・・・。や〜な感じがしたので、注意深く 進めると、エアクリーナーボックスのビスが締められていない状態で付いていました。  このままの状態では締め付けられないし、かといってカバーを取らないと 先に進めないし・・。
30分ほどかかって、カバーを外しました〜。
カバー裏側は、写真2枚目のとおり、ビスが3本締め忘れ。  誰だ〜!こんな罠を仕掛けるのは。

    変な感触 を察知しなければ、カバーを割ってしまうところでしたから。
このところ作業機会が減っているCDL エンジンですが、過去に何台も作業しましたので、メカニックの体に感覚が残っていて 良かったです。  

20030712003072

evooyaji at 13:36|PermalinkComments(0)

2020年02月29日

ゴルフ7とS4

2015年式VWゴルフ7R バッテリー交換のご依頼。 当店おすすめのバルタAGMにて交換となりました。 ニュースピードのパワーモジュールも 元の位置に戻し、診断機を接続して、バッテリー設定をしたら完成です。 今まで付いていたのはボッシュのEFBでしたので、ここの項目もAGMに変更して設定します。


続いて2010年式アウディS4アバント エンジンオイル交換にてご入庫いただきました。
オイルは いつも使っていただいているモチュール スペシフィック。 今回は 写真2枚目のとおり、オイルフィルターも交換します。
このV6エンジン(CAK)(3.0S/C)用オイルフィルターは当店常時在庫しております。


20022912002292



evooyaji at 10:23|PermalinkComments(0)

2020年02月27日

フォレスターとTT-RS

平成30年式スバル フォレスター、スタッドレスから夏タイヤへの脱着、エンジンオイル交換で ご入庫いただきました。
作業している間に代車で ご帰宅され、もう一台のTT-RSで 再度ご来店。
こちらの車両はエンジンオイル交換、ローテーション、そして追加のミッションオイル交換となりました。 マニュアルミッション車ですから、交換は簡単です。  まあ、抜き取って、入れるだけですから。

写真はミッションオイルを抜いている瞬間 の予定が写っていたのは、ミッション本体のみ。  オイルが抜けきった後でした。(シャッターチャンスを逃しました)

2002271

evooyaji at 09:33|PermalinkComments(0)

2020年01月21日

RS6 バッテリー交換

アウディRS6 バッテリー交換で ご入庫いただきました。
先日電話で ご注文いただき、受注。 「その際はブースターケーブルで簡単にエンジン始動できた」とのことでしたが、今日は同じ方法でダメ・・・バッテリーの劣化が進んだようです。
バッテリーに直接接続したら・・とアドバイスするもリアゲートが開かない状態(マンションの機械式パーキングでスペースがないとのこと)
う〜ん困りました。 では 出来るだけ大きいバッテリーの車からジャンプスタートを・・とお伝えし、「30分後に始動できた〜」と連絡いただき ひと安心。

写真1枚目 バッテリー取り外し中。

写真2枚目 新品バッテリー取り付け完了。 あとは診断機を接続し、バッテリー交換の設定をして終了。
メーター内の日付けがリセットされていましたので、設定しようと思いましたが、操作方法解らず。取り説が見当たらないので ここはお客様に おまかせとします。

           このV10ツインターボはエンジン始動音が すてきです。  

20012112001212




evooyaji at 23:31|PermalinkComments(0)

2020年01月06日

2020年 営業開始

今日から2020年 営業開始です。
初日の作業はトヨタ アクアの脱着、アウディTT-Sのエンジンオイル補充などからスタートです。

                  本年も 皆様からの作業予約 お待ちしております。

evooyaji at 18:29|PermalinkComments(0)

2019年12月14日

ドアロックユニット交換

2009年式アウディS3 (8P) 「左後ろドアが外から開かない」ということで ご入庫いただきました。
内側からは 問題なく開くので、これはドアロックユニットが怪しいですね。

この逆で内側からだけ開かないのであれば、チャイルドロックが効いている 場合がありますが・・・。

この車両の兄弟車ゴルフ5では、同じパーツの交換を何度も経験しておりますが、8Pで、このパーツ交換は初めてとなります。    予め整備書で予習してみると ゴルフよりも やり難くそうでしたが、実際やってみると やり方は違いますが、同じ感じで進み 予定どおりの時間で終了。

写真1枚目 内張りが外れて、いよいよ本題のドアロックユニットを外すところ。

写真2枚目 右が外したもの、左が新品。

19121411912142



evooyaji at 19:18|PermalinkComments(0)

2019年12月11日

SQ5 メンテ

2015年式アウディSQ5 先日正規ディーラーさんにて車検を受けられたそうですが、当店にて追加のメンテナンスを行うこととなりました。
ラジエター添加剤のワコーズクーラントブースターを注入。  これを2年ごとに入れ続ければ、LLC全量交換は必要なくなります。   なぜか?は、とっても長くなりますので、店頭にて。

続いてポーレンフィルター交換。  こちらはアウディ純正品ではなく、社外品をおすすめ。
理由は純正品価格8250円なので、コスト削減の為です。   同等品(社外品)であれば、随分安いですから。

助手席足元でチャチャと交換 のつもりでしたが、この車両、ちょうどこの位置にブルーレイレコーダーが取り付けてあり、ポーレンフィルターの蓋を隠すかのように付いているんです。  もうちょっとだけ ずれていればOKだったのですが・・・。  これを付けた人は ここにポーレンフィルターが有るとは知らなかったのでしょう。

写真1枚目 用意したパーツ。

写真2枚目 外したフィルターは結構汚れていましたので、よい仕事をした証拠。

19121211912122


evooyaji at 12:46|PermalinkComments(0)

2019年11月09日

バッテリー交換 AGM

1911091今日はバッテリー交換の日?
1台目は、2016年式アウディS3 SB バルタのAGMバッテリーに交換。  
この車両は社外品のストラットタワーバーが付いており、バッテリーがそのままでは外れない。
エアクリーナーボックスの上部を外して、なんとか交換でしました。

純正のEFBタイプからAGMにグレードアップし、CCA値も680から760へアップ。
作業後にバッテリーの各種設定も きっちり入力。

2台目は、2016年式VWポロGTI こちらもバルタのAGMバッテリーに交換。  この車両はリアに積んでいますが、大きさはS3と全く同じもの。  リアにある分 重量配分では有利ですが、効率は悪くなるので、もう一回り大きいタイプに変更したいところですが、オーディオ屋さんが取り付けた極太の配線2本(プラスとマイナス各1本)が邪魔をして、危険を伴うので断念し、同じ大きさとなりました。
またマイナス線のバッテリー側端子は、取れそうな(半分は取れている)固定方法でしたので、ステーを作成して 固定いたしました。(写真1枚目)

今回より バッテリー端子に塗布するNOCO社のバッテリーターミナル保護剤を使用することにしました。
これを端子部に塗ることにより、腐食防止、電導効率アップ、接触不良防止になります。

あ、こちらの車両も診断機を使用して ECUにバッテリー設定をしないとダメですから、もちろん入力いたしました。

輸入車は もちろん、国産車も アイドリングストップ付き車は、バッテリー交換時に診断機でリセット作業、もしくは入力作業等が必要な車種が殆どですから、要注意です。
  
  当店では、 54メーカーに対応する診断機 を使用しておりますので、ご相談くださいませ。



evooyaji at 13:42|PermalinkComments(0)

2019年10月05日

TT-S

2014年式アウディTT-S フューエルベンチレーション不良 ということで お見積もり。
キャニスターとバルブ、クリップ2個の交換。
作業後にエンジンECUのフォルト(エラー)を消去して終了です。

               それにしても このキャニスターの価格、また高くなりました。

19100521910053

evooyaji at 17:49|PermalinkComments(0)