ゴルフ6、シロッコ

2020年06月19日

シロッコ 水漏れ修理 Part3

今日はシロッコの続き作業。
メカニックが折り返し作業中に、私は外れているスロットルバルブの洗浄をしました。

写真1枚目のとおり、汚れが積もって、本来ある 隙間 も埋まってしまっております。

写真2枚目 こんな具合で綺麗になりました。使ったのはワコーズのスロットルバルブクリーナー(電子制御用)です。 

このあと診断機を繋いでスロットルバルブの再調整(基本調整)をして出来上がりです。


20061822006183

evooyaji at 18:52|PermalinkComments(0)

2020年06月18日

シロッコ 水漏れ修理 Part2

2006181先日水漏れ修理でセカンダリーウォーターポンプを交換した車両。
交換し、5キロ程試運転した際は良好だったのですが、次の日 再度確認すると僅かに滲んでいる状態でした。 
そのまま2日後には雫ができ、悪化。 といった感じで、日に日に悪くなってしまいました。
まあ、こんなことは よくあることで、一番弱かったセカンダリーウォーターポンプが新品になり漏れなくなったため、次に弱い所から漏れ出したということですね。

昨日お客様に連絡し、即答で追加修理となりました。 
この時、16時を過ぎておりましたが、大急ぎでパーツの手配をし、なんとか当日出荷となりましたので、本日入荷。
写真1枚目が用意したパーツ。 

写真2枚目、3枚目  苦労の末に外れたパーツ。 3か所ほど悪い所がありますね。


20061842006185

evooyaji at 18:40|PermalinkComments(0)

2020年06月12日

シロッコ 水漏れ修理

2010年式VWシロッコ 2.0T(CAW)水漏れのため、任意保険に付随するレッカーサービスを使用されて ご入庫いただきました。
水漏れの原因はセカンダリーウォーターポンプ(電動)でした。 この樹脂製ボディーから漏れているので、交換するしかないです。  
また この上にあります、サーモスタットハウジング&ウォータポンプ(メカニカル)も怪しい感じです。
まずはセカンダリーウォーターポンプを交換してみてからの判断といたします。

こことは別でエンジンチェックランプの点灯もありますので、こちらも要修理。

写真は用意した 社外品セカンダリーウォーターポンプ。

2006111

 

evooyaji at 18:54|PermalinkComments(0)

2020年04月01日

E30とゴルフR

2004013本日1台目の作業は1990年式BMW 325iA 4ドア 「デフから異音が出る」「冷えていると出るが温まると出なくなる」「ハンドルを切ると出るようだ」とのことで ご入庫いただきました。
このE30はリアデフの不良が多いようです。そして新品パーツは無し。中古も なかなか見つからない(探している方が意外に多い)との情報有り。

とにかく すぐにできることはデフオイル交換ぐらい。 ということで早速交換開始。
デフのドレーンボルト周辺が新車時のホットワックスが残っている状態ですから、おそらく30年で初の交換のようです。  抜いたオイルは 思ったより汚れていませんが泡だってしまっており、1時間たっても泡だらけ。 オイルに含まれる消泡作用の添加剤が完全にダメになったようですね。
これは 連続でオイル交換が必要かもしれません。

デフオイル交換中にエンジンオイル交換の追加をいただき、ドレンガスケットの在庫がありましたので、こちらも続けて作業。

エンジンオイル交換後は、リセットツールにてリセット作業。(写真3枚目)  このツールを購入したのは28年?30年?前です。

変わって2台目は2013年式VWゴルフ6R フロントデフ、ハルデックス、リアデフのオイル交換で ご入庫いただきました。(写真4枚目) おそらく初の交換とのことでした。
           次のメンテナンス計画は DSGオイル交換 ですね。


200401420040152004016





evooyaji at 18:56|PermalinkComments(0)

2019年08月16日

ゴルフ6R エンブレム交換

2011年式VWゴルフ6R 前後のVWエンブレムをブラックタイプに交換です。
リアは ついでにSprung  colored Plate のボディ同色LC9X を取り付け。 こちらは、単純に純正エンブレムを外して、このプレートをブラックエンブレムとボディの間に挟むだけ。

一方フロントは、グリルを外して、純正エンブレムを外すのに ちょっとだけ加工が必要です。  グリルとエンブレムは2箇所溶着してあるため、ここを上手く剥がしてから、反時計回りに回して外さないといけないのです。

グリルを壊さないように慎重に進め、無事に取り外し成功。  あとは、付けるだけですから、ここからは簡単に。

19081621908161

evooyaji at 18:30|PermalinkComments(0)

2019年07月18日

シロッコ エンジン不調

19071812010年式VWシロッコ 2.0T (CAW)「エンジン不調でエンジンチェックランプが点灯した」 とのことで、任意保険のレッカーサービスを使って ご入庫いただきました。
早速調べていくと、今は まったく問題なく スムーズにアイドリングしており、チェックランプも点灯していない状態。  積載車で運んでいるうちにエンジンが冷えて 正常に戻ったのか?

診断機にてエンジンECUを確認すると {4番ミスファイアー}と残っておりました。

では点火コイルテスターにて4個のコイルの点火時間、2次電圧等をみていくと、3番以外の3本が同じぐらい 悪い数値。  次に点火プラグを確認すると4番が特に減っており ギャップが大きい状態。

ということで、プラグは4本交換決定、コイルは オーナー様に相談することに。
電話にて連絡し、相談すると 即答で 「コイルも4本交換」 決定。  

本日完成いたしました。





evooyaji at 18:35|PermalinkComments(0)

2019年06月21日

ゴルフ6 バルブ交換

1906211ゴルフ6 バリアント 先日色々と交換していただいた車両です。 今日は写真1枚目のエアーバルブ付きホース交換をしました。 悪いのはエアーバルブですが、単品の設定は無く、ホース2本とのセットです。
写真2枚目 外したバルブは経年劣化でポロポロと砕けてしまう状態。 なんとか穴が空く前に交換できて よかった〜。 

写真3枚目は、昨年導入した診断機ですが、各メーカー用ソフトのバージョンアップ。  今日はBMW、ホンダ、ミツビシ、ニッサン、ルノー、トヨタ、フォードの7メーカーです。


19062121906213

evooyaji at 19:14|PermalinkComments(0)

2019年02月21日

ゴルフ6バリアント アライメント

2010年式VW ゴルフ6 バリアント 4ホイールアライメント測定、調整で ご入庫いただきました。
すでに某正規ディーラーさんにて、サイドスリップ調整済みですが、改善されなく、ディーラーさんから「アライメント調整をエボリューションでしてみたら・・・」と当店を紹介いただいたとのこと。
私はお礼のためディーラーさんに電話をかけたのですが、「今回は誰が紹介したのか判りません。いつもアライメントの話になれば御社を紹介、おすすめしておりますので・・・」と。
  これは これは とってもありがたいことです。 ご期待に応えられるよう しっかりと作業させていただきます。

測定、調整の結果、数値上は かなり良くなったのですが、試運転では 少しだけ改善 といったところ。
作業中に気が付きましたが、ホイールが1本だけ別デザインのものだったり、タイロッドエンドが片側交換されているのですが、社外品で形状が左右で違っていたりと、悪くなる要因があり、また測定結果でホイールベースの左右差が大きかったり・・・・。

走行距離も7万キロとなり、そろそろロワアームブッシュ後側やショックアブソーバーも交換時期がきておりますから、これ以上を求めていくなら これらの交換も視野にいれて、リフレッシュ計画をすすめないといけませんね。

私は お客様と話しこんでいて、ブログ用の写真撮影ができず、今日は 写真なし です。


evooyaji at 18:32|PermalinkComments(0)

2018年10月06日

ゴルフ6とV70

2011年式VWゴルフ6バリアント エンジンオイルとDSGオイル交換で ご入庫いただきました。
まずは、エンジンから進めます。  オイル銘柄は いつも使っていただいているモチュール スペシフィックで。
オイルフィルターは前回交換していただいておりますので、今回はオイルのみでOKです。

続いて乾式7速DSGオイルの交換。  これは、SST(専用工具)がないと 出来ない作業です。
この工具 とっても よく考えられております。   このミッション型式は容量1.7リッターですから、きっちりと合わせます。

写真1枚目 SST(専用工具)装着。  これにメカニック特製の容器を接続し、あとは ゆっくり入れていくだけですね。    今の季節は、比較的オイルが柔らかいので、早く入っていってくれます。  一方真冬は・・・・なかなか入っていかないので、交換ご希望の方は、なるべく暖かい(暑い)季節がベターだと思います。


本日2台目は、2013年式 ボルボV70掘DBA-BB4164TW バッテリー交換で ご入庫いただきました。
この型式 調べてみると4種類のバッテリータイプがあることが解かり、先日現車確認し、見積。
電話にて ご注文いただき、本日交換となりました。 
この車両のバッテリー交換は初でしたが、これも やり難い構造ですね。  キチキチの所に入っておりますし、それなりに大きいタイプですから、なんといっても重い、重い。


181006118100621810063

evooyaji at 18:48|PermalinkComments(0)

2018年08月01日

シロッコ エアコン修理

2010年式VWシロッコ 「エアコンが効かない」 「ガスは規定量入れたがダメ」 と入庫いただきました。
吹き出し口温度を測定してみると30℃   そしてガス圧測定  う〜ん これは コンプレッサー不良 と判断し交換にかかります。
同時にレシーバードライヤー、エキスパンションバルブも交換するため フロントバンパーを外しての作業ですね。
また配管、コンデンサー、エバポレーターは再使用するため、当店自慢のTEXA 780R のオプション機器(フラッシングキット)を使って134aガスによる 徹底洗浄(内部冷媒フラッシング)を行います。
コンプレッサーホース部から接続し、洗浄開始。
洗浄中は洗浄タンク横のサイトグラスで汚れ具合を確認できますので、お客様確認用にと思い、写真撮影しましたが、上手く撮れませんでした。   あとから考えれば 動画撮影すれば 良かった〜と・・・。  
                       その時は思いつきませんでした。

この後 各部を交換し、真空引き、圧力テスト等を経て、134aガス充填。 規定量ぴったりの500gを注入。
吹き出し口温度を測定すると8℃ 
文章で書くと 簡単ですが、ここまでで丸一日を要しております。

洗浄や真空引きは 時間をかけるほど完成度が上がりますから・・・・。
                   明日バンパーを元に戻して 完成予定。 

  

 


evooyaji at 18:01|PermalinkComments(0)