ポルシェ

2020年10月14日

ボクスター KONI

20101412004年式ポルシェ ボクスターS エンジンオイル、オイルフィルター、サスペンションン交換で ご入庫いただきました。

エンジンオイルは いつも使っていただいているモチュール8100を使用。 この作業は 慣れているのでスムーズに進んでいきますね。
続いて写真1枚目のサスペンション系ですが、今回はフロントのみ。
ダンパーはKONI スペシャルアクティブ、その他のアッパーマウント、ベアリング、バンプラバー、再使用不可ナット等は全てポルシェ純正品を使用。

写真2枚目の外したフロントサスASSYには、バンプラバー(ポルシェ名アディショナルスプリング)は付いていません。 経年劣化で砕けて 無くなってしまっている状態です。

写真3枚目 コニーを組み込みました。 スプリングのみ再使用いたします。

写真4枚目 車両に戻して 完成です。

試運転で 見違えるように よくなりました〜。 しなやかといいますか、しっとり といいますか、どう表現したらよいのか、わかりませんが・・。

             リアも 早めに やりたくなりますね。


201014220101432010144

evooyaji at 19:27|PermalinkComments(0)

2020年10月11日

991 カレラS メンテナンス

20101112014年式ポルシェ 911 カレラS (991前期) エンジンオイル、オイルフィルター、ポーレンフィルター、フードダンパー交換等で ご入庫いただきました。
あらかじめ現車確認させていただき、オイルパンが樹脂製か金属製かの確認。その際にフードダンパーが劣化して、フードを保持できない状態でしたので、見積に追加。

ご入庫いただいた際にはワコーズのRECS、ワイパーブレードの追加をいただきました。

またフロントフード部の外気導入口にもフィルターが付いているのを発見し、確認すると かなり汚れた状態。  ということで、お客様に連絡し、追加となりました。
私は ここにもフィルターが付いているのを知りませんでした。  勉強不足です。

まずはフードダンパーから開始。 次に 写真2枚目のRECSです。 新品のフードダンパーはRECSのボトルがプラスされても、保持できていますね。 交換前はフードのみでも保持できず、閉まってしまう状態でした。
RECS施工後の試運転から帰ったメカニックが「NA 3.8L エンジンは 最高〜」と。

エンジンオイルはモチュール8100を使用。 

写真3枚目 追加となりましたワイパーブレードとフィルター。

写真4枚目 フィルター新旧。 上が新品です。


201011220101132010114

evooyaji at 18:29|PermalinkComments(0)

2020年10月08日

993 マフラー遮熱板の

20100721994年式ポルシェ 993カレラ2 前回ご入庫いただいた際にマフラー遮熱板を固定するボルトが抜け落ちているのを発見。
左右各3本で止まっているところ、各2本になっており、1本ずつ足らない状態。(写真1枚目)

ということで、リテーニングクリップ、ワッシャー、ボルトを各6個用意しました。(写真2枚目)

残っているボルトの錆びが酷いので、交換は頭を削り落とさないと出来ないかも  と思っていましたが、予想に反して すんなりと外れてくれました。

            これで また25年ぐらい使えますね。

写真3枚目 取り付け前に遮熱板の錆ている部分に錆び取り剤を塗布しましたので、これで進行が抑えられます。 

写真4枚目 外した部品。 リテーニングクリップが錆びて砕け、ボルトが脱落したのでしょう。


201007120100732010074

evooyaji at 10:41|PermalinkComments(0)

2020年10月06日

ボクスター オイル交換等で

2004年式ポルシェ ボクスターS (986) エンジンオイル、オイルフィルター交換等で ご入庫いただきました。
オイルフィルター、ドレーンガスケットを用意し、オイルは いつも使っていただいている モチュール8100です。
この他エアーチェック、バッテリー診断、充電など。

     次の作業予定は、前々から気にされているサスペンション系を着手予定。

2010061

evooyaji at 14:30|PermalinkComments(0)

2020年09月22日

964 スイッチ 続き

1992年式ポルシェ911 (964) 続きの作業です。
接着剤が乾いたので、今日は 研磨と金属クリップの調整です。

写真1枚目、2枚目のようになりました。

写真3枚目 金属クリップの調整は 案外時間が かかりましたが、1時間半ほど。
トータル5時間半の力作、完成。 あとは、再入庫いただき、車両に戻すだけ となりました。


200922520092262009227

evooyaji at 17:45|PermalinkComments(0)

2020年09月21日

964 リアスポのスイッチが

20092211992年式ポルシェ911 (964) リアスポイラーのスイッチパネルがグラグラなので・・・とのこと。
触ってみると、確かに上手く嵌っていない状態です。 どうなってしまったのか? 
外して確認してみると、写真1枚目のとおり、樹脂製パネルの金属クリップが嵌る所で左右とも割れています。 これでは、固定できなく、上に被さっている(載っている)だけの状態ですね。

早速パーツリストで品番検索。 物をありましたが、値段が なんと47410円。  う〜ん、これは高額です。  お客様と相談し、アルミの添え木を作って 接着し 再生することに決定。

写真2枚目 黒い小さな樹脂片が折れてしまった所。  アルミ片は当店で作ったL型 添え木。

写真3枚目 メカニック2人がかりで作成した力作。 小さな穴を空けたのは、接着剤がよく くっつくように。 長方形の穴は金属クリップのツメが入る部分を再現。

写真4枚目 2液性エポキシ接着剤で接着。 乾燥を待ちます。  ここまでで4時間ほど かかりましたが、今のところ完璧です。


200922220092232009224

evooyaji at 17:31|PermalinkComments(0)

2020年09月15日

964 CDチェンジャー修理

1992年式ポルシェ911カレラ (964) 「CDチェンジャーが動かない」とのことで ご入庫いただき、確認すると エラー02 の表示。  イジェクトボタンを押しても マガジンが出てきません。

リセットをかけてみましたが、変化なし。  これは専門の業者さんに依頼するしかない となり、一旦外して お預かり。  古いカーオーディオ専門の修理屋さんで、修理できそうな所が見つかり、依頼。 送付から1カ月ほどで出来上がってきたので、本日取り付け。

交換部品は多岐に渡り、マガジン、ドライブユニット。メイン基板、スイッチを交換。

           無事に修理が完了し、元通りとなりました〜。


かわって、写真1枚目は、家内からの依頼で洗濯もの干し(洗濯ハンガー) というのでしょうか? 名称が判りませんが、樹脂製の洗濯バサミ部分が劣化し、割れて 所々無くなっています。 数か所は 家内が自ら別の洗濯バサミを付けて、なんとか延命していたそうですが、ついに 皆パリパリ、ポロポロに。  相談を受けましたので、ステンレスの洗濯バサミ(40個セット)を購入し、付け替えることに。

写真2枚目 家内と二人で 黙々と付け替え作業15分。 40個付け替えましたが、当初から判っていましたが4個足らないので、4個のみそのままに。
              これなら、また 当分使えそうです。

20091512009152


evooyaji at 19:17|PermalinkComments(0)

2020年09月12日

991 アライメント

20091212017年式ポルシェ 911 (991後期) 4ホイールアライメント測定、調整にて ご入庫いただきました。
以前KWのHASを取り付けさせていただいた車両ですね。
ならしが済みましたので、本日は仕上げのアライメントです。

私は、当初 「2時間半ぐらいで出来上がります」と言っていましたが、実際は3時間半強 と 大幅にオーバー。  997以降は、アライメント作業が容易になった と思っていましたが、またやり難くくなっていくのかも。

           10か所の調整個所の内 6か所を調整して出来上がり〜。 

evooyaji at 18:23|PermalinkComments(0)

2020年08月15日

964 アライメント

20081511992年式ポルシェ911 カレラ2 (964) 1カ月程前にKONIスペシャルアクティブを付けさせていただいた車両ですが、今日は仕上げの4ホイールアライメント測定、調整とその他もろもろ。

まずはフロントABSセンサーの配線修正からスタート。 
写真1枚目が作業前。先日の入庫時にプラプラだった部分とタイラップで縛ってあった部分をスポンジで規定の位置に仮固定しておきました。 先日の写真4枚目が元々の状態です。

写真2枚目 ドイツ某メーカー純正パーツを使って、しっかり固定。  う〜ん、素晴らしいほどに上手くいきました。 苦労してパーツを外径から検索した甲斐が有りました〜。

写真3枚目は、キーヘッドを交換。 ポルシェクレストが脱落しておりましたので、単品で取り寄せするため品番検索しましたが、よく見るとキーリング部も一部欠けていて、これはキーヘッドASSYで交換としました。 良いか悪いか判断が難しいですが、供給されているパーツは、カラークレスト(元々はモノトーン)で、電球部はLEDに変更となっております。
飛躍的に明るくなりますので、実用性は確実にアップしますが、雰囲気は電球色の方が良いようにも思えますね。 ならば 電球色のLEDだったらベストかも。

写真4枚目 ボルト1本が脱落していたマフラー遮熱板ですが、パーツリストどおりボルトとワッシャーを取り寄せましたが、ボルトに付属(一体式)しており、ワッシャーは必要なくなったので、当店の在庫となりました。


200815220081532008154

evooyaji at 15:22|PermalinkComments(0)

2020年08月09日

991 カレラ KW HAS part2

2008091昨日から続き作業のポルシェ991後期 KW ハイトアジャスタブルスプリング ですが、今日は残りのリアを行います。

写真1枚目は用意した消耗品類、こちらも全てポルシェ純正品です。 ちなみに991にこのキットを付けるのは当店では初でして、あらかじめメーカーさんに色々と質問をしたのですが、メーカーさんから991のフロントリフトシステム付き車用は、日本で初のため、データが無いと・・・。

よって純正パーツを手配するのに悩みましたが、結果は3種類6品が余り、当店の在庫となりました。
まあ、足らないよりはよいですね。

写真2枚目 リアを組み込んだ状態。 リアダンパーは車両から完全に外しての作業ですから、フロントに比べてラクです。  ただし内装の外しがある分、前後で各1日と 私の予想どおりでした。

写真3枚目が作業前。

写真4枚目が作業後です。 フロント約15ミリダウン、リア約18ミリダウン。


200809220080932008094

evooyaji at 17:33|PermalinkComments(0)