ポルシェ

2018年10月20日

ボクスターからボクスター

長らくお預かりしていた2004年式ポルシェ ボクスターS 数日前に作業が終了しましたが、お引取りが土曜日ということで 自宅ガレージでお預かりしていたところ、別のお客様から2002年式ボクスターエクスクルーシブ(50台限定車 スピードイエロー) をお預かり。
おまかせメンテナンス ということで まだ作業内容(見積もり)ができておりませんが、オーナー様が一番気になっておられる幌スクリーンの曇り、汚れから。
作業方法としては )擇瓦函.螢▲ラス付きのものに交換。 これだと 序でに幌カラーの変更も可です。
            現状の幌を一旦車両から外して、スクリーンのみ 張り替える。
            8従のスクリーンを専用溶剤で磨いてみる。  これ 最もコストが掛からない。

この中から 私の勝手な判断で まずはをやってみることにしました。

写真1枚目、2枚目が半分だけ作業した段階です。 地道にコツコツと時間をかけて磨いていけば かなり綺麗になってきました。
              これなら オーナー様にOKをいただけそうな状態になりました〜。

18102011810202

evooyaji at 09:32|PermalinkComments(0)

2018年10月15日

ボクスターから大量の枯葉

18101442004年式ポルシェ ボクスターS (986) 作業のため フロントバンパーを外すと、左右にあるエアーダクト内(ラジエーターの前?下1/5?)から大量の枯葉がでてきました。 (写真1枚目)

これによりラジエーターの効率が悪くなってしまいますに、ラジエーター本体も腐食してしまいます。
でも これ どうしようもない。 といいますのは、バンパーグリルの穴が大きいので どうしても入っていってしまいますし、かといって手が入るほど大きくないので 簡単に掃除ができないのです。
長いホースと掃除機があれば 何とかなると思うのですが・・・。
対策としては、 内側にもう少し目の小さい網を付けるのが良いでしょう。  
現に718ボクスター、ケイマンでは サイドダクトではありますが、リコールとなっておりますから。
(この場合は走行中ドライバー自身のタバコのポイ捨てにより、サイドダクトに入る)

この車両も枯葉に混じって、プラ板、コンパネ破片、タバコの吸殻まで出てきていますので、これも一歩間違えば718と同じで 車両火災の危険あり ですよ。(こちらは他人のポイ捨て)

当店デモカーは 小石によるエアコンコンデンサーフィン破損を防ぐため、バンパーグリルの内側に樹脂製の網を追加しております。


evooyaji at 11:09|PermalinkComments(0)

2018年09月06日

ボクスター オイル交換

2004年式ポルシェ ボクスターS  986の最終型です。
エンジンオイル、オイルフィルター、バッテリー交換で ご入庫いただきました。
バッテリーは いつものようにOBD2ポートから電源供給しながら、ボッシュ シルバーバッテリーに交換。

エンジンオイルは前回も使っていただいたモチュール8100で。
フィルターは社外品で、ドレーンガスケットはポルシェ純正品を選択。

1809061

evooyaji at 17:56|PermalinkComments(0)

2018年06月16日

ボクスター タイヤ交換

2004年式ポルシェ ボクスター (986最終型) リアタイヤ交換の ご依頼をいただきました。
1年ほど前にフロントタイヤの交換をさせていただき、その際ミシュランとブリヂストン 2種類の見積からBS S02Aを選んでいただいております。 
今回も2種類見積させていただき、やはり前後揃えるためBSを選択。 (もちろんポルシェ認証タイヤ)
サイズは255/40-17 と今では珍しいサイズとなってしまいましたので、「製造年月日が気になる・・・」とお客様が心配されておりましたが、私から「ミシュラン、BSの2社でしたら そんなに心配はいりませんよ・・・」と説明させていただきました。  
発注の際にBSへ 予めシリアル(注1)を調べて欲しい・・・と伝えましたが回答は「このタイヤは在庫表にシリアルデータが入っていないので、営業所入荷まで判らない」とのこと。
でも BSは正規ルートでは製造から5年以内(ミシュランは4年以内、その他メーカーは期限なし)と決まっておりますので、まあ 極端に古いものは着ません。
遠方の倉庫から発送のため 数日後に入荷。  
すぐにシリアル確認すると2018年22週製造と 出来立てホヤホヤ。

ちなみにこのサイズは最新の販売店用カタログにも記載がありません。  
なので、当店にて大切に保管してある 当時(2005)のカタログを開いて、品番を調べて、BSにオーダーするんです。
              と ここまで書いて最新カタログを確認すると このタイプ 記載されておりました〜。

写真はどちらも外したタイヤ(ミシュランPS2)ですが、写真2枚目のとおりクギが刺さっておりました。
                    よいタイミングで交換できました〜。

18061611806162


注1 シリアル番号、セリアル記号とも いわれている、タイヤの製造年週です。

evooyaji at 17:51|PermalinkComments(0)

2018年06月01日

カイエン ミラーとコーディング

2011年式ポルシェ カイエンS 左ドアミラー交換とコーディングです。
ミラー開閉時に左のみ動かなかったり、異音が出たり・・・といった状態で、ミラーベース交換 (サイドカメラと一体のため高額)
写真1枚目のドアミラーベースですが、国内在庫が無く、本国ドイツにバックオーダーしておりましたが、入荷したので早速作業開始です。
交換にはドア内張りを脱着しますので、ドアクリップも用意。  こちらは当店に在庫がありました〜と喜んだものの全品壊れずに外すことができ、結局使わず。


ポルシェの作業では よくあることですが、造りが複雑といいますか、作業がし辛いといいますか、何だか わざとやり辛く設計してあるかのごとくです。
長〜い配線、知恵の輪のようなミラー内部、固いクリップ、脱着しにくいボルト・・・・

ミラー角度調整モーター、ミラー、ボディ同色カバーなどは再使用しますから、慎重に、慎重に。

二人で4時間ほどかかって完成。  ふ〜う これ想像以上に大変ですね。

最後は予定になかった コーディングを。   今、某メーカーさんから診断機のデモ機をお借りしており、その中の機能でコーディングがあり、VW、アウディ、BMW、メルセデスベンツ、ポルシェなどに対応しているんです。

当店の機材では普段 VW、アウディのみコーディングできますが、その他は不可ですが、今だけ出来ます。
TVアクティベーションも出来てしまいます。   これ とっても便利です。

このカイエンは、ディライト、ディライトメニュー表示、ISS前回の状態記憶設定、ミラー格納切り替え表示、リバース時ミラー下降切り替え表示を施工。   このなかで、リバース時ミラー下降だけ上手く行きません(メーター内にメニューは表示しているが)  どうやら下がった位置を記憶する設定方法がわからないだけなのか?
                     もう少し勉強が必要です。

180601118060121806013



evooyaji at 18:39|PermalinkComments(0)

2018年05月19日

カイエンとミラ

2011年式ポルシェ カイエンS (958) バッテリー交換です。
先日 現車確認してサイズが特定できましたので 発注し、本日取り付け。
写真1枚目は交換前のポルシェ純正バッテリーBanner製AGM 、本日付けたのはバルタAGM です。
これで安心して山奥のゴルフ場に行けます。

その前に予約してある正規ディーラーさんで バッテリー設定 をしてもらって完成です。
当店のテスター Vag can pro で設定できそうですが、出来ません。
バッテリー設定画面で 車両はブガッティーシロン とポップアップが開き・・・カイエンの選択肢がないのです。


それにしても 助手席下の搭載で 交換が難儀といったら・・・。 このV8 であればボンネット内でもスペースが作れそうなんですよね。 ましてやV6なら可能だと思うのですが、V10ディーゼルツインターボやW12だとスペースが無いので 全車この位置になったのか?

替わって本日2台目はダイハツ ミライース エアコンリフレッシュ作業です。   この作業 今シーズン1台目ですね〜。 規定量300gに対して抜き取ったのは215g と規定量の76%になっておりました。
吹き出し口温度では12度から9度とマイナス3度。
         真夏での作業だったとしたら、これ以上に差がついたことでしょう。


180519118051921805193 


evooyaji at 19:28|PermalinkComments(0)

2018年05月12日

今日はV8の日?

今日は朝からポルシェ カイエンS (V8 4.8リッター) バッテリー確認と右ドアミラーの確認作業。
この車両は先日ユピテルを取り付けさせていただいた車です。

正規ディーラーさんで 「車検整備中に右ドアミラーが開閉できなくなってしまった」とのことで、当店に入庫。
順序?が おかしなことになっていますが、まずは現車にて状況確認。
これは、開閉モーターがダメなようです。  ポルシェパーツリストPETで調べてみると、サイドカメラとセット交換のようですね〜。  
種類が沢山ありすぎて、品番の絞り込みができませんので、週明けにポルシェジャパンに問い合わせすることに。
                 これ どちらにしても 高そうです(高価そう)
バッテリーは助手席を外し、カバーの蓋を開けると、バッテリーと ご対面。  コンダクタンステスターで測定すると61%、ディーラーさんからの情報では57%でしたので、やっぱり といった感じ。  問題の大きさについては、測定し、2種類の可能性から絞り込み完了し、即発注しました。

ところで このカイエンS(958)のPRナンバーのステッカーは何処に貼り付けてあるのでしょうか?
911系ですとボンネットフード(トランクフード)に張り付けてあるのですが、この車両は何処に。
荷室のカーペットをめくって確認しましたが有りませんでした。
                      解かる方 是非 教えて下さい。 

替わって2台目はアウディS4 (V6 3リッターS/C ) ここまで書いて気がつきましたが、「今日はV8の日だ〜」と独り言をいっておりましたが、このS4は、8KでしたからV6 でした。   ちなみに この お客様、この車両の前は8E B7 S4 でしたので、V8でしたが・・・。
 こちらの作業は、先日の続きで、樹脂製クリップが入荷したので、サブメンバーカバーの取り付けですね。







evooyaji at 19:39|PermalinkComments(0)

2018年05月02日

カイエン ドラレコ

2011年式ポルシェ カイエンS (958) ドライブレコーダーとレーダー探知機の取り付け。
ユピテル製の一体型を付けるか、それとも別々で取り付けるか、2種類の見積から選んでいただいたのは一体型のZ810DR と 輸入車用OBD2アダプターの組み合わせ。

モニターは 写真のここに。 レーダーのアンテナはルームミラーの左裏側(前側)、ドライブレコーダーのカメラはルームミラー右側フロントガラス、ジャンクションボックスはヒューズボックス裏側に設置。
慣れないカイエンで4時間ほどかかって 写真のとおり完成です。

1805021

evooyaji at 22:36|PermalinkComments(0)

2018年04月27日

Ruf Br4 アライメント

1804271 1991年式Ruf Br4 4ホイールアライメント測定、調整と車高のアップで ご入庫いただきました。
前後とも車高が低すぎるので前10、後15ミリ上げることに。
フェンダーとタイヤのクリアランスを見ると、かなり低いですが、最低地上高は120ミリと いたって普通。
でも フロントスプリングが 遊んで しまっていますから、これはNG
2時間ほどかけて 目標どおりの数値にしてみると、何だか前上がりで・・・。

また調整し、フロントを5ミリほど戻して(下げて)みると 良いではないですか〜
                           この状態で もちろん フロントの遊び もなし。

アライメント調整は、リア バナナアーム部の調整が曲者で 随分慣れてきましたが、それでもやり難いです。

最後にフロントローターの品番確認。  ドリルホール廻りに無数のヘアークラックが入っておりますので・・・。
Ruf コンプリートカーは、一筋縄ではいきませんね〜
外径、厚みから993ターボ用又は993RS用だと判断できますが、パーツリストを見ると この2車種は同サイズですが、品番も価格も違っております。
何処が違うのか?  調べても 私には判りませんでした。     社外品メーカーの適合表を見ると どちらの車種も同じ品番となっており、共有されています。  でもポルシェ純正は 明らかに違いますから・・・
ここは、突き詰めたい。
  
         チョークを使って現品から 何とか品番を読み取ることに成功。
                                            ふ〜ぅ すっきりしました。




evooyaji at 09:58|PermalinkComments(0)

2018年02月07日

ボクスター986

2004年式ポルシェ ボクスター986 昨日より入庫いただきました。
ご依頼内容は、フロントフードダンパー交換、ルーフのひもが取れて・・・、エアーチェック、バッテリー充電、オイル漏れ等です。
まずは写真1枚目のルーフのひもですが、これルーフの内張りを張る(引っ張る)ためのものだそうですが、どのような状態が正しいのか?         反対側を見る限り こんな感じで良いでしょう。

今度別のボクスターが入庫した際に要確認ですね。

写真2枚目は、昨日昼過ぎにオーダーして 本日届いたパーツ。  フロントフードダンパーとフロント内装のクリップ。  次の日に届くとは ポルシェパーツ、すばらしい対応です。

フロントフードダンパーは1本がオイル漏れで、「風が強い日に閉まってしまった」とのことで、迷わず2本セットで交換ですね。  

オイル漏れについては、今日一日かけて 色々と確認。
写真3枚目のインテークホースがオイリーな状態ですから、バンドを緩めてオイル抜き。  
お、ここのバンドが2箇所ゆるゆるでした〜。

以前にブローバイ オイルセパレーターを交換しておりますが、まだホース内にオイルが残っていたのか?
このあたりを徹底的に洗浄して 様子を見ながら試運転してみます。

垂れてくるのは右バンク上の方からなんですが、プレッシャーセンサー、パルスセンサーからではないのが確認できましたが、その他は見えません。    ファイバースコープで覗いてみますが、今のところ判りません。
 

180207118020731802072





evooyaji at 18:39|PermalinkComments(0)