ポルシェ

2017年07月19日

996 マフラー調整

2004年式ポルシェ996カブリオレ
「マフラー出口の高さ(バンパーとのクリアランス)が左右アンバランスになってしまった」と入庫いただき
先日エンジンマウントを交換しましたが、左右とも均等に20ミリほど上がり、左右のバランスは悪いままでした。

ならば、次は垂れている(低い方)出口近くにあるバンドを緩めて調整を  と思いましたが、バンドのボルトがサビサビのため、新品バンドを用意してから 仕切りなおし。

本日バンドが入荷しましたので、早速作業開始。
恐る恐るサビサビのナットにアクセスし、緩めてみると 以外や以外 上手く緩んでくれました。

二人がかりで古いバンドを外して、新品バンドに入れ替え、調整開始。
何度かのトライで上手い具合に調整出来ました。

最後の微調整は、エンジンマウントメンバーのナットを緩めて元の位置に調整。 ここは、当店では触っていないところですが、元の位置からずれているのが明らかでしたので、位置合わせ。
                          これで、完璧ですね。
しばらく走っていただき、熱が入ったところで再調整したら、完成の予定です。


evooyaji at 17:36|PermalinkComments(0)

2017年04月15日

ボクスターとタイヤの値上げ

またまたポルシェ ボクスターの続き。
入庫いただいた時に右前タイヤのエアーがゼロでした。
いわゆるパンクした状態。
エアー無しの状態で走ってしまったので、修理不能です。  まあ、ひび割れも酷かったので 交換するタイミングでもありますから結果オーライ。
ポルシェ認証タイヤの中から ミシュランとBSで見積もり提出。
選んでいただいたのは、BS ポテンザS02A 
パターンは古いタイプですから 「製造年月日が気になる」 と言われるお客様もみえますが、今回届いたのは2017年製造ですから出来立てホヤホヤですよ。
BS、ミシュランでは どのパターンを発注しても 正規ルートである限り 製造から5年(BS)、4年(ミシュラン)以内ですので 安心です。

先日の作業時に写真1枚目のとおり フロントダンパーのバンプラバーが劣化し、割れてきていました。
これが進むと バンプラバーが砕けて 無くなってしまいます。 
次の 機会には(入庫時)ダンパー交換も含めて 何らか対策が必要ですね。

写真2枚目は、マフラーテールエンドのバンド部がサビで腐食し、形が無くなりつつあります。
ここも 何らか対策せねば。


あ、ここで、大切なお知らせを。
近日中にタイヤメーカー各社が値上げいたします。
             BSは、6月1日から6〜8パーセント
近日中にタイヤ交換を予定されている方は、駆け込み需要が予想されます、それによる欠品もあるかもしれませんので、お急ぎ下さい。 


17041511704152

evooyaji at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月14日

ボクスター続き

1704141お預かりしているポルシェ ボクスター、本日パーツが揃いましたので、作業再開。
用意したのは写真1枚目のフードロックモーター(アクチュエーター)、緊急用ノブ(コード)、フロントエアーダクト左右、右リアラバーリップです。  この内3点はアンダーカバー系のパーツで、いわゆるシャシー(アンダーカバー)に付く樹脂製又はゴム製のパーツです。  これらが無くなっていたり(千切れて脱落)、千切れて垂れ下がった状態でしたので、リフレッシュ。

写真2枚目 右フロントエアーダクト。  上が新品、下が外したものですが、取り付け部の片側が無いため、垂れ下がって付いていました。  反対側の左は、1センチほどの破片が2個となっていました。

写真3枚目 千切れた緊急用ノブ(コード)、もちろん上側が新品です。

写真4枚目は、4ホイールアライメント測定、調整のご依頼で、ルーフCR3.4と入れ替えでお預かりしたアウディTT- Qロードスター(8S) 
このオーナー様の車両で4台目のホイールアライメント作業でしょうか。  
              何台も ご依頼いただけて 嬉しい限りです。


170414217041441704143



evooyaji at 19:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月11日

ルーフ アライメント

本日1台目の作業は、ルーフCR3.4 (964) 4ホイールアライメント測定、調整のご依頼。
基本足廻り(アーム類)はポルシェですから、964の構造、調整方法が解っていれば、対応可能ですね。

写真1枚目は、4ホイールアライメント測定、調整後。 

かわって2台目は、2004年式ポルシェ ボクスター、フューエルフラップ(給油口の蓋)のロック不良とのことで入庫いただきました。
右前のタイヤホイールを外し、フェンダーインナーライナーを外して確認するのですが、ここで右ヘッドライトのカプラーが1箇所外れていました。 (写真2枚目)
これは光軸調整用のカプラーでしょうか?
           誰だ〜、付け忘れたのは!
ひょっとして、これを正しく付けると 何か不具合が出るのか? (例えばヘッドライトECUが壊れていて、おかしな現象が出てしまうとか)


17041121704111


evooyaji at 22:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月15日

ボクスター フィルターと

2003年式ポルシェ ボクスター(986)ポーレンフィルターとワコーズ エアコン添加剤PAC-Pのご注文をいただきました。
PAC-Pについては、添加するだけ  ですから、悩むことなくサクサクと。

一方ポーレンフィルターについては、この986後期 よく判らないんです。
ポルシェ純正品は、2種類の大きさに対応できるように 作られていますが、社外品ですと それぞれ別設定されているメーカー(ボッシュ等)もあり。
つべこべ言わず ポルシェ純正品を手配すれば済むことなんですが、12960円と とっても高価。

現車確認し、車両側のケース寸法を測定して 特定しました。
社外品にてコストダウン、でも 質を落とさないように チャコールタイプを選択します。



evooyaji at 10:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月20日

RUF バランス調整

ポルシェ911 3.2カレラ(930)  「ステアリングが僅かに振動する」 とのことで入庫いただきました。
原因は色々と考えられますが まずホイールバランス調整をしてみることに。

この車両はRUFのcr3.4 コンバージョンキットが組み込まれていて、外装もRUF
前後バンパー、ホイール、サスペンションなどなど。  
           チューニング費用は、  いったい幾ら位かかっているのでしょうか?

バランス調整は、左右とも10グラムのアンバランスがありましたので、これで良くなりそうですね。




evooyaji at 10:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月25日

ボクスター LLC漏れ

先日積載車にて入庫いただきた2004年式ポルシェ ボクスターS  
原因究明し、パーツの手配をし 入荷待ちとなっておりましたが、本日入荷。
すぐに作業にかかり、はい完了。  でも ここから また長〜いエアー抜き作業ですね。

写真1枚目 漏れているブリーダーバルブ。

写真2枚目 用意した新品パーツです。  ボルト、Oリング2個もセットとなっています。

ついでに お客様から伺っていた 足回りからの異音も試運転で確認。
中古車屋さんでは、「ダンパー(シャックアブソーバー)が悪いので 交換が必要・・・」 と言われたそうですが、
私とメカニックが試運転し、二人とも「ダンパーからの異音でないのは 確かだと思う」 と二人の意見は一致しました。
ならば 確認と色々見ていくと ここだ と思われるところを発見。

これ、ビンゴだと思いますが、まだ 未確認(試運転できていない)

             これで直れば きっと お客さまに 喜んでいただけることでしょう。

16082521608251

evooyaji at 19:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月21日

積載車にて入庫

昨日のことですが、2003年式アウディTT 1.8Tクワトロでオーバーヒートの車両を積載車にて入庫いただきました。 お客様が加入されている任意保険に付帯するレッカーサービスを利用していただいたのです。

原因究明にあたりますが まずは、当店自慢のTT、ゴルフ4専用テストハーネスを使用して、ファン本体の良否を判定。 ここで、メインファンのロー側、ハイ側共不良が判明。
ここで、メインファンがダメなのは決定ですが、まだ安心はできません。 さらに電源系(フューズボックス等)、制御系(ラジエータファンスイッチなど)も確認。 
見積作成のため、メインファンの品番を調べますが、いつものごとく これは現品確認が必要となりますので、外して読み取り。
メーカー在庫を調べると、「国内在庫有り」 在庫があって よかった〜。

かわって 本日1台目の作業は、 これまた積載車にて入庫いただいた2004年式ポルシェ ボクスターS
LLC漏れとのこと。  
この車両を運んできた業者さんを見て 私はビックリしましたよ。
だって、偶然にも 昨日TTを運んでいただいた方だったんです。 それぞれの お客様が契約されている保険会社は別で、ピックアップしていただいた地区も かなり離れていますので、 ほんと偶然ですね。

運転手さんも「二日続けて 目的地が同じ店とは、珍しい〜」と。






evooyaji at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月17日

再アライメントと

先日 作業が延期となりました1989年式ポルシェ カレラ4 (964) 
本日 午前中から5時間ほどかかって 4ホイールアライメント測定、調整完了しました。 

お客様が 引き取りに ご来店いただきましたが、乗ってこられたのは997 GT3 RS 4.0 でした。
世界限定600台の車両ですね。  ものすごいものを見せていただき、目の保養になりました。
お客様から「店長 乗ってきたら・・・どうぞ」といっていただきましたが
私は 小心者ですから こんな高価な車は とても怖くて 運転できません。

当たり前ですが、現在の価格は新車時の定価よりも はるかに高くなっていますから・・・。

その代わりに 車載工具のセンターロック ソケットを触らせていただきました。 
これのトルクレンチ側は19ミリ角 でしたので、当店のKTCトルクレンチにぴったりのサイズなのを確認。
(写真のトルクレンチです)


色々とお話させていただき、ついでに ワコーズPAC-Pを施工することとなり、2台とも施工。


1607171



  

evooyaji at 20:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月12日

964 アライメント

1989年式ポルシェ 911 (964) カレラ4 4ホイールアライメント測定調整で入庫いただきました。
いつものようにアライメントテスターのポルシェ専用アタッチメントを使ってセンサーをホイールに取り付けます。

写真2枚目 赤矢印の黒い塊がポルシェ アタッチメント(3種類の部材を組み合わせて何通りもの組み合わせができます)。  これを使うことで迅速、確実にセッティングでき、ホイールにキズを付ける心配もありません。

ホイールと接触しているのは、センターキャップ部の内部とタイヤのトレッド面(写真3枚目)だけですから・・・。

センサー取り付けを終えて あとは測定を・・・ となったところで問題発生。  エンジンアンダーカバーの取り付けボルト1本が抜けてこない。  どうやら相手(リベットナット)がカラ回りしています。
ここから苦労して、なんとか取り外し成功。
次は リアスプリングプレートのボールジョイントブーツが左右とも なくなった(脱落?)状態でした。
このままでは、まずいのでお客様に連絡し、今日の作業は一旦中止といたしました。

後日仕切りなおしですね。

160712116071221607123

evooyaji at 19:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)