ポルシェ

2018年02月07日

ボクスター986

2004年式ポルシェ ボクスター986 昨日より入庫いただきました。
ご依頼内容は、フロントフードダンパー交換、ルーフのひもが取れて・・・、エアーチェック、バッテリー充電、オイル漏れ等です。
まずは写真1枚目のルーフのひもですが、これルーフの内張りを張る(引っ張る)ためのものだそうですが、どのような状態が正しいのか?         反対側を見る限り こんな感じで良いでしょう。

今度別のボクスターが入庫した際に要確認ですね。

写真2枚目は、昨日昼過ぎにオーダーして 本日届いたパーツ。  フロントフードダンパーとフロント内装のクリップ。  次の日に届くとは ポルシェパーツ、すばらしい対応です。

フロントフードダンパーは1本がオイル漏れで、「風が強い日に閉まってしまった」とのことで、迷わず2本セットで交換ですね。  

オイル漏れについては、今日一日かけて 色々と確認。
写真3枚目のインテークホースがオイリーな状態ですから、バンドを緩めてオイル抜き。  
お、ここのバンドが2箇所ゆるゆるでした〜。

以前にブローバイ オイルセパレーターを交換しておりますが、まだホース内にオイルが残っていたのか?
このあたりを徹底的に洗浄して 様子を見ながら試運転してみます。

垂れてくるのは右バンク上の方からなんですが、プレッシャーセンサー、パルスセンサーからではないのが確認できましたが、その他は見えません。    ファイバースコープで覗いてみますが、今のところ判りません。
 

180207118020731802072





evooyaji at 18:39|PermalinkComments(0)

2017年12月15日

カイエンとA1

ポルシェ カイエン スタッドレスの取り付け。  サイズは255/55-18 で、BSをご指定ですからSUV用のブリザック DM-V2 となりますね。 
このてのSUVでもサイズによっては、乗用車用VRX2とSUV用DM-V2の両方とも設定がある場合もあります。
その場合は どちらを選ぶか 迷いますが、 何を重視するか?、どんな使い方(使用状況)なのか?などによって決まってきます。

写真1枚目 外径が大きいので4本並ぶと かなりのスペースが必要です。

写真2枚目 255/55-18は さすがに太くて でかい。  比較にため145/80-13と並べてみました〜。

本日2台目は、アウディA1 エンジンオイル交換と4ホイールアライメント。 2年ほど前にもアライメント調整させていただいておりますが、フロント トゥが随分ポジティブ方向になっておりましたので調整。

                      これで 快適に走っていただけます。


17121511712152

evooyaji at 18:56|PermalinkComments(0)

2017年10月26日

996 エアコンガス漏れ

2003年式ポルシェ996カレラ 前回入庫いただきエアコン リフレッシュ作業をしようとしましたが、低圧側バルブからガスが漏れており、作業中止としました。

改めて 写真のパーツを手配し入荷しましたので、再度入庫いただきました。

このバルブは作業しやすい位置に付いていますので、交換は楽ですね。
一旦ガスは当店の機械にて回収しておいて、バルブ交換。
その後真空引きして、漏れチェック、足らないガス量もプラスして充填したら、出来上がり。

      抜けた134aガスは723g  規定量900gですから約20%も抜けていたことになります。

1710261






明日、明後日(27金曜から28土曜)と臨時休業させていただきます。 ご迷惑をお掛けいたしますが宜しくお願いいたします。 


evooyaji at 12:57|PermalinkComments(0)

2017年10月11日

漏れている

2003年式ポルシェ911カレラ (996) エアコンリフレッシュのご依頼です。
早速パネルを外して、低圧、高圧ポートに蓋を外すと  あれれ、低圧ポートからプクプクとガスが漏れています。
コアを増し締めしてみましたが、締まらず。  つついてみても変化なし。

これでは 進められないので今日は中止。  パーツを用意してから 後日仕切りなおしです。

1710111

evooyaji at 16:36|PermalinkComments(0)

2017年10月04日

996とゴルフ5

1710041本日1台目は2004年ポルシェ996 カブリオレ フューエルフィラーキャップのモーター交換から。
少し前からスイッチ操作しても 動かない時があり、数回の操作で動いて(開く)いたそうです。  ところが ついに全く動かなくなり、助手席前にある緊急用のひもを引いて、燃料を給油しているとのこと。

まあ、よくある故障ですね。  
「このままにしていると、ひも(ゴム製)が千切れてしまいますから、早めに修理しましょう」 とおすすめし、パーツを用意。
以前にボクスターで同じような修理暦がありますので、作業はスムーズに進み、はい 交換完了。

      これで、ガソリンスタンドで助手席ドアを開けて コチョコチョしなくてよくなりました。

本日2台目は、初めて入庫いただいた2009年式VWゴルフ5 トレンドライン DSGオイル交換です。
このミッションは7速乾式DSGですから、店内でお待ちいただく間に交換できます。

ミッションにSST(専用工具)アタッチメントを付けて、新油(VW純正)を入れていきます。
ついでに専用テスターにて各種ECUのフォルトチェック(故障診断)をすると3箇所不良有り。

何分過去の修理歴が解りませんので、一旦リセットし、様子見ることにしました。  数百キロ走行後に再度診断です。



evooyaji at 18:17|PermalinkComments(0)

2017年09月09日

お預かり車両が一気に

先週から今週にかけて沢山の車両をお預かりしており、一番多い日は ポルシェ993カレラ、986ボクスターS、アウディTT-RS、ゴルフ7GTIと4台 お預かりしておりましたが、昨日TT-RSをお返しし、本日3台 お返しし、預かりゼロとなりましたので、我が家のガレージはすっきりガラガラで寂しい状態です。

                      作業依頼 お待ちしておりま〜す。








evooyaji at 13:11|PermalinkComments(0)

2017年09月07日

986とTT-RS

先週末から お預かりしておりますポルシェ ボクスターS 最後の仕上げにフューエルキャップのひも を交換(写真1枚目)
千切れて3分割しておりましたが、 新品のひも のみ用意して交換。
この商品は いつもVW、アウディでも使用しているものですから、当店在庫有り。

通常2種類在庫しておりますが、今現在1種類のみの在庫となり、次回 ドイツからの入荷待ち1種類となりました。  
        マッチングは 現車確認が必要 ですので、お気軽に ご来店下さい。

替わって 次の車両はアウディTT-RS 4ホイールアライメント測定、調整、エンジンオイル交換、クラッチペダル異音、ドアヒンジ異音、エアコンリフレッシュです。
まずは ホイールアライメントから。   1年に1度ぐらいのスパンで調整させていただいている車両ですから、微調整でいけますね。  これぐらいの頻度で調整すると いつも良い状態を維持できますし、何といっても乗っていて 快適で気持ちがいいですよね〜。

クラッチペダルの異音は 他店で作業済みだが改善されないとのことで、当店でもトライ。
見たところ 確かにグリスがたっぷりと塗ってありますが、アンダーパネルを外さずに作業したのか、奥の方は手付かず。   写真2枚目のとおり アンダーパネルを外して グリスアップ。

結果は、あれれ、少しだけ改善されたが、あまり変わらないとも・・・・ここから あ〜でもない、こ〜でもないと・・・。   半分諦めかけましたが、 いつの間にか 音が無くなりました〜。
これは いつまで もつのか(維持できるのか)判りませんが、これで様子見といたします。

最後は エアコンリフレッシュ。  まずは吹き出し口温度を見てから作業をするか、どうか判断することになっておりますので測定。
10.9度ですが、今日は曇りで 快適な温度。 作業していても 汗ばむことなく快適な温度ですから この結果はあまりよくないです。 
よって作業開始。   抜き取ったガス量は402グラムと 規定量から約20%も少ない状態。
                     う〜ん 作業して 良かった。 

          作業中の写真を撮りましたが あまりにも写真へたくそすぎですね。
  

170907117090721709073
 

evooyaji at 11:04|PermalinkComments(0)

2017年09月06日

ボクスター 白煙

2004年式ポルシェ ボクスターS (986)エンジン始動時にマフラーから けたたましい白煙を噴く時がある症状です。
前回入庫いただいた時に原因を調べておきましたので、即パーツの発注。
このころのボクスター、996で よくあるオイルセパレーターの不良。

写真1枚目が用意したパーツです。  この中のダイヤフラムが破れてしまうようですね。
本来ならブローバイオイルとエアーを分離するのですが、機能しなくなり そのままオイルがスロットルバルブに行って、インテークバルブからシリンダー内に入り込んでしまい燃焼し、白煙となるのです。

ついでにエンジンオイル交換も承りましたので、モチュール8100にて交換。
ドレーンボルトを外すと、あれれ ドレーンガスケットが付いていませんでした。
           これは びっくり よくオイルが漏れなかったですね。
       用意してあるドレーンガスケットを付けて締め付け。

写真2枚目 オイルを抜き取り中。

           次回のメニューは足回りですかね。

17090621709061   


evooyaji at 20:33|PermalinkComments(0)

2017年08月31日

E30と993

BMW E30 の続き作業はヘッドライト光軸調整から。
この車両は元々室内より手動で調整ができる調整ダイヤルが付いておりますが、機能しておりません。
まあ、27年前の車ですから これはなかったことにしてと。
光軸テスターで測定しながら、調整していくのですが、この車両のボンネットは前ヒンジ。  よって調整時にはボンネットを開けて、測定時にはボンネットを閉めてと・・・・う〜ん やりにくいですね。

左右とも調整ネジ 一杯まで動かして なんとか終了。

写真1枚目 新調したBMW純正オプションアルミ。

かわって写真3枚目は、ポルシェ993カレラ ティプトロ バッテリー上がりで積載車にて昨日入庫いただきました。
バッテリーのCCA値を測定しようとしましたが、内部セルが1箇所壊れており測定不能。  電圧は8ボルト。

「バッテリーは2年前に交換済みでガレージ内で常に充電器が繋いだ状態だったのに・・・」 とのことです。
これは、オルタネーターが悪いのか、はたまた充電器が壊れたのか? 

とにかくバッテリーはダメなので新品に交換してから原因を探ることに。

本日バッテリーが入荷しましたので交換し、暗電流を測定すると とんでもない数値。
          これは 何処かで電気を大量に消費しています。 
ヒューズボックスから41本あるフューズの怪しそうなものから順番に抜き取れば判るよな と思い蓋の裏側を確認していると、あれ左ルームランプが点いています。 
昼間で廻りが明るく、またLEDに交換されているので、気がつきませんでした。

では このルームランプを消すとクランプメーターの数値は まともになりました。
                       簡単に解決できて 良かった〜。  

このあと 序でにエアコン リフレッシュ作業。  この車両は約4年前に当店で134aガスを800g充填しておりますが、今日抜けたのは588g。  ということは212g(27%)抜けてしまっていました。

規定量のガスを入れて 吹き出し口温度を測定すると11.7度と作業前に比べて2.3度下がりました。


170831217083111708313


evooyaji at 19:15|PermalinkComments(0)

2017年07月19日

996 マフラー調整

2004年式ポルシェ996カブリオレ
「マフラー出口の高さ(バンパーとのクリアランス)が左右アンバランスになってしまった」と入庫いただき
先日エンジンマウントを交換しましたが、左右とも均等に20ミリほど上がり、左右のバランスは悪いままでした。

ならば、次は垂れている(低い方)出口近くにあるバンドを緩めて調整を  と思いましたが、バンドのボルトがサビサビのため、新品バンドを用意してから 仕切りなおし。

本日バンドが入荷しましたので、早速作業開始。
恐る恐るサビサビのナットにアクセスし、緩めてみると 以外や以外 上手く緩んでくれました。

二人がかりで古いバンドを外して、新品バンドに入れ替え、調整開始。
何度かのトライで上手い具合に調整出来ました。

最後の微調整は、エンジンマウントメンバーのナットを緩めて元の位置に調整。 ここは、当店では触っていないところですが、元の位置からずれているのが明らかでしたので、位置合わせ。
                          これで、完璧ですね。
しばらく走っていただき、熱が入ったところで再調整したら、完成の予定です。


evooyaji at 17:36|PermalinkComments(0)