ポルシェ

2021年08月31日

991T 再入庫 2

2108314一昨日から続きの991 今日はエンジンオイル、オイルフィルター、ドレンボルト、ガスケットの交換。
まずは写真1枚目の状態にして、スタート。 991クーペと比べて、開口部が少ない(狭い)ので、作業がやりずらいです。
また クーペと同じで、写真2枚目のパーツ類を外さないとフィルターハウジングが見えません。
これらが外れれば、写真3枚目のようにメカニックが頭を突っ込み・・・。
         991Tカブリオレに食べられているようです。
オイル充填後の油量チェックは とっても時間がかかります。 油温を温めるだけでは、「量チェックの条件が揃わない」とメーターに怒られます。 実走行しないとダメなんです。

210831221083132108311


evooyaji at 15:32|PermalinkComments(0)

2021年08月29日

991T 再入庫 1

21082932014年式ポルシェ911 ターボ カブリオレ(991)バックオーダーいただいておりましたタイヤが揃いましたので再度入庫いただきました。
3種類の見積から選んでいただいたのはミシュラン パイロットスポーツ4S 245/35-20と305/30-20 ポルシェ認証N0 です。
リアタイヤから作業開始。 この車両は空気圧監視センサー(以下TPMS) が付いていますので、純正パーツのバルブキットを用意、センサー本体は まだ走行距離8000キロなので、再使用。
ここで 問題発生。  用意したバルブキットが合わない。 どういうことなのか? 問い合わせをかけるも、判らない。 そのまま再使用では、ゴム部分が潰れていますからエアー漏れの可能性あり。色々と考えて、バルブ付け根部のゴムのみ交換することにしました。
これなら消耗品のゴムは新品となりますので、エアー漏れの心配はありません。

写真2枚目 リアホイール11J*20は 太いですね。

写真3枚目 外気フィルターの新旧。 こうして並べると 汚れ具合が分かりやすいです。   一方助手席足元のポーレンフィルターは交換歴があるようで、綺麗でしたので、再使用です。

                           続きは また明後日。 

21082952108296

evooyaji at 17:19|PermalinkComments(0)

2021年08月12日

991ターボ 追加で

21081212014年式ポルシェ911 ターボ カブリオレ 当初の予定作業に追加で点検のご依頼をいただきました。
その中で、写真のエアコン外気フィルターが汚れていましたので、交換をおすすめ。 パーツの製造年から推測すると ここは、今まで交換歴が無いようです。
助手席足元にあるポーレンフィルターは綺麗でしたので、そのまま再使用。

エンジンオイル、オイルフィルターは 「交換しておいて・・・」とのことですから、ドレーンガスケット、オイルフィルターを手配。 ドレーンボルトについては、潰れた形跡があるので、これも用意します。

   次回タイヤが入荷しだい、再入庫いただき、これらも 同時作業予定です。




evooyaji at 13:10|PermalinkComments(0)

2021年08月11日

991 マフラーとパッド交換 2

2108112昨日からの続き作業です。チタンマフラーを付けていきますが、こちらは純正品と比べて、大きさが一廻り小さいのでやり易いです。

写真1枚目リアフェンダー上面がカブリオレ独特で美しいです。 クーペよりも幅広く(リアトレッドが広く)見えますし、黒い幌で車高も低く見えますね。

写真2枚目 カーボンディフューザーが固いので取り付けは難儀。 3人がかりで、慎重に進めました。
              大きな問題も無く 無事に付きました〜。

続いてブレーキパッド交換。 写真3枚目がフロント6ポッド スチール2Pローター パッドとパッド摩耗センサーを交換。 このキャリパーも脱着しないとパッド交換できないタイプ。(キャリパーの背の部分にブリッジがあるタイプ)

写真4枚目がリア4ポッド スチール2Pローター。こちらもフロントと同じですね。

このあと各部点検、診断機によるフォルトチェック等を進め、ポーレンフィルターは綺麗でしたが、外気フィルターは真っ黒。 これは、要 交換です。
2013年製造の20インチタイヤは、山はたっぷりある(オドメーター8000キロですから)のですが、クラックがでておりますので交換。 ご注文いただきましたが、欠品しており、入荷待ち。 
       一旦納車して、タイヤが入荷したら再入庫いただくことに。

最後に完成検査をし、特定整備記録簿(分解整備記録簿)を記入して出来上がり〜。


210810421081132108114
 


evooyaji at 11:43|PermalinkComments(0)

2021年08月10日

991 マフラーとパッド交換 1

21081112014年式ポルシェ911 ターボ カブリオレ (991) 当店初入庫の車両です。
同年式のターボS (クーペ)に付けていたアクラボヴィッチ チタンマフラー(以下アクラボ)とカーボンディフューザーを この車両に移植する作業依頼。
でも 今度の車両はカブリオレですから、適合が判りません。

ということでアクラボの輸入元に電話して確認、色々と調べていただきましたが、結論は「分かりません」 「付かないのでカブリオは適合に入っていないのか?それとも未確認のため適合に入っていないのか? どちらなのかも分りません」「あとは純正品番どうしで確認してみては・・・」とのこと。

事前にお客様に伝えると、ならば 諦めるか と一旦はなりましたが、後日「諦めきれないので、やってみて・・・」 「もちろん付かなくても 技術料は払うので・・・」ということで やってみることとなりました。
事前にポルシェパーツリストで調べると2014年式ターボ、ターボS、ターボカブリオレ、ターボSカブリオレの4車種で マフラーメインサイレンサーは1種類のみ、マフラー出口は4種類、ディフューザーは2種類であることが分かりました。
ということは、メインサイレンサーは適合することになります。 残る問題はディフューザーと出口の関係だけとなります。  これは いけるかも と明るい兆しが見えてきます。

写真2枚目 バンパーを養生し、ディフューザーを外します。

写真3枚目 いきなりですが、上側が外したポルシェ純正アクラボ(ステンレス製)、下側が社外品アクラボ (チタン製)

写真4枚目 マフラーが外れる 大きな空間ができたエンジンルーム。 ここまでの作業で1日目終了。 写真とブログですと数枚と数行ですが、これ見た目以上に時間がかかる作業です。
 

210810121081022108103



evooyaji at 11:22|PermalinkComments(0)

2021年08月05日

964 アライメントとシロッコ

21080521ケ月程前にサスペンション系の交換をさせていただいた1992年式ポルシェ911(964) ならしが終わりましたので4ホイールアライメント測定、調整をいたします。
この頃の911(930や964)のリア バナナアームの調整(キャンバーとトゥ)が独特な作りになっておりますので、慣れないと なかなか調整できないほど難しいです。

当店メカニックはコツを掴んでおりますので、比較的早く調整可能ですが、それでも数時間はかかります。

写真2枚目 ポルシェ専用アタッチメントを使ってホイールにアライメントテスターのセンサーを取り付け。 この角度の写真は初かもしれません。  センターキャップを外して、このアタッチメントを取り付けるため、ポルシェの純正ホイールはセンターキャップが外から外せるように小さな穴が空いています。(カイエン、マカンを除く)

写真3枚目 約30年間雨天未使用車ですから、テールランプもピカピカ、艶々です。


替わって昨日からの2010年式VW シロッコは、パーツが入荷しましたので、水漏れ修理にかかりました。 写真4枚目が外した樹脂製パイプ。

写真5枚目 漏れていたのは この写真の中央部です。 これだと判りますね。

2108051210805321080542108055

evooyaji at 19:23|PermalinkComments(0)

2021年08月03日

RECSとシロッコ

今日は朝一番から2台同時進行で作業。
2017年式ポルシェ911カレラ (991後期) ワコーズRECSで ご入庫いただきました。エンジンフードを開けると、フードダンパーが劣化しており、閉まってきてしまう状態。 これでは作業できないのでダンボールで即席のつっかえ棒を作って固定。 エンジンカバーを外して接続箇所を探します。

ところが、右バンクのみ接続できるところがあるのですが、反対の左バンクには無し。
これでは作業できないので、断念するしかないですね。

同じ991でも前期型(3.8リッターNA)ですと 当店にてRECS施工の実績があるのですが、後期の3リッターターボは出来ないようです、残念。 

もう1台の2010年式VW シロッコ 2.0T(CAW)はエアコン温度調整用のサーボモーター不良。
数年目から右側が不調だったのですが、左側も不調になったため、今回両方とも交換することに。

ダッシュボードの脱着まで大掛かりな作業が必要になるかもしれない覚悟で、作業開始。
まず右側から始めますが、運転席足元のパネルを外すだけで、作業できそうなのを確認。

次に左側はグローブボックスを苦労して外していくのですが、途中でエアバッグスイッチを外さないと進められなくなりました。 仕方なくバッテリー端子を外すためボンネットを開けると、LLCの香りが漂ってきました。

樹脂製パイプにクラックが入ったようで、オルタネーターの上にLLCが垂れております。
これは、追加で ここの修理が必要ですので、お客様に連絡。
追加発注いただきましたので、すぐにパーツの手配完了。

                                  明日に続きます。

写真1枚目 運転席パネルを外して。

写真2枚目 右が外したサーボモーター。 中央が用意したモーター、対策品となり品番変更されております。 右が用意したドライブレバーセット。

写真3枚目 水漏れ個所。 写真を撮りましたが狭くて、上手く撮れませんでした。

210804121080312108043


evooyaji at 12:02|PermalinkComments(0)

2021年07月22日

ボクスター シフトスイッチ交換2

2107217作業途中で発見された問題個所は、シフトリンケージの樹脂ボール部のクラック。
これをそのままにするわけにはいきませんので、急いでパーツ品番検索、在庫確認。  これは日本に在庫が無いだろう と思いましたが、ラッキーなことに固定用の金属クリップ(再使用不可部品)とともに 在庫有り。

写真1枚目 部品が届いたので、そ〜っと外したところ、パッキと割れました。

写真2枚目 届いた新品。 4連休+オリンピックで運送便が混乱しておりますが、無事に届きました。

写真3枚目 あとは、逆の手順で元に戻していくだけ。 マフラースリーブ、クリップとも取り付け完了。

21072162107215



  

evooyaji at 13:49|PermalinkComments(0)

2021年07月21日

ボクスター シフトスイッチ交換

21071912004年式ポルシェ ボクスターS ティプトロニック シフトスイッチ(インヒビタースイッチ)の交換で ご入庫いただきました。
このパーツを交換するには、左バンクのマフラー、左エンジンマウントなどを脱着しないと作業できません。
このマフラー系が問題でして・・・。 写真1枚目のとおり、ボルト、ナットがサビサビで、ネジ山が無くなっているものや、6角形が崩れているところなどなど。
おそらく、緩めることができないであろうと想像し、ボルト、ナット等は用意してあります。

写真2枚目 用意したパーツ (全てポルシェ純正品)ですが、ナット1種類2個が別のポルシェ用で用意したものが混ざってしまっています。

写真3枚目 ここは一番苦労したエキマニとマフラーの接続フランジ部。 元々3本で止まっていますが、1本はナットがフランジに溶接されており、2本はスプライン付きボルト(頭は丸)がフランジに圧入後溶接されていました。 このボルトを抜き取り、通常のボルトとナットで止めるのですが、スプライン付きのボルトがステンレスなのか、硬い材質で、ドリルの刃がなかなか 入っていかなくて、難儀しました。  途中でステンレス用の刃を買いにいき、ここからはペースアップ。

写真4枚目 苦労して抜き取ることに成功。 上側の右2本にスプラインが確認できますね。 取り付けは下側のボルトとナットです。

マフラーが取れて、ここで別の問題個所を発見。               続きます。

210721121072122107214 

evooyaji at 17:56|PermalinkComments(0)

2021年07月19日

993 アイドル不調

2107182先週の日曜日に積載車にて ご入庫いただきましたポルシェ911カレラ (993) ティプトロ
アイドリング不調ということです。 音を聞く限り かなりのラフアイドルですから1気筒だけ、ではなく複数気筒に問題がありそうです。
プラグコードテスター(点火コイルテスター)などを使い 調べていくと、ディスビキャップの片方とプラグコード1本に問題あり。  また点火プラグも摩耗しておりますので、こちらも交換することに。

ツインプラグですから12本。 点火系の診断、プラグ交換ともに時間がかかりますね〜。

ついでに前回入庫時に気になっていた左チェーンケースからのオイル漏れ。 他店にてガスケットを交換したばかり とのことでしたが漏れておりますので、簡単に出来る3ヶ所だけラバーシールとロックナットのみ交換してみることに。

写真1枚目 用意したポルシェ純正パーツ。  これ以外にディスビキャップは社外品ボッシュにて用意。
写真2枚目 左チェーンケースのオイル漏れ。

写真3枚目 赤印が今回ラバーシール等交換ヶ所。

写真4枚目 前回入庫時にタペットカバーとガスケット交換し、作成した遮熱板兼オイル受け。こちらのオイル漏れは止まり、綺麗な状態で ほっとしました。
マフラー(ヒートエクスチェンジャー)も綺麗です。

写真5枚目 右バンクはオイル漏れが始まり、タペットカバー、ヒートエクスチェンジャーともベタベタ。  次回 入庫時の作業項目とします。

14日から3日間はポルシェ2台(964と993)を預かり、同時作業で進めておりました。 そして17日にはボクスターも加わり、ポルシェ3台 お預かり。 2台の時は 時々ありましたが、ポルシェばかり3台 同時にお預かりは 当店初かも。
            皆さん ご入庫いただき、ありがとうございます。

2107183210718421071812107185


evooyaji at 11:48|PermalinkComments(0)