ポルシェ

2017年09月07日

986とTT-RS

先週末から お預かりしておりますポルシェ ボクスターS 最後の仕上げにフューエルキャップのひも を交換(写真1枚目)
千切れて3分割しておりましたが、 新品の ひも のみ用意して交換。

        マッチングは 現車確認が必要 ですので、お気軽に ご来店下さい。

替わって 次の車両はアウディTT-RS 4ホイールアライメント測定、調整、エンジンオイル交換、クラッチペダル異音、ドアヒンジ異音、エアコンリフレッシュです。
まずは ホイールアライメントから。   1年に1度ぐらいのスパンで調整させていただいている車両ですから、微調整でいけますね。  これぐらいの頻度で調整すると いつも良い状態を維持できますし、何といっても乗っていて 快適で気持ちがいいですよね〜。

クラッチペダルの異音は 他店で作業済みだが改善されないとのことで、当店でもトライ。
見たところ 確かにグリスがたっぷりと塗ってありますが、アンダーパネルを外さずに作業したのか、奥の方は手付かず。   写真2枚目のとおり アンダーパネルを外して グリスアップ。

結果は、あれれ、少しだけ改善されたが、あまり変わらないとも・・・・ここから あ〜でもない、こ〜でもないと・・・。   半分諦めかけましたが、 いつの間にか 音が無くなりました〜。
これは いつまで もつのか(維持できるのか)判りませんが、これで様子見といたします。

最後は エアコンリフレッシュ。  まずは吹き出し口温度を見てから作業をするか、どうか判断することになっておりますので測定。
10.9度ですが、今日は曇りで 快適な温度。 作業していても 汗ばむことなく快適な温度ですから この結果はあまりよくないです。 
よって作業開始。   抜き取ったガス量は402グラムと 規定量から約20%も少ない状態。
                     う〜ん 作業して 良かった。 

          作業中の写真を撮りましたが あまりにも写真へたくそすぎですね。
  

170907117090721709073
 

evooyaji at 11:04|PermalinkComments(0)

2017年09月06日

ボクスター 白煙

2004年式ポルシェ ボクスターS (986)エンジン始動時にマフラーから けたたましい白煙を噴く時がある症状です。
前回入庫いただいた時に原因を調べておきましたので、即パーツの発注。
このころのボクスター、996で よくあるオイルセパレーターの不良。

写真1枚目が用意したパーツです。  この中のダイヤフラムが破れてしまうようですね。
本来ならブローバイオイルとエアーを分離するのですが、機能しなくなり そのままオイルがスロットルバルブに行って、インテークバルブからシリンダー内に入り込んでしまい燃焼し、白煙となるのです。

ついでにエンジンオイル交換も承りましたので、モチュール8100にて交換。
ドレーンボルトを外すと、あれれ ドレーンガスケットが付いていませんでした。
           これは びっくり よくオイルが漏れなかったですね。
       用意してあるドレーンガスケットを付けて締め付け。

写真2枚目 オイルを抜き取り中。

           次回のメニューは足回りですかね。

17090621709061   


evooyaji at 20:33|PermalinkComments(0)

2017年08月31日

E30と993

BMW E30 の続き作業はヘッドライト光軸調整から。
この車両は元々室内より手動で調整ができる調整ダイヤルが付いておりますが、機能しておりません。
まあ、27年前の車ですから これはなかったことにしてと。
光軸テスターで測定しながら、調整していくのですが、この車両のボンネットは前ヒンジ。  よって調整時にはボンネットを開けて、測定時にはボンネットを閉めてと・・・・う〜ん やりにくいですね。

左右とも調整ネジ 一杯まで動かして なんとか終了。

写真1枚目 新調したBMW純正オプションアルミ。

かわって写真3枚目は、ポルシェ993カレラ ティプトロ バッテリー上がりで積載車にて昨日入庫いただきました。
バッテリーのCCA値を測定しようとしましたが、内部セルが1箇所壊れており測定不能。  電圧は8ボルト。

「バッテリーは2年前に交換済みでガレージ内で常に充電器が繋いだ状態だったのに・・・」 とのことです。
これは、オルタネーターが悪いのか、はたまた充電器が壊れたのか? 

とにかくバッテリーはダメなので新品に交換してから原因を探ることに。

本日バッテリーが入荷しましたので交換し、暗電流を測定すると とんでもない数値。
          これは 何処かで電気を大量に消費しています。 
ヒューズボックスから41本あるフューズの怪しそうなものから順番に抜き取れば判るよな と思い蓋の裏側を確認していると、あれ左ルームランプが点いています。 
昼間で廻りが明るく、またLEDに交換されているので、気がつきませんでした。

では このルームランプを消すとクランプメーターの数値は まともになりました。
                       簡単に解決できて 良かった〜。  

このあと 序でにエアコン リフレッシュ作業。  この車両は約4年前に当店で134aガスを800g充填しておりますが、今日抜けたのは588g。  ということは212g(27%)抜けてしまっていました。

規定量のガスを入れて 吹き出し口温度を測定すると11.7度と作業前に比べて2.3度下がりました。


170831217083111708313


evooyaji at 19:15|PermalinkComments(0)

2017年07月19日

996 マフラー調整

2004年式ポルシェ996カブリオレ
「マフラー出口の高さ(バンパーとのクリアランス)が左右アンバランスになってしまった」と入庫いただき
先日エンジンマウントを交換しましたが、左右とも均等に20ミリほど上がり、左右のバランスは悪いままでした。

ならば、次は垂れている(低い方)出口近くにあるバンドを緩めて調整を  と思いましたが、バンドのボルトがサビサビのため、新品バンドを用意してから 仕切りなおし。

本日バンドが入荷しましたので、早速作業開始。
恐る恐るサビサビのナットにアクセスし、緩めてみると 以外や以外 上手く緩んでくれました。

二人がかりで古いバンドを外して、新品バンドに入れ替え、調整開始。
何度かのトライで上手い具合に調整出来ました。

最後の微調整は、エンジンマウントメンバーのナットを緩めて元の位置に調整。 ここは、当店では触っていないところですが、元の位置からずれているのが明らかでしたので、位置合わせ。
                          これで、完璧ですね。
しばらく走っていただき、熱が入ったところで再調整したら、完成の予定です。


evooyaji at 17:36|PermalinkComments(0)

2017年04月15日

ボクスターとタイヤの値上げ

またまたポルシェ ボクスターの続き。
入庫いただいた時に右前タイヤのエアーがゼロでした。
いわゆるパンクした状態。
エアー無しの状態で走ってしまったので、修理不能です。  まあ、ひび割れも酷かったので 交換するタイミングでもありますから結果オーライ。
ポルシェ認証タイヤの中から ミシュランとBSで見積もり提出。
選んでいただいたのは、BS ポテンザS02A 
パターンは古いタイプですから 「製造年月日が気になる」 と言われるお客様もみえますが、今回届いたのは2017年製造ですから出来立てホヤホヤですよ。
BS、ミシュランでは どのパターンを発注しても 正規ルートである限り 製造から5年(BS)、4年(ミシュラン)以内ですので 安心です。

先日の作業時に写真1枚目のとおり フロントダンパーのバンプラバーが劣化し、割れてきていました。
これが進むと バンプラバーが砕けて 無くなってしまいます。 
次の 機会には(入庫時)ダンパー交換も含めて 何らか対策が必要ですね。

写真2枚目は、マフラーテールエンドのバンド部がサビで腐食し、形が無くなりつつあります。
ここも 何らか対策せねば。


あ、ここで、大切なお知らせを。
近日中にタイヤメーカー各社が値上げいたします。
             BSは、6月1日から6〜8パーセント
近日中にタイヤ交換を予定されている方は、駆け込み需要が予想されます、それによる欠品もあるかもしれませんので、お急ぎ下さい。 


17041511704152

evooyaji at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月14日

ボクスター続き

1704141お預かりしているポルシェ ボクスター、本日パーツが揃いましたので、作業再開。
用意したのは写真1枚目のフードロックモーター(アクチュエーター)、緊急用ノブ(コード)、フロントエアーダクト左右、右リアラバーリップです。  この内3点はアンダーカバー系のパーツで、いわゆるシャシー(アンダーカバー)に付く樹脂製又はゴム製のパーツです。  これらが無くなっていたり(千切れて脱落)、千切れて垂れ下がった状態でしたので、リフレッシュ。

写真2枚目 右フロントエアーダクト。  上が新品、下が外したものですが、取り付け部の片側が無いため、垂れ下がって付いていました。  反対側の左は、1センチほどの破片が2個となっていました。

写真3枚目 千切れた緊急用ノブ(コード)、もちろん上側が新品です。

写真4枚目は、4ホイールアライメント測定、調整のご依頼で、ルーフCR3.4と入れ替えでお預かりしたアウディTT- Qロードスター(8S) 
このオーナー様の車両で4台目のホイールアライメント作業でしょうか。  
              何台も ご依頼いただけて 嬉しい限りです。


170414217041441704143



evooyaji at 19:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月11日

ルーフ アライメント

本日1台目の作業は、ルーフCR3.4 (964) 4ホイールアライメント測定、調整のご依頼。
基本足廻り(アーム類)はポルシェですから、964の構造、調整方法が解っていれば、対応可能ですね。

写真1枚目は、4ホイールアライメント測定、調整後。 

かわって2台目は、2004年式ポルシェ ボクスター、フューエルフラップ(給油口の蓋)のロック不良とのことで入庫いただきました。
右前のタイヤホイールを外し、フェンダーインナーライナーを外して確認するのですが、ここで右ヘッドライトのカプラーが1箇所外れていました。 (写真2枚目)
これは光軸調整用のカプラーでしょうか?
           誰だ〜、付け忘れたのは!
ひょっとして、これを正しく付けると 何か不具合が出るのか? (例えばヘッドライトECUが壊れていて、おかしな現象が出てしまうとか)


17041121704111


evooyaji at 22:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月15日

ボクスター フィルターと

2003年式ポルシェ ボクスター(986)ポーレンフィルターとワコーズ エアコン添加剤PAC-Pのご注文をいただきました。
PAC-Pについては、添加するだけ  ですから、悩むことなくサクサクと。

一方ポーレンフィルターについては、この986後期 よく判らないんです。
ポルシェ純正品は、2種類の大きさに対応できるように 作られていますが、社外品ですと それぞれ別設定されているメーカー(ボッシュ等)もあり。
つべこべ言わず ポルシェ純正品を手配すれば済むことなんですが、12960円と とっても高価。

現車確認し、車両側のケース寸法を測定して 特定しました。
社外品にてコストダウン、でも 質を落とさないように チャコールタイプを選択します。



evooyaji at 10:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月20日

RUF バランス調整

ポルシェ911 3.2カレラ(930)  「ステアリングが僅かに振動する」 とのことで入庫いただきました。
原因は色々と考えられますが まずホイールバランス調整をしてみることに。

この車両はRUFのcr3.4 コンバージョンキットが組み込まれていて、外装もRUF
前後バンパー、ホイール、サスペンションなどなど。  
           チューニング費用は、  いったい幾ら位かかっているのでしょうか?

バランス調整は、左右とも10グラムのアンバランスがありましたので、これで良くなりそうですね。




evooyaji at 10:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月25日

ボクスター LLC漏れ

先日積載車にて入庫いただきた2004年式ポルシェ ボクスターS  
原因究明し、パーツの手配をし 入荷待ちとなっておりましたが、本日入荷。
すぐに作業にかかり、はい完了。  でも ここから また長〜いエアー抜き作業ですね。

写真1枚目 漏れているブリーダーバルブ。

写真2枚目 用意した新品パーツです。  ボルト、Oリング2個もセットとなっています。

ついでに お客様から伺っていた 足回りからの異音も試運転で確認。
中古車屋さんでは、「ダンパー(シャックアブソーバー)が悪いので 交換が必要・・・」 と言われたそうですが、
私とメカニックが試運転し、二人とも「ダンパーからの異音でないのは 確かだと思う」 と二人の意見は一致しました。
ならば 確認と色々見ていくと ここだ と思われるところを発見。

これ、ビンゴだと思いますが、まだ 未確認(試運転できていない)

             これで直れば きっと お客さまに 喜んでいただけることでしょう。

16082521608251

evooyaji at 19:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)