BMW

2023年03月02日

F30 コーティングと

車検整備で お預かりしております、BMW 318i (F30) 最後の仕上げはボディーコーティングとバッテリー交換。
コーティングは いつものように専門業者さんに当店まで出張していただき、施工。 今回は2人がかりで2日に分けての作業となりました〜。  そのおかげで、ボディーはピカピカ、ヌメヌメ、ツルツルです。

バッテリーについては、充電を繰り返して、持ち直すかに見えましたが、CCA値71%までしかならず、交換となりました。
                 これにて 完成です。



evooyaji at 10:45|PermalinkComments(0)

2023年02月25日

久しぶりに

今日は久しぶりに 朝から晩まで 作業予約が入りました〜。
アルピナD3 エンジンオイル、オイルフィルター交換からスタートし、アウディA3 エンジンオイル交換、ポルシェ マカンGTS スピードセンサー交換、BMW320D エンジンオイル交換、トヨタ ヴォクシー車検整備と続きました。
あまりの忙しさで、私はブログ用写真撮影ができず。 今日は写真なし となってしまいました。





evooyaji at 17:43|PermalinkComments(0)

2023年02月21日

318 F30 ATF交換

23022112018年式BMW 318 (F30)  今日の作業はATF交換です。
この8速ATは、ATオイルフィルター(ストレーナー)とオイルパンが一体となったタイプの為、樹脂製オイルパンASSYの交換となります。 このパーツはBMW純正品ではなく、社外品を選択いたしました。 固定するためのアルミボルトも13本 同時交換です。
このボルトの締め付けはトルクと角度管理となっています。 また締め付けの順も指定がありますから、間違えないように 予めオイルパンに養生テープにて番号を記入して貼り付け。 このひと手間で、順番を間違えることはありませんね。

写真1枚目 ATオイルパンの新旧。

写真2枚目 オイルパンが外れた状態。 バルブボディーが見えております。

写真3枚目 新油を注入し、油量のチェックとなりますが、スタート時のATF温度30〜40℃と油量チェック時のATF温度40〜50℃と2つの温度管理が必要です。 またオーバーフローさせて量調整には、60秒のカウントも必要です。


23022122302213


evooyaji at 17:29|PermalinkComments(0)

2023年02月18日

3er F30 車検整備

23021822018年式BMW 318 (F30) 車検整備にて ご入庫。
エンジンオイル、ATF、デフオイル等の交換も伺いました。

パーツが入荷したものから、作業を進めます。
まずはエンジンオイルフィルター、ポーレンフィルターが入荷。
エンジンオイルはモチュール8100を使用いたします。 このエンジン、オイルフィルターを脱着するのにエンジンハーネス(配線)が邪魔をしております。 これらのクランプを外して、よけながらの作業です。

写真1枚目 外したオイルフィルターです。

写真2枚目 左が外したポーレンフィルター、右が用意したマンフィルター フレシャスプラスです。

写真3枚目 外したポーレンフィルターは 御覧のとおり、良い仕事をしてくれました。

23021842302183

evooyaji at 13:16|PermalinkComments(0)

2023年01月21日

ミニ F55

23012112018年式ミニ クーパーS 6M/T 先日エンジンオイル交換していただいた車両ですが、その際にガス漏れ(コンプレッサーオイル漏れ)していたエアコンホースが入荷しましたので、再入庫いただきました。

このホースを交換するには、フロントバンパー脱着が必要です。 また樹脂製のフェンダーアーチが付いておりますので、これもバンパーと一緒に外します。 ここまでの作業を1時間ぐらいであろう と予想しておりましたが、実際には1時間半。 またまだ修行が足りませんね。

バンパーが外れれば、写真1枚目のとおり、オイル汚れが有るエアコンホースがよく見えます。この段階でコンデンサーには問題がないであろう と判断し、一安心。
エアコンガスをテクサ 780R にて回収し、ガス再生。(写真2枚目)

写真3枚目 外したホースと新品ホースを並べて撮影。

写真4枚目 バンパーを仮付けして、真空引き、圧力チェック、ガス補充と進みますが、回収したガス量は規定の480gから30%ほど少なくなっておりましたので、この足らない分は新品ガスを補充。

問題なく、作業終了。 あとは、この状態が維持されればOKですが、ガス量が正規の量となり、低圧が高くなったので、別の個所から漏れないことを祈るばかりです。


230121223012132301214




evooyaji at 13:02|PermalinkComments(0)

2023年01月06日

1月6日ですがミニの日

23010613月2日ではありませんが、今日のエボリューションは ミニの日 でした。
朝一番は当店に初入庫いただきました2018年式 ミニクーパーS M/T (F55) エンジンオイル、オイルフィルターにて ご入庫いただきました。 作業は問題なく進みましたが、作業中の下廻り確認で、エアコンホースからコンプレッサーオイルが漏れているのを発見。 コンプレッサーに繋がる部分のカシメ部からです。 また このホースの先を見ると、コンデンサーとの接続部からも、さらに沢山漏れがあるようで、少なくても2ヶ所からの漏れ。
パーツリストから品番を調べて、価格検索。  見積をすると、即答でご注文いただき、パーツが入荷しだい再入庫いただくこととなりました。

本日2台目は2018年式 ミニ JCW (F56) こちらはエンジンECUチューニング、デジタルスピードの施工で ご入庫いただきました。
OBD競檗璽箸らエンジンECUの読み込み、書き込みが出来る車両と 出来ない車両が混在する との情報でしたが、この車両は、出来ないタイプでしたので、写真のとおり、エンジンECUを外して、ベンチプログラムとなりました。

これのブログを書いていて、気が付いたのですが、どちらの車両も2018年式で同じですが、生産月も9月生産車で、月まで同じでした〜。

evooyaji at 18:59|PermalinkComments(0)

2023年01月05日

2023初仕事

23010512023年初仕事はアウディA6アバントクワトロ エンジンオイル交換からスタート。
いつもオイル交換させていただいている車両ですから、スムーズに進みます。
              今回はオイルフィルターも交換。

続いて2台目は、BMW Z4 昨年12月にご注文いただき、10日ほどで入荷したタイヤ交換です。
225/45-17と255/40-17の組み合わせで、ミシュランかBSが良い・・・とのご希望でしたが、ミシュランは欠品中で納期未定。BSは欠品中でしたが12月中に生産予定 となっており、BS S007A となりました。

このリアサイズが曲者で、選択肢が絞られてしまうんです。(写真1枚目、2枚目)

写真3枚目 外したリアタイヤ ツルツルです。

写真4枚目 フロントは残り溝があるのですが、ひび割れが入り始めておりましたので 同時交換となりました。

      先月初めにオイル漏れ修理をした所は、ばっちり完治しました。

230105423010522301053

evooyaji at 19:43|PermalinkComments(0)

2022年12月15日

M140 F20 パッド交換

22121512019年式 BMW M140i (F20)夏タイヤからスタッドレスへの脱着作業で、リアブレーキパッドの残量が少ないのを発見。 もうすぐ パッド摩耗センサーが働く状態でした。
お客様に伝えると、「早急に交換しておいて。 今のはダストが多いので ホイールが汚れにくいのがあれば、そういったのが良い。 まかせるから・・・」と。
そのような要望で、しかも効きを悪くしたくないマルチポッドキャリパーの方には、ジガプラス ブレーキパッドをおすすめしております。 

パッド摩耗センサーも同時交換し、CBSのリセットもきっちり行います。





evooyaji at 17:36|PermalinkComments(0)

2022年12月09日

Z4 オイル漏れ修理 2

2212093昨日からの続き作業です。
エンジンアンダーカバーを外したところが、写真1枚目。 こんな感じで、オイルでベトベト。
このあたりも もちろん洗浄しました〜。

写真2枚目 外したシーリング部(ゴム製ガスケット)は、ぺっちゃんこです。

写真3枚目 溝を清掃し、新品シーリングを入れると、こんな具合です。

このあとエンジンオイル交換、LLC注入と進め、暖機、冷却、LLC補充を何度か繰り返したら、試運転をして、確認し アンダーカバーを取り付けて終了。

22120912212092


evooyaji at 16:12|PermalinkComments(0)

2022年12月08日

Z4 オイル漏れ修理

22120812015年式 BMW Z4 (E89) 「エンジンオイル漏れがある」とのことで、ご入庫いただきました。
現車確認するとエンジンオイルフィルターハウジング(以下ハウジング)廻りから かなりの量が 長い間 漏れ続けたようです。 アンダーカバー、エンジンオイルパン、ステアリングギアボックス、フィルターカバー廻り、エンジン前側等がオイルでベタベタ。
              そこら中にオイルの雫がありました。
まずは、エンジン全体を洗浄し、ハウジングのオイルシール2個を交換してみることに。

写真1枚目のパーツを用意してスタート。 これ以外にエンジンオイルもモチュール8100にて交換します。

写真2枚目 アンダカバーは御覧の通り。 グラスファイバーにオイルが染み込んでおります。

写真3枚目、4枚目 エンジン前側はオイルが厚い層となり、洗浄剤と歯ブラシを使って、3人がかりで1時間以上清掃。 厚み5ミリほどのオイル汚れでネチョネチョでした。
       これ パーツの交換よりも、洗浄の方が時間がかかり 大変ですね。

221208422120822212083



evooyaji at 19:09|PermalinkComments(0)