BMW

2021年08月28日

W124とF10

21082811994年式メルセデスベンツE280 (W124) オーバーヒートにて緊急入庫いただきました。
エアコンが効かなくなり、水温計を見ると120℃になっていた」「LLCが少なかったので3リッター補充した」とのことです。 非接触温度計で各部を測定するとラジエターアッパーホース110℃、ロワホース68℃ ラジエター本体は最近交換済み とのことでした。ファンも問題なく回っておりますので、サーモスタット又はウォーターポンプあたりに目星を付けました。 ウォーターポンプ廻りの温度を重点的に測定していくと どうやらポンプはよさそうです。
ということで、サーモスタットを外して単体テスト。
写真1枚目 電磁調理器でグツグツ煮込みます。 70℃、80℃、90℃ でも開き始めず、お湯が沸騰しても 全く開かない。 これは、わかりやすい。

まずはサーモスタットと純正ではないグリーンのLLC(写真2枚目)が入っておりますので これらを交換して、再度他の部分に不具合がないか、確認することとしました。


替わって本日2台目 2012年式BMW 523d (F10) エンジンオイル、ポーレンフィルター交換で ご入庫いただきました。 オイルは いつも使っていただいているモチュール8100を使用。 ポーレンフィルターは純正品を調べると22440円、社外品も これに合わせて高価。 マン製フレシャスフィルターが中間の価格。 お客様に相談すると、「フレシャスフィルターで・・」と決めていただきました。 このフィルターはロールスロイス数車種と同じものとのことで、なんだか納得。 
写真は外したBMW純正品。 フィルターは2個付いており、一般的な車両の2倍の表面積です。

       最後に診断機を接続し、CBSのエンジンオイルをリセットして完成。


21082822108283

evooyaji at 19:06|PermalinkComments(0)

2021年08月07日

435とゴルフ8 ドラレコ

2108071朝一番は2014年式BMW 435 グランクーペ (F36) エンジンオイル、オイルフィルター交換からスタート。
1カ月程前にH&Rのコイルオーバーキットを取り付けさせていただいた車両です。
交換後の乗り心地について、奥様にも気に入っていただけた とのことで、よかったです。


2021年式VW ゴルフ8 eTSI Rライン ドライブレコーダーの取り付けで ご入庫いただきました。
選んでいただいたのは もう1台のレクサスUXに取り付けさせていただいたものと同じ、ユピテルの指定店専用モデルSN-SV70dです。

当店初入庫、初作業のゴルフ8ですから、あらかじめ配線取り出し口を純正ドライブレコーダーの取説から正規ディーラーのW氏に教えていただき、準備万端。

取付位置は、フロントガラス中央にカメラ等があり、また この左側にもセンサーがありますから右側に取り付け。

完成写真を撮影するつもりでしたが、バタバタして撮影できず。

続いて2017年式アウディA4 オールロードクワトロ、ワイパーブレード3本交換。
前回の交換はアウディ純正品で 行いましたが、今回はボッシュ製をご指定いただきました。

当店では純正品もボッシュ製の社外品も どちらでも取り寄せ可能です。

今日も1日中蒸し暑い名古屋でしたが、作業は どれも順調に進み 丁度17時には終了。 この時間になり、少し曇ってきたこともあり、ちょっとだけ暑さが和らいだか。





evooyaji at 18:07|PermalinkComments(0)

2021年07月31日

アライメントとエアコン

2107311今日の作業予約は4ホイールアライメント測定、調整が2台。
まず1台目はBMW 435グランクーペ 先日H&Rのコイルオーバーキットを取り付けさせていただいた車両。 約1ヶ月の ならし が終了しましたので、仕上げのアライメント調整を行います。

いつものようにアライメントテスターのセンサーをBMW専用治具にてホイールの穴(アライメントテスター用の穴)に差し込んで固定。

その治具部分が、写真1枚目から順番にアップになっていきます。
写真3枚目でホイールの穴に刺さっているのが よく分かりますね。


替わって写真4枚目はアウディA4 オールロードクワトロ、エンジンオイル交換、エアコンリフレッシュ作業です。
写真はエアコンリフレッシュ作業中です。 作業前吹き出し口温度11.7℃から作業後は7.8℃になりました。

本日3台目は、アウディTT (8J) 4ホイールアライメント測定、調整と今日は連続で作業。

            皆さん ご入庫ありがとう ございました。


210731221073132107314


evooyaji at 11:28|PermalinkComments(0)

2021年07月29日

ジャッキアップポイント

21072912006年式 BMW 130i 6M/T 先日「サイドステップの下側をぶつけてしまった。 シャッキアップポイントが取れてしまった」とのことで、 ご入庫いただき 確認すると、左前ジャッキアップポイントの樹脂パーツが欠落、左後は一部が砕けた状態でした。 サイドステップは前方部分が一部割れています。

ボディ側には問題ないので、左側の樹脂製のパーツ(ジャッキアップサポート)を前後用意すればOKです。
残っている後側から品番を読み取り、価格検索すると 品番変更になっておりました。 この新しい品番は、右側の前後パーツと同じ品番。
ということは、4個とも同じものでOKなんですね。

パーツが入荷しましたので、本日再入庫いただき、取り付け。
前側はクリップの1ヶ所が残っていたので、これを取り除き、用意したものを嵌めるだけ。

後側は、2ヶ所のクリップ部のカエシを上手く押し込んで、無事に外れました。 念のため外れたボディ側に小指を入れて確認すると中からクリップ2個発見。   ここのパーツは以前にも交換歴があるようで、 その時から中にクリップ部が入ったままになっていたんですね。

苦労して小さな穴から取り出した破片は、やはりジャッキアップサポートの一部分(今日外したパーツには付いている部分)でした。
こちらも 用意したパーツをパッチと嵌めて終了。

写真1枚目 用意したBMW純正パーツ。

写真2枚目 割れてしまったサイドステップ。 


2107292





evooyaji at 14:39|PermalinkComments(0)

2021年07月03日

F36 H&R 車高調 取付

21070312014年式BMW 435 グランクーペ サスペンション交換で ご入庫いただきました。
5月中頃に ご注文いただきましたが、ご指定のH&Rコイルオーバーキットは国内在庫が無く、本国発注。 先月末に入荷しましたので、早速取り付けとなりました。

写真1枚目 用意したパーツ一式。 フロントのアッパーマウントのみ社外品を使いましたが、他はBMW純正品です。
社外品は安価ですが、品質が悪いものも多く出回っていますから、信頼できるメーカーで、信頼できる仕入先から入手可能な場合のみ選んでいます。

写真2枚目 フロントの新旧。 H&Rは 真面目に作りこまれており、フロントダンパーは倒立式を採用し、ショートケースにも なっております。

写真3枚目 フロント取り付け。 

写真4枚目 リアダンパー新旧。 こちらもショートストロークになっています。

写真5枚目 リア取り付け。


2107032210703321070342107035


evooyaji at 17:43|PermalinkComments(0)

2021年06月12日

435から

2106121今日のエボリューションは久しぶりに予約一杯となりました。  皆さんありがとう ございます。
1台目は2014年式BMW 435 グランクーペ (F36) 先日入庫いただいた際に、「バンパーモールの右2個が脱落してます」と お伝えしたところ、即ご注文いただいたのですが、2個の内片方が日本国内在庫なし、本国オーダーとなっておりました。
それから1ヶ月弱で 無事に入荷。 本日取り付けさせていただきました。

            メインの車高調整キットは 今月末 入荷予定。

続いてマツダ デミオ 当店の新代車。 エアコンリフレッシュ作業を行いました〜。
回収したガスは265g と 規定量500gから235gも少ない状態でした。 これでは、効きが悪くて あたりまえですね。
この作業は始めに機械を接続し、各種設定したら、あとは、全て機械が自動で進めてくれますので、メカニックは別の作業にかかれて、とっても便利。

隣でニッサン エルグランドのベルトとテンションプーリー交換。
元ニッサン メカニックの長男がサクサクと作業。

同時進行でスバル レガシーツーリングワゴンのフラップとクリップ取り付け。

        今日のレジ担当の私は大忙し。  毎日 こうなら良いのですが・・・。

写真1枚目 435の作業前。

写真2枚目 435のモール取り付け時に奥(インタークーラー前)から取り出したゴミ。 これはピッキングツールで摘まみ出したもので、これ以外にも沢山ありましたが、掃除機の中へ。

写真3枚目 435完成。

写真4枚目 デミオの作業中。

写真5枚目 このアンテナで吹き出し口温度データを受信しています。

写真6枚目 エルグランドの用意したパーツ。 ベルトだけでなく、プーリーも同時交換して正解でした。

21061222106123210612421061252106126





 


evooyaji at 18:58|PermalinkComments(0)

2021年05月22日

F10 エアコン修理

21052212012年式 BMW 523d (F10前期)先日「エアコンが効かない」とのことで、ご入庫いただきました。
この車両2年ほど前にエアコンリフレッシュ作業をさせていただいているのですが、その際に「コンデンサーにオイル染みがあります」と お伝えしておりました。
その時は回収ガス量が133gで、充填は規定量の850gでした。

今回確認すると コンデンサーに明らかな染みがあります。  
これは コンデンサー交換するしかないですね。   ということで、品番を検索すると純正パーツは2回ほど品番変更されていました。  何らかの問題が有ったということですね。

社外品とBMW純正品の両方で お見積。 
             結果 選んでいただいたのは、BMW純正品です。

このコンデンサーはレシーバ−ドライヤーと一体になっておりますので、あとはシール2ヶ所を用意すればOK (写真1枚目)

交換作業はコアサポート上部をばらして、ラジエターを奥側にずらしておいて、コンデンサーを上に抜き取ります。 よって フロントバンパーは脱着不要で できました。(写真2枚目)

写真3枚目 外したコンデンサーは3ヶ所ぐらいから漏れていたようです。

最後に20分間 真空引きし、850g ガス充填。 (写真4枚目) 今回作業前に回収したガス量は なんと7gのみ。 


 

210522321052222105224




evooyaji at 13:25|PermalinkComments(0)

2021年04月02日

M2 パッド交換

2021年式BMW M2コンペティション(F87) ブレーキパッド交換のご依頼をいただきました。
各ブレーキパッドメーカーの適合表を確認すると1社のみ設定あり。 念のため他の数社も電話で確認しましたが、設定無し、未定とのこと。 (純正パッドを用意しての張替え対応なら可)
ならば、1択となりましたが、在庫確認で納期2か月ほどとのこと。
お客様と相談し、バックオーダーとなりました。

それから待つこと1か月。 なんと早くも入荷。 

早速 本日取り付けとなりました〜。
写真1枚目 用意したディクセルMタイプ パッド前後。

写真2枚目 フロントは何も問題なく作業が進みます。 6ポッドキャリパーを外して、内側からパッドを脱着しますので、アルミ製で軽い といっても それなりに重いので、二人がかりで進めます。

写真3枚目 リアは4ポッドキャリパーで こちらはピンを抜き取るだけでパッド交換できますので、簡単、簡単と 思っていましたが、摩耗センサーで要加工となりました。
写真をよく見ていただくと判るのですが、センサー取り付け部の形状が違っているのです。
なので、センサーが付属していると思われますが、このM2コンペティションではセンサー配線が短くて届きません。 なので、当初の予定どおり純正センサーを再使用するのですが、形が違うので入らない。 パッド側をやすりで削り、形状を合わせて、取り付け。 幸いにして単純な形状でしたから手作業で対応できました。

この車両 納車から1か月以上経過しておりますがオドメーターは300キロ。
       何台も複数所有の方は 距離が伸びなくて良いですね。


210402121040222104023




evooyaji at 16:53|PermalinkComments(0)

2021年03月21日

F20 タイヤ交換

2016年式BMW 118d Mスポーツ (F20) タイヤ交換で ご入庫いただきました。
今までのタイヤは新車装着のBS S001 RFT(ランフラット)225/45-17、245/40-17ですが、今回はパンク修理キットを搭載して、通常タイヤでいくこととなりました。
3種類の見積から、選んでいただいたのはコンチネンタル プレミアムコンタクト6 
         乗り心地重視で選んでいただきました〜。

                 昨日から2日続けてBMWのタイヤ交換でした。


evooyaji at 12:43|PermalinkComments(0)

2021年03月20日

E30 タイヤ交換

1990年式 BMW 325i 4ドア (E30) ドルフィンメタリック  タイヤ交換で ご入庫いただきました。
この車両のサイズは195/65-14 で、純正装着のダンロップM2、 ミシュラン(銘柄失念)、ピレリー(銘柄失念)は速度レンジVタイプ(最高速度240Km/hまで)でした。
ところが、今は このサイズ自体 なかなか設定が無く(生産中止となっている)、速度レンジVタイプは現存せず。 速度レンジHタイプで選ぶしかありません。
また このHタイプでも、各社ともミニバン、RV用のみとなります。
見積もりにてダンロップ RV504 、トーヨー mpZ 、ブリヂストンPX-RVの中から選んでいただいたのは、RV504 です。 

今までのタイヤは4年前に購入いただいたファルケンZIEX912 で、この時 唯一の乗用車用Hタイプでした。

今度のRV504と比べるとドライグリップは悪くなってしまいますが、レイングリップは良くなります。

お客様の ご希望は、「とにかくレイン性能を上げたい」とのことでしたので、ご満足いただけるものと思っています。

 

evooyaji at 18:08|PermalinkComments(0)