BMW

2017年12月09日

アライメント2台

今日のエボリューションは、今シーズン 最も予約が詰まった1日でした。
いくつもの作業をこなしましたが、ホイールアライメント作業もスバル フォレスター、BMW 118d と2台連続となりました。

といっても どちらの車両も1年前に測定、調整済みですから、微調整でいけますので、スムーズに進みます。

この2台のように 定期的に調整をしていくと 良い状態を維持できますね。


1712091



evooyaji at 13:03|PermalinkComments(0)

2017年12月02日

さびが・・・

作業で お預かりしたBMW523d (F10) ホイールを外すと、ハブ部分がさびさびでした。
このままでは、ホイールとハブが固着して、{ボルト5本を外してもホイールが外れない}といった ことになりかねません。(写真1枚目 参照)   
サビを落として、防錆対策としてワコーズ スレッドコンパウンドを塗布。(写真2枚目 参照)
                      これで、安心ですね。

17120211712022

evooyaji at 13:25|PermalinkComments(0)

2017年11月22日

E87 バッテリー交換

2006年式BMW 130 6M/T (E87) バッテリー交換です。 前回入庫いただいた際にセルモーターの回り方が 弱い気がしたので、バッテリーコンダクターテスターにて測定すると、これは 即交換しないといけない数値。
新品時容量の70%を切っていますから・・・。

これがAT車であれば、エンジン始動できなくても不思議でないほど。

早速、2種類のメーカーで見積をつくり、選んでいただいたのはボッシュ シルバーバッテリー。
お客様から 「今朝の始動時に危うい感じだった」 とのことでしたが、上がってしまう ぎりぎりに交換できて良かったです。  

このところ名古屋も冷え込んできましたので、皆さん バッテリーのチェックいかがですか。
 
         ご来店いただきましたら、ミドトロニクス製テスターにて診断いたしま〜す。  

evooyaji at 19:50|PermalinkComments(0)

2017年11月11日

BMW MTオイル

17111101BMW 130 E87 整備色々と。
その中で6MTのミッションオイル交換。  以前 交換しようとオイル(1リッター缶)を注文すると欠品中とのこと。
5リッター缶なら在庫あり でしたが、必要なのは2リッターなので この時はパス。

               今回は1リッター缶を2本用意して無事に作業完了。 

evooyaji at 17:46|PermalinkComments(0)

2017年11月02日

M3 F80 エンジンオイル交換

以前に4ホイールアライメント測定、調整をさせていただいた2015年式BMW M3 (F80)
今日はエンジンオイル交換です。
このS55B30Aエンジンもレベルゲージが付いていませんが、モニターにてレベルチェックができますので、当店でも対応可能です。
最新BMWの中には、車両のモニターでもオイルレベルが見れなくなってきておりますので、専用テスター等がないとオイル交換さえできなくなってしまいますね〜。

そろそろMB、BMW用のテスター(汎用診断機)を用意しないと・・・・・

写真2枚目 美しいカーボンのストラットタワーバーです。  カーボンの柄(編みこみ)が大きいのが特徴的。

写真3枚目 私は初めてしりましたが、ストラットアッパーとバルクヘッド?を繋ぐようにアルミの補強(これもタワーバー)が入っているんですね。


171101117110121711013


evooyaji at 17:59|PermalinkComments(0)

2017年08月31日

E30と993

BMW E30 の続き作業はヘッドライト光軸調整から。
この車両は元々室内より手動で調整ができる調整ダイヤルが付いておりますが、機能しておりません。
まあ、27年前の車ですから これはなかったことにしてと。
光軸テスターで測定しながら、調整していくのですが、この車両のボンネットは前ヒンジ。  よって調整時にはボンネットを開けて、測定時にはボンネットを閉めてと・・・・う〜ん やりにくいですね。

左右とも調整ネジ 一杯まで動かして なんとか終了。

写真1枚目 新調したBMW純正オプションアルミ。

かわって写真3枚目は、ポルシェ993カレラ ティプトロ バッテリー上がりで積載車にて昨日入庫いただきました。
バッテリーのCCA値を測定しようとしましたが、内部セルが1箇所壊れており測定不能。  電圧は8ボルト。

「バッテリーは2年前に交換済みでガレージ内で常に充電器が繋いだ状態だったのに・・・」 とのことです。
これは、オルタネーターが悪いのか、はたまた充電器が壊れたのか? 

とにかくバッテリーはダメなので新品に交換してから原因を探ることに。

本日バッテリーが入荷しましたので交換し、暗電流を測定すると とんでもない数値。
          これは 何処かで電気を大量に消費しています。 
ヒューズボックスから41本あるフューズの怪しそうなものから順番に抜き取れば判るよな と思い蓋の裏側を確認していると、あれ左ルームランプが点いています。 
昼間で廻りが明るく、またLEDに交換されているので、気がつきませんでした。

では このルームランプを消すとクランプメーターの数値は まともになりました。
                       簡単に解決できて 良かった〜。  

このあと 序でにエアコン リフレッシュ作業。  この車両は約4年前に当店で134aガスを800g充填しておりますが、今日抜けたのは588g。  ということは212g(27%)抜けてしまっていました。

規定量のガスを入れて 吹き出し口温度を測定すると11.7度と作業前に比べて2.3度下がりました。


170831217083111708313


evooyaji at 19:15|PermalinkComments(0)

2017年08月30日

メーターギア 入荷

昨日発注したギア3個が入荷し、別ルートで発注した純正バルブ(メーター照明用)2個も入荷。
早速 交換作業開始。  どのギアもフニャフニャ、クタクタですからシャフトから簡単に抜けましたが、一番小さい12歯だけ中心に金属スリーブがあり、これが抜けずに残ってしまいました〜。
              これ どうやって抜いたらよいのか?  
しばらく考えて 手持ちの工具で一番小さいプーラーを使い ぎりぎりクランプできましたので、なんとか外せました。
ここさえクリアできれば あとは逆の手順で スイスイと。

シャフトへの差込具合でギアのかみ合わせを調整し 完成。
仕上げに メーター照明用のバルブ2個と この部分のオレンジカバーを清掃して 車両へ組み込み。

試運転で 無事に全てのメーターが動くのを確認。
              ふ〜無事に出来上がりました〜。   年数が経過した車両は いつも以上に気を使って とっても疲れます。        代わりの部品(新品部品)が無いものが多いですから・・・・。

試運転後は、用意してあった純正アルミホイールと新品タイヤに付け替えて 4ホイールアライメント測定、調整。
明日はヘッドライト光軸調整をして出来上がりの予定となりました。

このアルミホイールは当店に在庫があったE30 純正アルミ(オプション品)を塗装しました。  これでスチールホイール+フルホイールキャップからアップグレードしましたよ。 

17083011708302

evooyaji at 12:04|PermalinkComments(0)

2017年08月29日

トリップとオド 動かない

1990年式BMW 325iA (E30)  「トリップメーターとオドメーターが時々しか動かない」 とのことで入庫いただきました。
これは このあたりの年式のBMW、MBで よくある不良。  メーター内のギアが破損しているに違いありません。
このE30では2種類の供給メーカーがありますが、現車確認すると この車両はVDO製。

こちらのVDOですと 修理に必要なギアのタイプが複数存在するためメーターをばらして 現品確認が必要なようです。
ということで メーターASSYを車両から外して、分解バラバラ。
何分 古い樹脂パーツですから とっても気を使いますね〜。  一歩間違うと割れてしまったり、砕けてしまったりしますし、分解すると他の部分が悪くなる(今まで動いていた部分が動かなくなるなど)ことも有るようですので、慎重に慎重に進めていきます。
沢山のタッピングビスを外しますが、全てのビスが元の位置に付けれるように それぞれの位置に置いておきます。   
また組み付け時には、各種端子部を めん棒に接点洗浄剤を付けて磨いてから、さらに接点復活材を塗布して組み付けていきます。

写真2枚目 目的の3個のギアが見えました。   一番小さい12歯ギアが欠けています。
この状態で 動く時があったのは、車体の振動で動いていたのか?
             欠けていない部分も ギアの形は なんとか残っていますが、磨り減ってしまったのか 次の(隣の)ギアに届いていない(かみ合っていない)状態ですからね〜。


また 他の2個は形があるもののフニャフニャです。  経年劣化により こんなに柔らかくなるものなのか と思うほど柔らかくなっています。  ノギスで外径を測る際も潰れてしまって なかなか測れないほどなんです。

何はともあれ、3個のギアの径と歯数を測定し、即発注。
3個とも在庫あり で翌日には入荷予定となりましたので、ほっと一息。

17082921708291

evooyaji at 11:01|PermalinkComments(0)

2017年07月17日

E30 Part5

お預りしておりますBMW 325iA E30 いよいよ最終作業へと近づいてきました。
今日はヘッドライト キャンセラーです。
ヘッドライトをハロゲンからLEDに交換したため 球切れ警告が出てしまうので、対策です。

いわゆるキャンセラーが必要となりますが、LEDヘッドライト用の専用キャンセラーを購入し そのまま素直に配線作業。 点灯チェックすると 
              あれ、球切れ警告灯点灯してる〜
この状態で左右の配線にクランプ式電流計にて測定。
そして 片側のみキャンセラーを外した状態にして また電流値を測定。

ここでキャンセラーが殆ど効いていないのを確信。  次にテスターにてキャンセラーの抵抗値を測ると101オーム????
これでは、ハロゲン55ワットからLED交換に対してのキャンセラーの役目を果たせません。

販売元に電話をして 事情を説明し、このキャンセラーの抵抗値とワット数確認すると、現品と全く違う数値。
この時点で発売元は「車種によってはキャンセル出来ないものもある」 との回答でしたが、
私は「抵抗値が設定と全く違っているので返品できますよね」と確認し、返品のお願いを。

次に急いで代品を別のルートで手配。
今度のものは、付ける前(配線前)に抵抗値のチェックをしてみると、設定どおり。
今度は間違いなくOKですから しっかり配線して点灯チェック。
みごと キャンセルできました。    
それにしても 初めの商品を信じきって、チェックせず取り付けたのは 私のミスでした。
          何事も自分でチェック、確認が必要でした。


evooyaji at 00:12|PermalinkComments(0)

2017年07月14日

E30 part4

ドアロックユニット(写真1枚目)とグロメット(写真2枚目)が入荷しましたので、早速作業開始。
ドアロックユニットは、思ったよりも簡単に(それでも1時間以上)交換できましたが、ついでに用意したグロメットが・・・・。
これ 室内のドアロックノブがグラグラでしたので、用意したのですが これがこれが超難儀で なかなか付いてくれません。 メカニックと知恵を搾り出して 二人がかりで やっとの思いで取り付け成功。

4ドア車ですが、左後ろ以外の3箇所がグラグラで・・・
他のドア分は、何かのついでがあった時に(内張りを外す)交換することにします。

本題のセントラルロックは、あれれ?良い時と悪い時があり??
ならば、クラッシュセンサー(ドアロックリレー)を確認するため、キックボードパネルとスピーカーを外します。
ここで スピーカーのネジが3本で止まっており、1本足らない状態。
これは誰かが触っている証拠。  
クラッシュセンサーを取り出して観察すると これまた蓋を こじ開けた痕あり。
             恐る恐る開けてみると、中は何もされておらず、ほっと一安心。
ここから15倍のルーペでハンダ1点ずつ確認し、7箇所ほど修正。

            元に戻して動作確認すると お〜今度は ばっちりです〜。

写真3枚目 当店在庫のE30純正中古ホイールを買っていただきましたがセンターキャップのエンブレムが日焼けしており、別途エンブレムを購入いただきました。
30年ぐらい前のホイールですから、簡単にエンブレムは剥がれるだろうと始めましたが、これが なかなか剥がれない。  一体化しておりました〜。  3人で2時間ほどかかって剥がして、糊あとを綺麗にし、コンパウンドで磨き、コーティング。  新品エンブレム貼り付けは また明日に。


170714117071421707143

evooyaji at 19:51|PermalinkComments(0)