アルファロメオ

2022年09月24日

ジュリエッタ アライメント

2209243先日エンジンオイル交換させていただいたアルファロメオ ジュリエッタ、今日は4ホイールアライメント測定、調整、点火プラグ交換です。

いつものようにメカニックによる試運転からスタート。 
測定作業から調整へと進めます。 リアキャンバー調整をしたら、トゥ調整となりますが、この車両のSST(専用工具)がありますので、比較的スムーズにいきます。 (と、書いていますが、案外時間がかかります)
フロントはトゥのみ左右調整。 全部で6ヶ所調整となりました。

調整後の試運転前に、点火プラグを交換。 アルファロメオ純正品ですが、製造はNGK Made in JAPAN です。   日本からイタリアへ旅をして また日本に。 (アルファロメオとNGKの契約で日本国内でNGKからは販売できないものです)



22092422209241

evooyaji at 15:20|PermalinkComments(0)

2022年09月17日

ジュリエッタとG7 CS TE

22091712015年式アルファロメオ ジュリエッタ (940181) ワコーズ RECSとエンジンオイル交換で ご入庫いただきました。
RECSから始めていきましたが注入途中で、失火してアイドリング不調になってしまったので中断し、診断機でチェックすると3番シリンダーミスファイヤー とでておりましたので、プラグを確認。
走行距離6万3千キロで これは交換が必要です。 とりあえずプラグを清掃して復旧。
続いてエンジンオイル、オイルフィルター交換。
ご指定のオイルは もう一台のアウディTTでも使用していただいているモチュール300V 
              何も問題なく、スムーズに終了。

続いて2台目はVW ゴルフ7 GTI クラブスポーツ トラックエディション 4ホイールアライメント測定、調整にて ご入庫いただきました。
サーキット走行を楽しまれているオーナー様で、アライメントは2回目の調整となります。

今回の測定値、前回の調整値等から オーナー様と相談し、今回の調整値を決めて、作業を進めます。
            5ヶ所を調整して、出来上がり〜。

22091722209173




evooyaji at 12:21|PermalinkComments(0)

2021年07月14日

ジュリエッタ アライメント

アルファロメオ ジュリエッタ 4ホイールアライメント測定、調整。
「左に流れる」とのことですが、左ハンドルですと、道路の(車線の)左隅を走りがちになりますので、どうしても その傾向はありますね。
測定してみるとスラスト角が0度14分でしたので、これを直せば 良くなることでしょう。

右リアキャンバー、リアトゥ左右を調整し、スラスト角0(ゼロ)となりました。

リアトゥ調整には写真のSST(専用工具)を使用いたします。  これで、クイクイと調整するんです。

21071412107142

evooyaji at 13:19|PermalinkComments(0)

2021年05月27日

アライメント 2台

2105271今日は4ホイールアライメント測定、調整の日。
朝一番からはトヨタ ソアラ GZ20 「足廻りのブッシュを全部交換した」とのことで、業者さんからのご依頼です。 
30年以上前の車両ですから、当店アライメントテスターに基準データが入っていないかも?と予め確認すると 心配ご無用 ちゃんとデータは有りました〜。  無いのは初代ソアラMZ10、GZ10 でした。

この車両は 外も中もピカピカで、触るのが怖い程 綺麗です。
話を伺うとエンジンもオーバーホール済みとのこと。 

写真撮影が遅くなり、アライメントテスターのセンサーが外れたところでの撮影となってしまいました。

お次はアルファロメオ ジュリア (AWD) こちらの車両は新し過ぎて、基準データが無いかも?と調べると、あ〜やっぱり無い。  ということでディーラーさんからFAXでデータを教えていただき、テスターに入力。 無事に測定、調整と進みます。

私の記憶では ジュリアの測定、調整をやったことが有る(よってデータが有る)と思ったのですが、実際は勘違いでした。 


2105272

evooyaji at 18:04|PermalinkComments(0)

2021年03月11日

ジュリエッタ アライメント

2019年式アルファロメオ ジュリエッタ 4ホイールアライメント測定、調整を行いました。
当店で用意してあります専用工具を使う機会が訪れました〜。
測定作業後に まずはリアキャンバーから調整。 こちらは偏芯カム式ですので、一般的な調整方法ですね。 ここが終われば 次はリアトゥ調整となりますが、ここで専用工具の登場です。

アームの固定ボルト2本を緩めておいて、専用工具でクイクイと ねじって調整します。
ここの調整が出来れば、あとは簡単です。

写真1枚目 専用工具使用中。 

写真2枚目 このアーム取り付け部を動かします。

この車両が完成し、次は 続き作業のMINI R60を進めます。

21031112103112


evooyaji at 18:10|PermalinkComments(0)

2020年11月08日

ジュリエッタ タイヤ交換

2011081アルファロメオ ジュリエッタ タイヤ交換で ご入庫いただきました。
今までのタイヤがBS S001 225/40-18 とのことでしたので、見積はBS、ミシュラン、コンチネンタルで4種類の内から選んでいただいたのは、ミシュラン パイロットスーパースポーツ(以下PSS)です。

この同サイズの お客様でS001からPSSに交換された方が他に2名。  お二人ともPSSが気に入っていただいておりますので、おすすめできますね。

でも私の予想ですが3〜4年後の次回交換時は皆さんBSになるかも? 同じメーカーでは 面白味が無いですから。

さて交換作業ですが、1本目のホイールでインナーリム内側(タイヤのビードが当たる部分)にキズを発見。   なぜ こんな部分にキズが付いたのか? (写真2枚目)
アウターリム部であれば、前回のタイヤ交換時かな?と想像できますが、インナーですから?です。

ここは、写真3枚目のビードシーラーを塗布しておきます。  これはロールスロイス各車種、ランドローバーのクラシックレンジローバー、レクサス等に純正採用されている材料となります。
            これで漏れを防止できます。
写真4枚目 ホイール裏側の取り付け面ですが、錆びと汚れが堆積し、ボコボコになっておりました。 北海道から転勤されておりますので どうしても錆びの問題は避けられません。
ここはスクレパーで綺麗に面出しし、車両側(ローターハット部)も同じような状態でしたので、こちらも清掃してから 取り付け。
リアの作業が終わって、フロントに移ると 右前に問題有り。
写真5枚目 ライトセンサーのリンクが間違った向きで付いています。 このままリフトから降ろすとセンサーのアームがセンサー配線に食い込んでしまいます。  配線をみると くっきりと食い込み跡があります。 これでは まずいのでリンクを外して、正しい向きに付け替え。(写真6枚目)

     タイヤ交換4本で1時間の予定でしたが、色々あり2時間でした。

20110852011084201108620110822011083


evooyaji at 11:39|PermalinkComments(0)

2020年10月22日

GTV タイヤ交換

1988年式アルファロメオGTV タイヤ交換で ご入庫いただきました。
写真2枚目、3枚目 この車両のリアブレーキは、インボードのためホイール周辺は、すっきりしている一方、デフ左右には、ブレーキローター、キャリパーがいます。

このあたりは、75ツインスパークも そっくりですね。

201022320102252010224


evooyaji at 17:30|PermalinkComments(0)

2019年06月05日

アライメント 2台

今日の予約は4ホイールアライメント測定、調整の2台だけ。
1台目はアルファロメオ147ツインスパーク 某メーカー製車高調整キットが付きで、「車高を上げたい」との希望でしたが、フロントは すでに一番上でしたから、上げれず。  リアは全長調整式でしたので、まだまだ上げれますが、フロントとのバランスを考えて10ミリほどアップで左右合わせ。
リア片側がポジティブキャンバーになっておりましたので、各部を緩めておいて、あえて荷重を少しかけて締めこむと、見事 約マイナス1度となり、左右揃いました〜。
調整機能の無い場所でも このように各部のクリアランス(ガタ)の分だけ調整できる場合もあるんです。

変わって2台目はアバルト124スパイダー
こちらの車両は、スラスト角が悪くて0度7分でしたが、調整後はゼロとなりましたので、直進性ばっちりに。 
この車両は調整箇所が沢山(10箇所)ありますから、アライメント調整のやり甲斐がありますね〜。 時間は掛かりますが。

1906051

 



evooyaji at 16:04|PermalinkComments(0)

2019年01月19日

ジュリエッタ アインザッツ 

アルファロメオ ジュリエッタの お客様からアインザッツ マフラーのお問い合わせをいただきました。
このマフラーは出口が2種類設定があり、ブラッククロームとチタンフェースとなります。

メーカーさんに在庫確認をすると「マフラー本体が1本のみ有り、出口は2種類とも有ります」との回答。
お客様に連絡し チタンフェースで受注し、本日取り付けとなりました。

写真1枚目 下側が純正で上側がアインザッツ。 大分サイレンサーが小さくなりますね。

写真2枚目 交換後に下側から撮影。

写真3枚目 横からだとステンレスを焼いた加工が ちらりと見えて、いい感じです。

190119119011921901193 

evooyaji at 18:45|PermalinkComments(0)

2018年11月27日

価格改定

来月12月1日からフィアット、アルファロメオ、BMWの純正パーツが値上がりとなります。
このところ値上げ ばかりですが、インポーター様の意向ですから、従うしかありませんね。





evooyaji at 15:23|PermalinkComments(0)