TT

2017年04月19日

TT 第二段完了

先日から お預かりしております、アウディTT
本日 無事に完了しました〜。   

写真のパーツが本日入荷し、取り付け完了。  今のところ 他から漏れはありませんので、納車。

                第三段にならなくて、あ〜よかった。

1704191  

evooyaji at 19:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月18日

代車とTT

先日空いた時間ができましたので、代車のチェックをしていると、左パワーウィンドが動かないのを発見。
早速 写真1枚目のリフターを手配し 交換しました。
交換後のチェックで動きが鈍く モーターもダメか?と 思いましたが、なんとか 動くようになり、もう少しがんばってもらいましょう。


変わって お預かりしている2003年式アウディTT、今日はラジエーターの洗浄をし、新しいアウディ純正LLCを入れ エアー抜き作業をし、完成。   と思いきや ラジエーターアッパーホース(写真2枚目、3枚目)から漏れてきているではありませんか。

今回ここは触っていないのですが、古い車両は こんなことも起こりますね。
本日納車できる予定が・・・。

幸い国内在庫があるパーツでしたので、明日には入庫予定。 
             明日は何事も無く 完了しますように、祈ります。

170416117041811704182







evooyaji at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月16日

オーバーヒート

2003年式アウディTT(8N)(2WD) 先日電話連絡いただき「水温が上がりぎみ・・・・ハブベアリングが悪いようで異音がする」とのことで入庫いただきました。
まずは、詳しく状況を伺うと「水温計が一度だけ120度になった。今日も(今も)120度のままで・・・」とのことでした。
これは 一大事です。  水温計が正しい数値を示していれば 大変なことです。
とにかく こういった時は、すぐにエンジンを止めてレッカー移動が得策ですね。

120度のまま走り続けるとエンジンのヘッドが歪んでしまう可能性は高くなりますから。

専用テスターを繋ぎ、水温を読み取ると118度。   悪いことに水温計は壊れていませんでした。
ここから水温が高い原因を探していきます。  エアコンをオンにして電動ファンが2個とも回るか?  ここはOK。
次にファンセンサーの当店オリジナルのテストハーネスを繋ぎチェック。 と思いましたが、この時点で
あれれ?何だかセンサー近くが熱くないような。
ラジエーター上部と下部で温度測定すると下部が ぬるい。

これでは、ファンセンサーが熱くならないので、ファンは動かなくて正常。
残るは、ラジエーターの詰まり、サーモスタット、ウオーターポンプに絞り込まれますが、ポンプはリザーバータンクの戻り(水量)で判断し、まずまずのよう。
ということで、サーモスタットの交換からしてみることに。 

交換後の結果は、水温計の上がり方から判断して、オーバーヒートは なくなりましたが、ラジエーター本体の流れもよくないようですね。 
まあ、90度で安定していますので、これで様子見です。 

写真1枚目 用意したパーツ。

写真2枚目 今回の不具合とは関係ありませんが、フューエルプレッシャーレギュレーターのエアー配管がボロボロになっています。  ここ以外にも 悪い箇所多数。
でも この車両今年の12月が車検で・・・・エアバックランプ点灯していますから、このままでは受検できませんから、あまり お金を掛けても もったいないですですから・・・   悩ましいところなんです。


17041621704163

evooyaji at 17:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月14日

ボクスター続き

1704141お預かりしているポルシェ ボクスター、本日パーツが揃いましたので、作業再開。
用意したのは写真1枚目のフードロックモーター(アクチュエーター)、緊急用ノブ(コード)、フロントエアーダクト左右、右リアラバーリップです。  この内3点はアンダーカバー系のパーツで、いわゆるシャシー(アンダーカバー)に付く樹脂製又はゴム製のパーツです。  これらが無くなっていたり(千切れて脱落)、千切れて垂れ下がった状態でしたので、リフレッシュ。

写真2枚目 右フロントエアーダクト。  上が新品、下が外したものですが、取り付け部の片側が無いため、垂れ下がって付いていました。  反対側の左は、1センチほどの破片が2個となっていました。

写真3枚目 千切れた緊急用ノブ(コード)、もちろん上側が新品です。

写真4枚目は、4ホイールアライメント測定、調整のご依頼で、ルーフCR3.4と入れ替えでお預かりしたアウディTT- Qロードスター(8S) 
このオーナー様の車両で4台目のホイールアライメント作業でしょうか。  
              何台も ご依頼いただけて 嬉しい限りです。


170414217041441704143



evooyaji at 19:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月31日

8S TT-Q ホイール交換

2017年式アウディTTクワトロ ホイール交換、4ホイールアライメント測定、調整のご依頼です。
まずは、ホイールから。 選んでいただいたのはニュースピードRse10 8*18+45 サテンブロンズです。
タイヤは純正タイヤを再使用します。
ホイール重量は、メーカー公表値8.7キロですが実測値9.2キロ(T/Lバルブ付きで)でした。  まあ、これぐらいは誤差ですか。
でもアウディ純正ホイールは11.6キロですから 一輪あたり2.4キロも軽量化できました。

これだけ軽くなると 車の動き、挙動が変わるのが体感できると思います。

ホイール交換後は、4ホイールアライメント。   測定の結果は やはりメーカーの許容誤差に納まっていない箇所があり、3箇所調整となりました。

                これで、リアが真っ直ぐ走るようになりました〜。

17033111703312

evooyaji at 19:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月24日

TT続き

昨日からの続きでアウディTT
水温計の異常は、詳しく調べていくと 温度センサーとメーター両方とも不良ですね。
3年ほど前にも 当店でセンサー交換していただいておりますが、またダメです。  
でも それよりもメーター本体の誤差の方が大きいので、配線に ちょいと細工。

センサーの現在の出力値と本来の数値、それから 現在のメーター誤差等を測定し、抵抗を追加して指示を少し改善。   手持ちの抵抗では これが限界。

90〜100度で85度ぐらいを差しているので まあ、なんとかですね。 

写真1枚目 タペットカバー内側。   けっこう汚れの付着ありです。  当店に入庫いただく車両の中では、20万キロ走行でも汚れが多い方です。

写真2枚目 エンジンアンダーカバー 漏れたオイルが溜まっていますね。  
もちろん この後 綺麗に清掃しました。 そうしておけば、次に  まだ どれぐらい漏れているのか?それとも 漏れていないのか? 判断できますからね。

17022411702242

 

evooyaji at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月23日

TT オイルと水 両方漏れ

2002年式アウディTT (8NAUQ) エンジン不調、アイドリング不調とのことで先日入庫いただきました。
調べるためにエンジンアンダーカバーを外すと オイルと水漏れで カバーに たっぷりと溜まった状態でした。

エンジンは いたる所から漏れがあるようで、前側、後ろ側とも オイルでベトベト。
ドライブシャフトブーツもダメでグリスが出てきており、廻りに飛び散っています。

水漏れは、サイドフランジからLLCが漏れたようです。

本題のエンジン不調は、1番点火コイル不良のためです。  
また、タペットカバーからエンジンオイルが漏れていて 点火プラグホールが水没?オイル没しています。
水深、いやオイル深 3センチといったところでしょうか。
これも修理が必要ですね。
点火コイルは、当店に貸し出し用のコイルが用意してあるタイプでしたので、新品パーツが届くまで貸し出しすることといたしました。

そしてパーツが揃いましたので 改めて本日入庫いただき、作業開始。

その前に当店駐車場からピットに移動するためエンジン始動すると お〜20万キロ丁度です。
思わず写真撮影しましたが、撮った写真を上手く撮れたか確認していると、大変なものが写っていましたよ。
                   振り切った(130度)水温計が・・・・

これは、すぐさまテスターにて確認。   デュアル温度センサーの片側が壊れているようですね。

17022311702232

evooyaji at 19:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月16日

TTのテールランプ 焦げ

2010年式アウディTT-RS テールランプ基盤とカプラーの焦げ。
これは、8J TTで よくあることですが、当店での作業は久しぶりですね。

アース不良による接触不良で発熱し、焦げてしまうようです。
同じことを繰り返さないように 当店では 金メッキ配線を使い、さらにアース線を追加して対策いたします。

写真1枚目 用意した新品パーツ

写真2枚目 焦げたテールランプ

写真3枚目 焦げたカプラーを新品にして、焦げた端子は金メッキ端子となりました。

170216217021611702163

evooyaji at 18:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月05日

8N と工具

1702051昨日の作業となりますが、アウディTT(8N 2WD)フロアーのメクラ蓋(写真1枚目)を取り付けました。

このころの車両ですど、どの車両も経年劣化によりボディに幾つかあるゴム製のメクラ蓋が脱落していたり、大穴が開いていたりしていることがあります。
今回の車両は 「運転席側のフロアーマットがいつもベタベタで・・・」 とのことで、入庫いただきましたが、この穴や、ドアウエザーストリップ(ドア部ゴムシール)などからも 雨が入っているようです。

全てを早く治さないと 湿気により各部接触不良になってしまうと 治すことが困難となってしまいますので、早急な対応が賢明ですね。

かわって写真2枚目  月に一度の日曜休みを利用して 久しぶりに工具の買出しに豊橋まで行ってきました。
買ったのは、5点 ドイツのハゼットと日本のKTC
ハゼットのコンビネーションは、30年ほど前に購入したものと27年前ぐらいに購入したものを使っていますが、
ず〜っと歯抜け(無いサイズ?飛んでいるサイズ)があり、気になっていました。
これらの 無いサイズについては、スナップオン製を持ってはいるのですが、どうも気になって・・・
                         やっぱり綺麗に揃えたい。
ということで、今回は11、16、18を買い足ししました。

でも帰ってから よく見ると同じシリーズ(品番)600N でも 写真3枚目のとおり 昔の物の方が 明らかに型が良いようで鮮明に文字等が出来ています。
また さらに古いシリーズ(品番)600 と 比べると 角の仕上げが昔の方が丸く作ってあり、細かいところにも拘っているのが判りますね。  でも 現行品は、両端にサイズ表記があるのは、良い改良がされています。

それにしても、店を始めて丸23年経過しましたが、いつまでたっても工具を買い続けないといけませんね〜。


170205217020531702054

evooyaji at 15:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月29日

3台まとめて

昨日のことですが、お客様が「新車が納車されたので・・・・」と ご来店いただきました。
と、ここまでなら よくあることですが、この方 3台まとめて注文されたのです。
AMG G63 Edition463 (限定車)、シボレーコルベットZ06コンバーチブル 07パフォーマンスパッケージのオプション付き、アウディTTロードスターと 私は 驚き 以外にありません。

おまけに来月にはアウディS4も ついでに買ったので納車 とのことですから・・・。

写真1枚目 AMG G63 ホイールバランス調整をしましたが、左右ともアンバランス10g、15g でしたので、改善されると思います。
オーナー様いわく「前車、2016年式のAMG G63 は19インチだったが、今度の車両は、21インチ。 でもホイールが鍛造になり4キロ(1本あたり) 軽量化できた」とのことでした。  確かにバランサーにセットする際、見た目よりかは軽い感じがいたしました。

写真2枚目 コルベットのカーボンブレーキ。  これ、すてきです。  私も いつかカーボンブレーキの車に乗れたら・・・と思っていますが、現実は無理、無理、  絶望的です。

17012841701285

evooyaji at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)