TT

2020年07月02日

8J TT-S キャンセラー

2007021先日バックランプLEDを取り付けさせていただいた2014年式アウディTT-S
取り付けから1週間ほどでメーター内に球切れ警告のメッセージが点灯してしまいました。

仕方が無いのでキャンセラーを用意し、取り付けることとなりました。

写真1枚目 接続が完了して、あとは キャンセラーのアルミボディ部分が金属部に接するように固定したら完成です。



evooyaji at 19:22|PermalinkComments(0)

2020年06月26日

8N エアコンガス

2004年式アウディ TT-Q 3.2 「エアコンの効きが悪い・・・」「ホイールアライメント調整を・・」とのことで、ご入庫いただきました。
では、ガスを回収し、再生、真空引き、ガスと一緒に抜けたコンプレッサーオイルは廃棄し、親油に入れ替え、足らないガスは新品ガスを足し、再生ガスと共に規定量注入といった作業を行います。
通称 エアコンリフレッシュ作業ですね。

この車両は抜き取ったガス453g と規定量750gから297gも少ない状態でした。

作業前吹き出し口温度11.7℃ でしたが、作業後は9.1℃ となりました。

このあと 4ホイールアライメント測定、調整へと進めていきます。



evooyaji at 10:15|PermalinkComments(0)

2020年06月16日

8J TT LEDバックランプ

2014年式アウディTT-S いつもご入庫いただいている車両ですが、今回はLEDバックランプの取り付けです。  このブログのVWアップ バックランプLEDの記事を見ていただいたのが きっかけとのことで、毎日苦労して(悩みながら)書いているので、そう言っていただけると嬉しいですね。

お客様のご希望は、「ウィンカーも出来ればLEDにしたい」とのことで、色々と調べたのですが、信頼できる(一流ブランドの)メーカーで T16アンバー色、キャンセラー内蔵のLEDが見つかりません。

純正バルブはストップ球、ウィンカー球ともに同じもの(電球色)が使われているのですが・・・。

ということで、試しにバックランプ用に用意したこの商品をウィンカーに付けてみることに。
結果は、微妙〜、やはりLEDが明るいために、オレンジ色が薄いといいますか、一部分が緑色ぽく光ってしまいます。  やっぱりアンバー色LEDでないとダメですね。
               何か良い方法はないものか。



evooyaji at 12:10|PermalinkComments(0)

2020年06月05日

8J TT HID交換

2014年式アウディTT-Q  先日ワコーズRECSとエンジンオイル交換をさせていただきました車両。
今日はHIDの交換でご入庫いただきました。
               おすすめのマーベラスD1S 5000K です。 
この8J TTはヘッドライトASSYが単体で脱着可能(バンパーを外すことなく)ですから、比較的簡単に交換できる車種ですね。 

写真1枚目 養生をしておいて、パネルを外したら、あとはヘッドライトを外すだけ。 1か所だけ、ボルトを完全に外してしまうと、後が大変になりますから、途中まで緩めるのがコツです。

写真2枚目 左が用意したパーツ、右が外したアウディ純正品。 このアウディ純正バルブは片側 57200円(驚)です。

写真3枚目 バルブ交換完了。 蓋をして、元に戻していきます。

200605620060542006055



evooyaji at 12:19|PermalinkComments(0)

2020年05月29日

8J TT RECS

2005291お隣 岐阜県各務原市から ご入庫いただきました2014年式アウディTT-Q  ワコーズのRECSとエンジンオイル交換。
この二つの作業は 同時進行できませんので、まずはRECSからやることに。
薬剤をセットしましたら あとはアイドリングで(負圧で)ゆっくり吸わせていくだけですね。 
急いで落とすと(注入すると)効果が悪くなってしまいますので、時間はかかりますが、ゆっくりと・・・。  
最後にエンジンオイルをモチュール300Vクロノに交換して出来上がり。
         このオイル一度使うと やめられなくなりますね〜。 

evooyaji at 17:18|PermalinkComments(0)

2020年04月28日

8J TT 車高が下がり過ぎて

2007年式アウディTT (8JBWA) 他店にてビルシュタインのB12キットを取り付けた車両ですが、車高が下がり過ぎてしまい、車検基準ギリギリの状態です。
「何とか 車高を少しだけ戻したい(上げたい)」との ご要望です。
しかしながら このキットは純正形状のスプリングとショートダンパーの組み合わせとなっており、いわゆる車高調整ではありませんので、ネジを回して微調整というわけにはいきません。

実は 2年ほど前にも 何か良い方法(このキットを活かして、少ないコストで)は無いかと考えて、リアのみスプリングの間に入れるラバースペーサーを入れて、リアのみアップしております。

今回は さらに良い方法を考えました。
ということでドイツより取り寄せしました、写真の商品を使って みごと前後とも車高アップできました。

この商品リア用は以前にも8J TT-RSで使用したことがありましたが、フロント用は初めて使いました。
          この商品を考えた人、グッドジョブです。

2004281



evooyaji at 13:39|PermalinkComments(0)

2020年03月29日

8J TT メンテ

20032912007年式アウディTT 8JBWA タイヤ交換で ご入庫いただく予定が、ハイマウントストップランプが不点灯 ということで、こちらも交換となりました。
この作業は 見た目よりも手間がかかるんですよ。 両面テープが曲者で、剥がれないし、剥がれた跡は糊が残るし、でも綺麗にしないと水漏れ(雨漏り)の原因になってしまいますので、徹底的に綺麗にしてから新品を張り付けます。 写真1枚目 元のパーツを剥がしたところ。

写真2枚目 やっと綺麗になりました。

写真3枚目 新旧パーツ。 並べると解りますが 古いパーツは色あせしているんですね。 

本題のタイヤは3種類の見積内からコンチネンタルのフラッグシップタイヤ、コンチスポーツコンタクト6(以下CSC6)を選んでいただきました。
今まで付いていたタイヤは偏摩耗(段べり)していたため、リヤからのタイヤノイズが酷かったですが、タイヤ交換で激変。とっても静か(普通)になりました。
でも これだけでは また同じことになってしまいますから4ホイールアライメント測定、調整を行います。 メカニックによる試運転でフロントに何らかの異常あり。 ゴーゴー音、コトコト音有り、フロアーにも振動が伝わってくる状態。
う〜ん、アライメント前に この原因を究明し、修理しないといけませんね。

最後にフューエルキャップのひもが千切れていましたので、こちらも交換。(写真4枚目)  アウディ純正パーツですとキャップASSYとなり、約1万円ほどします。 当店では、別のメーカー純正品で ひも(単品)でヨーロッパより取り寄せしております。 現在の価格は1980円 (為替等により変動します)(通販不可となります)


200329220032932003294

evooyaji at 19:47|PermalinkComments(0)

2020年03月24日

TT-S ECUチューニング

2014年式アウディTT-S (8J)エンジンECUチューニングでデジタルスピードを施工させていただきました。
元々パワーのあるTT-Sですが、さらにアップして272馬力から310馬力となりました。
トルクも350Nm(2500rpm)から421Nm(2380rpm)へ、発生回転については、下がりましたので 街乗りで さらに乗りやすくなります。

デジタルスピードでは 多くの車種に対応できますので、どしどし お問い合わせくださいませ。



evooyaji at 11:08|PermalinkComments(0)

2020年01月19日

8N TT ラムダセンサー交換

2004年式アウディTT (8N) 3.2 クワトロ  エンジンECUのフォルトチェックでバンク2ラムダプローブ不良 と出ていました。  この6気筒エンジンではラムダプローブ(ラムダセンサー)(オーツーセンサー)が4個付いています。
その内の1個を まずは交換し、様子をみることに。
純正品と社外品 両方の価格、納期を調べて、日本に在庫が1個だけあるボッシュ製社外品に決定。(ちなみに純正品はドイツに在庫有り)

この商品が 実は 先週届いたので交換を試みるも、品番違いで、途中で中止となっていました。
原因を調べていくと、なんとパーツリストの間違い。備考欄にある1〜3気筒、4〜6気筒が逆に表示されておりました。  なので、本日仕切りなおしで再入庫いただきました。

お客様には二度手間となってしまい、申し訳ない結果となってしまいました。 

写真1枚目 外したセンサーと用意した新品センサー(社外品ボッシュ製)

写真2枚目、3枚目は ついでに交換となりました樹脂製バキュームパイプ。 樹脂部が割れてしまっておりました。 また これを固定する樹脂製クリップも1個用意。 このクリップですが、品番特定に時間がかかりましたが、無事に手配できました。

200119120011922001193


evooyaji at 22:50|PermalinkComments(0)

2019年12月12日

8N TT アライメント

2003年式アウディTT (8N) (2WD) 4ホイールアライメント測定、調整で ご入庫いただきました。
この車両は、9年前に当店でアライメント作業をさせていただいたことがありますが、あれから9年ですから 相当な変化あり(狂っている)だろうと思いながら測定開始。   車両の仕様(車高など)、各部のひずみ、ゴム系ブッシュの いたみ などなどで狂っていても あたりまえですね。

リアスラスト角が0度15分、あちゃ〜、これは酷い数値が出てしまいました。  この車両はFF(2WD)なので、リアトーションビームですから、一般的には調整不可。
でもこの数値ですから何とかしないと。  ということで、二人がかりで2時間ほどかけ、調整。  0度09分まで調整できました〜。   ちなみに9年前は、0度03分でした。

続いてフロントは、色々と問題を抱えておりますが、何分予算の関係で 今回はこのまま 進めます。

タイロッドエンド、タイロッドにガタがあるようで・・・・。 またアッパーマウントがペッチャンコ。
おまけにバンプラバーが片側 半分無い状態。 (写真参照)

リアは上手くいっているのですが、フロントがダメで、今一つ ぴしぃっ としません。 
                           う〜ん、どうしたものか。

19121231912124




evooyaji at 13:05|PermalinkComments(0)