TT

2021年09月18日

8J TT ACFバルブ

2007年式アウディTT (8J) エンジンチェックランプ点灯で ご入庫いただきました。
診断機を接続して調べると、ACFソレノイドバルブの詰まり でした。
これはチャコールフィルターが不良となり、内部の活性炭が飛び出て、ACFバルブを詰まらせてしまうのです。 同じことがゴルフ5、A3(8P)でも起こります。

なので、ACFバルブだけ交換しても直らない(また同じことの繰り返し)ので要注意ですよ。

写真2枚目の外したチャコールフィルターから活性炭が出ているのが確認できます。

交換後は診断機を接続して、フォルト(エラー)をリセットして完成。

21091812109182


evooyaji at 16:51|PermalinkComments(0)

2021年09月15日

LEDバルブが・・・

21091512014年式アウディ TT-S 昨年7月にLEDバックランプ&キャンセラーを取り付けさせていただいた車両ですが、「左側が時折球切れ警告となる」と、ご入庫いただきました。 1年2カ月でキャンセラーの抵抗値が変わってしまったのか? 新しいキャンセラーを用意して、再入庫。
キャンセラー交換のため、テールランプを外すと、中でカラカラと僅かな音あり。

LEDバルブの接点も確認するため、テールランプからバルブボードを外してみると、LEDバルブの基板固定用ビス4本の内1本が付いていない(脱落)。
ということは、先ほどのカラカラ音は このビスですね。

この小さなビスですが、外からも中のバルブ穴からも 見える位置にビスは無し。
でもテールランプを振るとカラカラと。  10分ほど振っていると、出てきてくれました〜。
今度は取れないようにロックタイトのネジロックを塗布して締めておきました。

おそらく これが原因で接触不良(断線と判断)となって、球切れ警告 となったのでしょう。 ということで、キャンセラーは当店在庫に。

左側が終わり、反対の右も同じことが起こっているかも? と疑い、見てみると写真1枚目のとおり、外からビスが見えていました。 ならば そ〜っとテールランプASSYを外して、上手くビスを回収、こちらも同じ作業をしました。

     それにしても 一流メーカー製のLEDバルブでも こんなことが起きるのですね。






evooyaji at 17:53|PermalinkComments(0)

2021年08月25日

TT-S DSGオイル交換

昨日から作業のアウディTT-S 今日は車高の微調整を繰り返し、できあがったら、次のSトロニックオイル(DSGオイル)交換へと進めます。
この車両は 当店で2回目の交換で 前回は2019年7月に作業させていただいております。 25ヶ月での走行距離は38830キロ(ただ今 154600キロ)

今回抜き取ったオイルの色から判断すると、もう少し早めの交換がベターのようです。



evooyaji at 12:08|PermalinkComments(0)

2021年08月24日

TT-S ザックス車高調整

21082422014年式アウディ TT-S (8J) サスペンション系の交換で ご入庫いただきました。
選んでいただいたのはザックスのパーフォーマンスコイルオーバーキットです。

合わせてアッパーマウント、ベアリング、再使用不可ナット等を用意。 リアアッパーマウント以外は全てアウディ純正パーツとしました。

それと この車両はマグネチックライド付き車となりますので、イシカワエンジニアリングさんのiSWEEPキャンセラーとオプションの防水カプラーもセットで用意。

写真1枚目はフロント新旧。 ザックスダンパーはショートケースとなっております。

写真2枚目 右前ダンパーに刺さっているマグネチックライドのカプラーを外すと、オイル漏れあり。
この症状は 初めて見ましたが、カプラーからECU側に毛細管現象でオイルが回ってしまうと怖いです。 見えている部分は丁寧に洗浄して キャンセラーと繋ぎました。

写真3枚目はリア新旧。 アッパマウント上側の樹脂製キャップもマグネチックライド無し車用を用意。

写真4枚目 最後に右リアの作業にかかるとドライブシャフトが 写真のとおり。 小さな傷等から水が塗膜の下側に入り込み、塗装が浮いていました。

写真5枚目 浮き上がった塗膜を剥がして(捲って)いくと、こんな感じで ほぼ全体にわたっておりました。  このあと シャーシブラックを塗布しておきました。
                                   明日に続く

2108241210824521082432108244



evooyaji at 11:50|PermalinkComments(0)

2021年06月29日

8N 点火コイル交換

昨日注文したコイルが入荷しましたので、早速交換。
交換後に点火コイルテスターで確認すると新品コイルのデータ(2次電圧とスパークタイム)を他の5個と比べると、5個中 2個のデータが悪い(あまりよくない)。

       予算が許せば あと2個のコイルも交換がベターですね。




evooyaji at 13:50|PermalinkComments(0)

2021年06月28日

昨日は良かったのに

車検整備で お預かりしております、2004年式アウディTT 3.2クワトロ
本日検査の予定でしたが、時折アイドリング不調となってしまいました。 時々1気筒でミスファイヤが起こっている状態。 急遽検査を中止して、点火コイルを手配。

ということで、検査は明後日の予約に変更。 

evooyaji at 13:36|PermalinkComments(0)

2021年06月26日

8N TT 車検整備

21062612004年式アウディTT 3.2クワトロ 車検整備で ご入庫いただきました。
写真1枚目のパーツとフロントブレーキローターも用意して、スタート。
点火プラグから始めますが、コイルを外す際に1本だけ違和感あり。 写真2枚目、3枚目のとおり、金属部が歪んでおり、肝心の端子部も変形しており、プラグの頭と半接続といった状態。内部のゴムも千切れています。
1時間ほどかけて、端子を磨き、変形部分を修正するもプラグと上手く(正常な位置で)組み合わせできない。  これは コイル1本を交換するしかないか、と あきらめかけましたが、ここから さらに、あれやこれやと・・・。  最後は 何とか形になりました。

続いてフロントローターとパッド交換は、何も問題なくスムーズに完了。 ブレーキフルード交換へて進みます。

写真4枚目 ローター、パッド交換完了。  もちろん再使用不可部品のロータービス(ベルハット部のトルクススクリュー)も同時交換しております。

210626321062622106264


evooyaji at 11:03|PermalinkComments(0)

2021年05月26日

8J TT-S テールが

21052612014年式アウディTT-S いつも 当店をご利用いただいているお客様車両。
「左テールランプの玉切れ警告が出る」 「スモールが点かなかったり、うす暗く点いているので・・」と 昨日電話連絡いただきました。
これは8J TT のウィークポイントであります、テールランプのバルブホルダーとカプラーの両方が溶けた(焦げた)状態でしょう。
私の判断で 現車確認なしでパーツを発注しました。
といいますのも、パーツの値上げが目前(来月1日)となっておりますので、急がないと3%ほど上がってしまいますから。

上手く手配できて本日パーツが入荷しましたので、早速ご入庫いただき作業開始。

テールランプを外すと写真2枚目のとおり、バルブホルダー側は このとおり。 そして車両カプラー側は 写真3枚目のとおり。 私の予想どおりでした。

ここから交換作業となりますが、そのまま交換しただけでは、また再発してしまいますので、2ヶ所ほど 拘りを注入。
その内の1ヶ所は 写真4枚目の金メッキ端子なんですが、写真撮影が下手すぎて 判らないですね。


210526321052642105262

evooyaji at 15:28|PermalinkComments(0)

2021年05月01日

8J TT メクラ蓋 交換

21050112007年式アウディTT(8J) 前回ご入庫いただいた際にフェンダー内にあるゴム製メクラ蓋が左右とも劣化し、脱落しているのを発見。 ここのパーツは当店に在庫がありませんでしたので、アウディジャパンに発注すると、在庫なし。 ドイツオーダーをして入荷いたしましたので、再入庫いただきました。

写真1枚目 ぽっかり穴があいています。

写真2枚目 はい、取り付け完了。 

ジャッキアップして、タイヤとフェンダーの隙間から手を入れて、簡単にできました。 これで終了、となる予定でしたが、電動リアスポイラーの裏側にあるゴム製メクラ蓋も同じように劣化しているのを発見。
こちらは、まだ残っていますが、脱落するのも時間の問題。
パーツリストで品番を調べると、何だか見覚えのある品番。
当店の在庫リストを調べると、お〜在庫あり、しかも丁度2個あり。

ということで、写真3枚目の状態から、写真4枚目のようになりました。

       それにしても 在庫があって 良かったです。  30年近く営業していると、在庫が役に立つ時が たまには ありますね。

210501221050132105014

evooyaji at 23:26|PermalinkComments(0)

2021年04月23日

8N TT-Q ラムダ交換

2004年式アウディTTクワトロ 3.2 ラムダプローブ(オーツーセンサー)交換で ご入庫いただきました。
この車両はV6エンジンのため、このセンサーが4個付いています。 そのうちの1個(バンク2上流側)は昨年交換済みで、今回はバンク1の2個がフォルトを拾っておりましたので、交換することに。

このバンク1の上流側はスペースが無く、交換が難儀なんですが、 今回は予想よりも早く、5時間ほどで2個交換完了。 (下流側は簡単です)

写真1枚目 上流側の新旧。 社外品ボッシュが設定あり、在庫もありでしたので、これを選択しました。

写真2枚目 下流側の新旧。 こちらはアウディ純正品です。(ボッシュは設定無し)


21042312104232


evooyaji at 13:30|PermalinkComments(0)