ロータス

2020年03月15日

エリーゼ オイル交換

ロータスエリーゼ (S1) エンジンオイル、オイルフィルター交換。
この車両はエンジンアンダーカバーを外すのに、無数のボルトを外さないと取れません。
この脱着作業がオイルやフィルター交換よりも時間がかかりますね〜。


この車両が終われば、昨日手配し、無事に本日入荷した ルポGTI オルタネーター交換へと進みます。
エンジンルームが狭いので、作業が手間取りますが、外れました〜。


写真1枚目 エリーゼのオイルフィルター。

写真2枚目 ルポ オルタネーター新旧。


20031512003141



evooyaji at 16:01|PermalinkComments(0)

2020年01月27日

エリーゼ RECS

20012651997年式ロータス エリーゼ 弟の車両ですが、「最近エンジンが息つきする」ということでワコーズRECS施工。
200ccを ゆくりと注入していきます。

液剤の入ったボトルを引っ掛けるところがないため、脚立を使ってぶら下げました。


evooyaji at 17:41|PermalinkComments(0)

2019年08月27日

エリーゼ バックギアに入らない

1908211先日 弟のロータス エリーゼが 「バックギアに入らなくなった」  「1速から4速は入るけど、5速も入らない」と。
これは どういうことか?  アンダーカバーを外してみると、ゴムの破片が無数に乗った状態で外れました。 そして 写真2枚目のとおり シフトリンケージブッシュが片側なくなっていました。

これでは シフトできなくて あたりまえですね。 
ロータス純正パーツはリンケージASSYの供給となり、ブッシュのみの単品設定なし。
なので、イギリスから社外品パーツを輸入することに。


1908271
 

evooyaji at 14:09|PermalinkComments(0)

2014年03月26日

4R32オイル交換

今日の作業は、VWゴルフ4R32のエンジンオイル交換から。
このところ4R32の お客様が次から次へと買い替えとなり 入庫台数が少なくなってきました。

この車両は 3ドアで 特に貴重ですから 永〜く乗っていただきたいですね。

エンジンオイルは、モチュール スペシフィックで、オイルフィルターも同時交換。


変わって写真は、ホイール再生のロータス エスプリ。  出来上がりは、こんな感じで・・・
ホイール修理業者さんは沢山ありますが、こういった特殊作業まで合わせて出来る所は ごく僅か。

この技術は、すばらしいの一言に尽きますね。
             作業前の写真と比べていただくと 変化が判りやすいです。

こうなると フロント用2本も追加作業に出したくなりますね。

140325314032521403251

evooyaji at 21:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月24日

ホイール再生

ロータスエスプリの お客様からホイール再生の ご依頼。
10J*17 パナスポーツ3ピースホイールのため、アウターリムとインナーリムの継ぎ目にある シールが劣化している状態です。

当初の予定は、シールの打ち換えのみでしたが、チェックしていくとインナーリムのビード部に腐食があり、ここからエアー漏れするぐらいの状態でした(写真3枚目)

また全体的にクリアー塗装下の腐食が進んでしまっています。(写真1枚目、2枚目)

ホイール修理屋さんと打ち合わせを重ねて 最適な方法を探り、また お客様との相談し
インナーリムは欠けを溶接修正、切削してパウダーコート塗装、アウターは切削バフ磨きとすることに決定。

結果は、また後日。

140324114032421403243


evooyaji at 20:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月25日

エスプリ タイヤ交換

久々に入庫したロータス エスプリ
今日は、リヤタイヤの交換です。 今まで付いていたタイヤは、2004年製造のBS グリッド3 このタイヤが片側パンクしたため、交換することになったのですが、今度のタイヤは お客様が長年温存した エスプリ純正装着タイヤでグッドイヤー イーグルNCTの新品なんですが、シリアルを確認すると1993年製造。

さすがに 硬化してカチカチですが、お客様の意向を尊重し、作業開始。

リム幅が太く(7.5J?8J?)タイヤの幅が縮んでいるため、エアー充填できなくて苦労しました。 
こんな時は、インフレーターという機械を使ってエアーを入れます。
この機械、たま〜にしか使いませんが、これがないと 今日のような作業は出来ませんから必需品です。

写真2枚目は、リヤホイールを外した状態。 ローターはインボードなので 奥の方に見えますね。
     以前のブログでも 同じようなこと書いてましたね。
10112511011252

evooyaji at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月10日

エリーゼ バッテリー

このところ平日は、ヒマヒマなエボリューションです。

今日はロータス エリーゼのバッテリー交換。
これだけですが、これがこれが一筋縄ではいきません。 元々オデッセイのPC680が付いていたのですが、数ヶ月に一度しか乗らないので バッテリー上がり。  (もちろんキルスイッチは付いていますが)
なので、重くなってしまいますがPC925にして容量アップです。

ところが、バッテリーの幅と奥行きは大きくなり、高さは低くなったので なんとプラスの配線が届かなくなってしまいました〜。
仕方がないので、急遽 バッテリー台を木製で作りましたよ。

固定方法も 一工夫。  2時間ほど掛けて やっと完成。

   この車の整備は、腰を痛めますね〜 休憩しながらでないと。

写真 左は 外したバッテリー、右が新品。  そのままでは入らないので一旦横にした状態で入れていき 途中で回転して着地(笑)

1006101

evooyaji at 23:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年05月06日

エリーゼ セルモーター

今日は、空いた時間ができたので、前々から「やらなければ・・・」と思っていた
弟のロータスエリーゼ セルモーター交換をすることにしました。

弟から「セルが壊れて、エンジンが始動できない」「スペアーのセルに交換して」と頼まれていたので。

不動のエリーゼを家内がハンドル操作し、私とメカニックが押してリフトに移動し 症状確認すると???
これは、単なる「バッテリー上がり」? となり、ブースターケーブルを接続して再度確認すると 何事もなかったようにエンジン始動(怒)

ただ今 オデッセィバッテリー(ドライバッテリー)充電中。

ドライバッテリーやAGMバッテリー(ジェルバッテリー)は、専用充電器でないと充電できませんので、要注意ですね。


話は変わり、先日の連休に 写真のジェイアール名古屋タカシマヤにあるクリスピークリームドーナツに行ってきました。

早起きして9時から(開店時間は10時)並ぶこと1時間半、我慢に我慢で並びました〜(笑)
店先でいただいた、出来立てのドーナツは とてもおいしかったですが、買って帰ったのを食べると?  こんなもんか? といった感じでしょうか。

3箱抱えて店を出ると、ものすごい行列が出来ていて、最後尾には「3時間待ち」の札が・・(驚)

          それにしても すごい人気ですね〜。




 10050611005062

evooyaji at 22:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年06月20日

エリーゼと6N GTI 2台

6184da5b.jpg今日は、久しぶりに 一日中バタバタしておりました。
朝一番は、ポルシェ997カレラS バッテリー充電の車両を納車。 1週間かけて充電したドライバッテリーは、随分回復しました。

続いて、車検整備でお預かり中の1998年式パサートワゴンの整備を進行しつつ、ゴルフ3GTIサスペンションの相談、見積もり。 ロータス エリーゼS(フェーズ2)のエンジンオイル交換。
初期型エリーゼと同じで、アンダーパネルを外すのが、手間ですね〜。ボルトが多数ありまして・・・。

ブログ用写真を撮影するつもりでしたが、お客様と話が弾み 忘れてしまいました。

     3GTIの ○○様、ダンパー注文 お待ちしておりま〜す。


最後は、6NポロGTIが2台揃いましたので、記念撮影。 左の車両は、お隣 岐阜県から車検整備で入庫。 そして右の車両は、そのまた お隣 長野県松本市からホイールバランス調整に来ていただきました。
 
          皆さん遠方から 有難う御座います。

evooyaji at 20:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月03日

ATEとエスプリ

午前中は、ゴルフ4GTIのATEキャリパー 鳴き対策をしました。
元々 当店で取り付けたものではありませんが、分解、グリスアップのメニューで様子をみてみることとなり、外すと 1箇所グリスの塗り忘れ箇所を発見。

      これで、 良くなる可能性が上がりました(笑)

そして大問題箇所も 発見!。 なんとブレーキホース(ステンメッシュ)とホイールが接触していて 特に酷い右側はメッシュがなくなってしまいそうなほどでした。

 う〜ん、こうなってしまいますと ホースを交換するしか手が無いですね。

取り付け時に1G状態で、クリアランス確認していれば、こんなミスは起きないはずですが、ドライブオンリフトがないと しっかり確認できません。

   メカニックのテクニックも重要ですが、設備も重要です。


話は変わり、午後からは 以前足廻りを交換しましたロータス エスプリのホイールアライメント測定、調整となりました。
この車両は、シム式調整のため かなりやり難いです。 測定して、目標数値までには何ミリのシムを入れ(又は抜く)たらよいのか、三角関数を使って計算ですぅ。

しばし計算・・・この車両のキャスタ変更には2.1ミリ動かせばOKと出ましたが、現在約1.6ミリのシムが2枚入っていましたので、この内の1枚を入れ替えて バッチリとなりました。
この一連の作業は、文章だと簡単ですが 実際の作業は、なかなか大変で 時間がかかります。
         測定→調整→測定と・・・・。

最後にトゥの調整(タイロッド)で完成。

写真2枚目は、リヤの下廻り。 ロアアームがとっても長く 左右のアームがセンターで合わさるぐらいです。 このアームが長いとロールしてもサスペンションジオメトリーが変化し難いから良いです。
インボードブレーキも見えています。

写真3枚目は、ギャレット製のウエストゲート。 はい、この車両は、キャブターボです。 横にはブレーキローターが光っています。

G4ate1esp8Esp9

evooyaji at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)