A5

2016年04月17日

A5 ウォーターポンプとDV O/H

2011年式Audi A5 S.B 2.0T  先日 別件で入庫いただいた際に水漏れ(LLC漏れ)があるのを発見。 
調べていくとウォーターポンプから漏れていました。   前期型A4、A5では よくあるトラブルのようですが、当店では初の症例です。

見積もりを提示すると 即 ご注文いただき、パーツの手配。
この作業は、初なのでパーツの手配も交換方法も手探り状態。   
写真1枚目のパーツを用意。  ついでにフォージ ディバーターバルブのO/Hもいたします。  こちらは、先日作業の際にエンジンECUのフォルトチェックで発見。

まずは、ウォーターポンプから作業開始。   途中途中で整備書(エルザ)を見ながら進めていきますが、今ひとつ理解に苦しむ所があり、困ったあげく 同業社のI社長に電話して教えていただきました。

理解できれば、あとは サクサクと進み、無事に終了。

続いてフォージ ディバーターバルブのO/Hでは ばらしてみると写真2枚目、3枚目のような状態。
これでは、まともに機能しなくて当然ですね。

             きっちり くみあげて、これで 本来のパワーに戻りますね。

160416116041711604172

evooyaji at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月13日

A5 と A6

2011年式アウディA5クワトロ2.0T Sトロニックオイルの交換です。
このタイプのミッションオイルは、当店で3台目か4台目ぐらいで まだ交換歴が少ないタイプです。

ミッション型式によって フィルターが3個付いているものと 2個付いているものに分かれます。 また これらの内 オイルと同時交換するのは・・・・と 色々と変わっている所もあるんです。

オイルを入れる手順も 途中で 「20秒だけエンジン始動する」 などなど、注意点もありで。

写真は用意したパーツ、オイルも含めすべてアウディ純正品です。

変わって 写真2枚目は 2010年式アウディA6  3.0Tクワトロ
エンジンオイル、オイルフィルターの交換です。  

写真3枚目は、外したオイルフィルター。 このタイプは 長いフィルターになりますね。

160313116031331603132



evooyaji at 14:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月27日

A5 リアダンパー

2013年式アウディA5 スポーツバック リアダンパー(ショックアブソーバー)の交換です。
先日 夏タイヤからスタッドレスへの脱着作業をさせていただいた際に 左リアダンパーからオイル漏れ があるのを発見しました。
すぐさま、お客様に確認いただき、見積もり作成。
即答で ご注文いただきました。 (ついでに点火プラグ交換も追加で)

この車両は かなりの距離を走っており、2013年5月登録で 現在の走行距離は201000キロでした。
31ヶ月で201000キロですから 単純計算で6483キロ/月  1年で77800キロなんですね。  すごい距離です。

ちなみに 私のポルシェは 昨日売却しましたが 所有期間18年1ヶ月で 1800キロほど乗りました(確か?)

写真1枚目 用意したパーツ。  写真は1本だけ写っていますが、もちろんダンパーは2本用意。

写真2枚目 外した左リアダンパーは 激しいオイル漏れ。   減衰力は、当然ですが スカスカですね。

15122711512272

evooyaji at 18:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月18日

A5 メンテナンス

2010年式アウディA5 メンテナンス色々と。
写真1枚目は、用意したパーツ。  バッテリー、ポーレンフィルター、エンジンオイルフィルターなどなど。

バッテリーは、バルタ シルバーバッテリーです。 この車両は、アイドルストップは付いていませんので、AGMバッテリーでなくてもOKですから、シルバーを選択。

トランク内のスペアータイヤ下に付いていますが、大きいので かなりの重量なんですよ。出し入れは二人で やらないと 腰を壊しそうになるぐらい。

エンジンオイルは、いつもの モチュール スペシフィックを使用。  本日より 当店独自のモチュールキャンペーンですから、モチュール エンジンクリーンがサービス 第一号となりました。

15041811504182

evooyaji at 18:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月05日

A4に問題発生

昨日からの続き アウディA4ですが フロント側の作業を始めるため タイヤホイールを外すと、写真1枚目のとおり、アッパーアームのブッシュが千切れていました。
このアームは左右で4本付いていますが、交換するにはダンパーASSYで外さないとボルトが抜けないのです。
ですから 今回同時に交換するのがベストな選択。
至急 お客様に連絡させていただき3種類の提案を・・・。
1. 4本ともアウディ純正品に交換

2. 社外品の調整式アームに交換。  アウディ純正よりも安価で、内側ブッシュ部分がボールジョイントとなり   飛躍的に耐久性アップ。 そしてキャンバー、キャスター調整も可能となる。

3. 今のアームを使い 内側のブッシュのみ アウディ純正新品に打ち換える。  ただし この場合外側のボー  ルジョイントは そのまま再使用するしかない。   (アームからボールジョイントは抜けないので)

「私の おすすめは、2 で 3 は おすすめいたしません」と伝えると
お客様は、2 を選択

本日届いたのが 写真2枚目  ところが またまた問題発生。 アームの長さが3種類??
短い方のアームが1本 別品番と入れ替わってしまったようです。

              「あ〜 メーカーさん、しっかり検品してから発送してくださいよ〜」

変わって アウディA5 スポーツバック タイヤ交換と4ホイールアライメント測定調整
お客様から電話で「タイヤからワイヤーが出てるから すぐに交換したい」とのことでした。
いくつかのメーカーに連絡し、一番早く入荷するBS S001に決定。  
写真は、外したピレリーP7  なんと 走行9万キロオーバーです。  車両は、2013年式ですが もうすぐ10万キロ   1回目の車検までに10万キロ達成とは 驚きです。

140705114070541407053

 

evooyaji at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月05日

A5 バッテリー交換

アウディA5スポーツバック バッテリー交換のご依頼。
おすすめしたのはバルタAGMで、最近のアイドルストップ付き車にも最適なものです。

それにしても このサイズのバッテリーは、重いです。  トランクの底に そ〜っと設置するには、二人掛かりでないと出来ません(笑)

       写真撮影するつもりでしたが、撮り忘れてしまったので、今日は写真なし。

evooyaji at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月07日

6R ポロGTI

今日のエボリューションは、久しぶりに朝から最終まで作業予約が埋まりました。
皆さん ご予約いただき ありがとうございます。 

色々な作業のなかで、6R ポロGTI で、イシカワエンジニアリングさんのブランドiSWEEPの商品 センターフロアブレースとリアエクステンションキットの組み合わせで取り付け。

写真1枚目 手前が車両後ろ側、奥が前側です。  商品名のとおり、車両中央にフロアーブレースが付き、この左右から後ろに向かって斜めにエクステンションキットが付く構造です。  

写真3枚目 エクステンションキットの後ろ側取り付けは、リアサスペンション取り付け部にボルト2本で固定されます。

これだけ しっかりした補強が入りますから、走行フィーリングは相当違うでしょうね〜。


この次の車両は、アウディA5 エンジンオイル、オイルフィルター交換。  この頃のA4もそうですが、エンジンオイルのレベルゲージが付いていないタイプ。
オイル交換時は、室内モニターのMMIで量を確認するようになっていますが、時間も手間もかかります。
ですから、当店では、専用のレベルゲージを用意してありますので、すばやく量のチェックができます。

また、使用オイルもVW アウディ認証のオイルを在庫しております。
因みにVW アウディの認証番号は、2000年式以降の車両は、VW504.00 507.00 です。

古い車両は、VW501.01 502.00 等になりますから、皆さん お間違えのないように ご注意下さい。

            A4 A5のお客様 オイル交換の ご依頼 お待ちしておりま〜す。

130907113090721309073







evooyaji at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月30日

オイル漏れ2台

今日は、オイル漏れの日?
1台目は、アウディA5 珍しいV6の3.2リッターで「Sトロニックオイルが漏れている」とのことで ご予約いただき 入庫、結果はエンジンオイル漏れ。
これが かなり漏れており、どうやらタペットカバーのさらに下側のケースからの漏れ。  カムを外しての作業となりそうです。

                     う〜ん、これは どうしたものか?


次の車両は アウディTT(8N)の2WD エンジンオイル交換で ご予約いただき入庫。
エンジンアンダーカバーを外すと 写真のとおり オイル溜まりが・・・。

こちらはA5よりも さらに激しく漏れています。  前回のオイル交換時には漏れていませんでしたので 最近漏れ始めて 一気に漏れたと予測されます。
なので、かなり重症。  短期間で0.7リッターぐらい出たのでしょう。
漏れ箇所は、タービン、オイルクーラーなど複数ありますね〜。   これまた どう対処したらよいのか?

このほかATオイルパンからATF漏れもあり。     シートエアバックも開いたままですから・・・。

           それにしても 今日のエボリューションは オイル難の相 ありです。

1306301

evooyaji at 21:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月30日

A5 コーディング 名古屋から

2013年式アウディ A5 スポーツバックのコーディング。
今週 納車の新車ホヤホヤです。  タイヤ内圧モニタリング TPMSを有効にしたいのですが、MMI 3G plusにはメニューとして出すことには成功しましたが、まだ機能していない状態。

2011年式、2012年式とは、少々違うようで・・・・   後日 再度挑戦いたします。

              あ〜、またまた 情報収集、勉強が必要ですね。

アウディ  コーディング 名古屋 といったら エボリューション といわれるようになりたいです。


evooyaji at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月24日

A5 cpmとミラー

2011年式アウディA5クーペ  下回りの補強パーツ cpmとアウトバーン ドアミラーを取り付けました。
A5用のcpmは、年式によって適合が別れていて、2009年まで と 2010年から の2種類となります。

この車両は、もちろん後期タイプを選択し、純正部品と重ねる形での取り付けですね。  
リフトアップさえすれば、取り付けは 簡単、簡単。

このパーツも、1G状態(タイヤ4本で接地している)(ボディーを接点にリフトアップしない)をキープして 取り付けないと効果が発揮できませんので、注意が必要となります。

ドアミラーは、純正よりも広角な物に変更します。  取り付けは、純正の上から両面テープで貼り付けるだけですが、これが なかなか難儀です。  やり直しがきかないですし、ドアミラーカバーと元々キリギリのクリアランスで付いていますから、位置をだすのが大変。
考えて、簡単な治具を作ってから、慎重に・・・。  約1時間かけて 貼り付け(笑)

1305241



evooyaji at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)