Q5

2018年10月04日

SQ5とTT-RS

2015年式アウディSQ5 ヘッドライト不良の修理から。
先日「アダプティブヘッドライト不良でチェックランプ点灯」でご入庫いただき、フォルトチェック。
すると左コーナリングランプ不良とでましたので、パーツ検索するとコーナリングライト用パワーモジュール(ヘッドライト下側に付いている)が悪いようです。 価格は49248円 と高額なうえ、新品はコーディングが必要となります。
なので、中古品を探して、半額以下で見つけて、バンパー、ヘッドライトを外して交換。
ここまでは、とっても順調に進みましたが、なんと中古品でもコーディングが必要なようで(コーディング内容が微妙に違うのか?)コーディング不良と出てしまいました。

ここから慌てて、色々と試みるもダメ。 
お客様には無理をいって一旦代車を出してお預かり。   正規ディーラーさんでコーディングしてもらうこととし、持込ました。
1時間ほどで出来上がりました とのことで、急いで店に帰り、お客様に連絡。 ところが納車直前に またエラーでチェックランプ点灯。   あ〜また振り出しに戻ってしまいました。

ここで本日完成は諦めて、後日再入庫いただくことに。

一方 私がディーラーさんに行っている間にメカニックは、ご予約のTT-RS エンジンオイル交換、ローテーションを進めておりましたが、こちらも 悪戦苦闘。   1年点検をした某ディーラーさんが色々なところを締め過ぎており、ボルトが緩まなくて・・・。   時間はかかりましたが、こちらは なんとか進めれましたが・・・。

今日の2台は どちらもスムーズにいかない日で とっても疲れました〜。



evooyaji at 18:23|PermalinkComments(0)

2018年07月12日

SQ5 色々と

2015年式アウディSQ5 エンジンオイル交換、ワコーズRECS、ワコーズエアコン添加剤PAC-Pで ご入庫いただきました。
まずは、RECSが施工可能かどうか 確認から。 3リッタースーパーチャージャーはS4で2台ほど確認済みですが、どちらも施工不可でした。
さて このSQ5は どうか?
結果は、ダメ。 
では、他の2点もの作業 開始。
エアコンに関しては、昨年エアコンリフレッシュ作業をさせていただいた車両ですから、今年は添加剤のみとします。 (来年はエアコンレフレッシュ作業の予定となります)  

              作業前と作業後では、吹き出し口温度が1℃下がりました〜。





evooyaji at 12:16|PermalinkComments(0)

2018年04月24日

プラドとQ5

トヨタ ランドクルーザープラド 4ホイールアライメント測定、調整で ご入庫いただきました。
昨年の12月にもアライメント作業をさせていただいておりましたが、今回フロントアッパーアームを社外品に交換されたとのことで、再入庫。
6インチほどリフトアップされて キャスター角が大きく狂った(少なくなった)のを、今回のアッパーアームによって 修正するのが このアームの狙いのようです。

数値は、前回左1度14分、右0度55分が、アーム交換によって左3度29分、3度18分と劇的に改善。
スラスト角については、前回-0度16分からゼロに合わせましたが、今回-0度05分となっておりましたので、再度ゼロに。
今回は調整が少ない(微調整)ので、次は 狂うことなく今の状態をある程度の期間維持できると思います。


2014年式アウディQ5 バッテリー交換で ご入庫いただきました。
アイドリングストップ装着車ですからAGMタイプが必要となります。  いつものバルタAGMにて対応。
メモリー用サブバッテリーを接続しながら交換し、最後の仕上げに専用診断機によるバッテリーメーカー、容量、品番等を入力するとリセット完了となります。
      この作業を忘れると バッテリー過充電の恐れがでますので、必ず必要です。

18042411804242



evooyaji at 20:13|PermalinkComments(0)

2018年02月17日

A1とQ5 バッテリー交換

今日の朝一番は2013年式アウディA1 バッテリー交換。  
バルタAGMタイプを選択、前回も同じバッテリーを取り付けさせていただいたのですが、何だか早くダメになってしまいました。 CCA値が新品時の63%になっていますので エンジン始動できなくても納得の値です。

オルタネーターの良否が気になりますが、今日のテスト時には良好との判定。  しかしながら これで安心とはいきません。 ひょっとすると {時折オルターネーターが悪い時がある} といった壊れ方ですと この一瞬のテストでは 判断できないことがあるからです。 
              ここは、何回かテストして 経過観察ですね。
ちなみに この車両のバッテリー設定は、専用テスターを接続し、3箇所の入力をするのですが、まず始めに20時間容量を入力タイプです。
このタイプが 同じ年式のアウディでも 何種類もあり、ここが複雑な設定となっております。
当店では、VW、アウディであれば どのタイプでも バッテリー交換時の初期設定、リセット作業が可能です。
       正規ディーラーさん以外では、なかなか対応できない部分ではないかと。


続いて、このブログを見ていただき、初ご来店いただきましたアウディQ5
先日電話にて、バッテリーの問い合わせいただき 翌日ご注文いただきました。
                           ブログ やってて良かった〜

こちらの車種はVW、アウディで一番大きいバッテリーサイズとなり、交換するのは一人では無理。
トランクの底から持ち上げて、車外に出すのは二人での作業です。  
                 バッテリー重量 28〜32キロありますので。

この車両のバッテリー設定は、最初に9桁又は11桁のバッテリー品番を入力するタイプ。  社外品バッテリー(ボッシュやバルタなど)の場合 どの数字(どんな数字)を入れたら良いのかがミソですね。

今日の2台とも 2箇所目の入力はベンダー(メーカー)コードを入れるのは 同じです。 これは、各バッテリーメーカーにアルファベット3文字が割り当てられています。

写真は、Q5のバッテリー、上側が新品バルタAGM (社外品)、下側が外したバルタAGM (アウディ純正)

1802171

evooyaji at 21:41|PermalinkComments(0)

2017年11月28日

SQ5 と ゴルフ4

2015年式アウディSQ5 4ホイールアライメント測定、調整です。
この車両は1年4ヶ月ほど前にアライメント調整させていただいておりますが、その際 大幅に狂いがあったため 大きく調整しております。  そして今回タイヤを新調されましたので、再度 作業。

この車両のように 大きな調整をした場合、ゴムブッシュの戻り等により その後の狂い(戻り)が大きいことが予想されますから、早目の再調整が有効ですね。

かわって本日2台目は、ゴルフ4 GTI リアダンパー交換が終わっていますので、今日はフロントを。
これで、あとは4ホイールアライメント作業を残すのみ となりました〜。

17112811711282


evooyaji at 10:05|PermalinkComments(0)

2016年07月29日

ゴルフ7RとSQ5

アウディSQ5 4ホイールアライメント測定、調整の ご依頼。
メカニックによる試運転後、測定すると かなりの狂いがありました。  
「車両が新しい割には 狂いが大きい気がする・・・」とメカニックと話しておりましたが、その後 
お客様より 「1年ほど前に 他店でアライメント調整をしてもらったが・・・・」とのことでした。

なんで この数値になってしまったのか定かではありませんが、この状態からなら 今回の作業で きっと
「良くなったと・・・」と体感していただけることでしょう。

変わって2台目は、VWゴルフ7Rバリアント
「ブーストが抜けているようで・・・」と入庫いただき、お客様のご要望で フォージディーバータバルブのスプリングをブルーの強化タイプに入れ替えてテストするも結果は同じ。
ならば、次はディバータバルブをノーマルに戻してみるも 変化なし。
では、何処かから抜けているはず と探し始めると、なんとインタークーラー入り口のパイプとホースが上手く嵌まっていない状態のままホースバンドが締まっていました。
ゴムホースの正しい位置にバンドの跡がないので、車両製造時の組み付け不良ですね。
このホースには、バンドがずれないように金属の固定部が付いているのですが・・・
写真2枚目の状態でホースバンドが締めてあったんですよ。

          ここを正しく付け直して、ブースト漏れは なくなりました。

16072911607292  

evooyaji at 21:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月16日

Q5 cpm

本日1台目の作業は、Audi Q5 下回りの補強パーツでcpmロワーレーンフォースメントの取り付けです。
通常は、純正品と 共締め または 交換と いたって簡単な作業ですが、このQ5は 純正樹脂アンダーカバーが取り付けボルト部分を覆っていますので、このカバーを外しての取り付けとなりました。
といっても 40分程度で完了。

いつも  このブログで繰り返し書いていますが、この作業で 重要なのは、

          1G状態(4輪ともタイヤが接地した状態)で取り付けすることだと思います。

この状態を作り出すにはドライブオンリフト(タイヤが接地した状態のままリフトアップできる)が必須となりますね。

通常のジャッキアップ(2柱リフト等)ですと ボディーで上げるため、タイヤが浮いて サスペンションが伸びきった状態となってしまい、ボディーは 若干ではありますが ゆがんだ状態になってしまっていますので、通常の走行状態ではなくなってしまっているのです。

写真1枚目 用意したcpm Q5、SQ5用
写真2枚目 作業前 純正状態
写真3枚目 作業後 cpmに交換済み

160415116041531604152









evooyaji at 09:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月28日

タイヤ交換 2台

本日1台目の作業は、Audi TT-RS 選んでいただいたのは前回と同じ銘柄でコンチネンタルCSC 5P、サイズは255/35-19 で アウディ承認タイヤとなります。  何種類かの銘柄を使っていただいた結果 「これが一番良い(フィーリングが良い)」 そうです。
写真1枚目 作業完了後。
 

続いて2台目は、Audi Q5 こちらの車両は 見積3種類ほどの中から選んでいただいたのは、今までと同じBS HTスポーツ 255/45-20 このタイヤもアウディ承認タイヤですね。  この証のAO表記がタイヤのサイドウォールにあります。

そして追加でユピテルのドライブレコーダーDRY-WiFiV5dも。
取り付け後 写真撮影するつもりでしたが、忘れてしまいました。  といいますのも ホイールの汚れが酷かったので、水洗いしていたら すっかり忘れてしまったのでした。

写真2枚目 水洗い後です。   このあとエアーブローして、タイヤワックス塗布して完了。

今日の作業2台は、同じオーナー様。   ○様 2台同時作業 誠にありがとう ございました。

16022811602282
 

evooyaji at 19:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月30日

ああ、上手くいかない

本日の作業は、アウディQ5から。
定期的なメンテナンスでフロントワイパー左右、リアワイパー、ポーレンフィルターの交換です。(写真1枚目)
ワイパーは前後ともアウディ純正品を選択、ポーレンフィルターは、純正よりも高性能なマンフィルターのフレシャスフィルターを使用。
こちらの 車両は、何も問題なく スムーズに完了。

2台目は、先日ガソリン漏れの確認をした アウディA4 クワトロ(B6)、珍しい3リッターエンジンです。

写真2枚目の必要なパーツが揃いましたので、再入庫いただき、作業開始。

苦労して、タンクガスケットを交換し、二人でガソリンスタンドに行き 10リッターづつ入れていると、初めの10リッターを入れたところでメカニックからストップの掛け声が・・・。

なんとフューエルゲージユニットにヘアークラックがあり、そこから漏れてきました。
漏れだすまで、何度も確認したのですが、判りませんでした〜。

漏れ始めると はっきりと クラックが確認できるのですが、 漏れてくるまでは、さっぱり 判らなかったんです。
   私たちの確認不足でした。  

ということで、本日完成できず、また後日仕切りなおしですね。

エンジンアンダーカバーについては、右前に付くパーツが足らなかったので、これを用意し、クリップもパーツリストのとおり用意しましたが、なんと物が合わない。
パーツリストの間違いです。   う〜ん やられました。

正しいパーツの品番を見つけ出し、当店の在庫を確認すると在庫は1個。   う〜ん おしい、必要なのは、2個なので、1個足りない。(写真3枚目 右が間違ったもの、左が正しいもの)
                            これまた再発注です。
ついでに ご注文いただいていたホイールボルトキャップ2種類のみは、上手くいきましたね。

160130116013021601303

evooyaji at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月25日

Q5 コーディング

アウディQ5 コーディング作業をしました。
ニードルスイープ、オートライト感度調整、リアワイパー非連動化、ヘッドライトウォッシャー無効化等の ご依頼。

ご希望の項目 すべて設定完了です。

毎回 このように 上手くいくとよいのですが。   上手くいくように 日々勉強中です。



evooyaji at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)