ゴルフ7

2019年06月22日

ゴルフ7とA4 ARQ

19062212016年式VWゴルフ7GTI マスターシリンダーの遮熱板取り付け。 これ 苦労してアルミ板を切り取り、曲げて、曲げて手作りしております。 金属ベースが出来上がれば、あとは耐熱布を被せて、3箇所リベット留めしたら完成。  今まで安価にて提供しておりましたが、次回より、ちょっとだけ値上げさせていただきます。

写真1枚目のように 車両に付いた状態ですと、苦労して作ったのが わからないのが残念のような、さりげなくて良いような、微妙な感じではあります。

                         これ 自慢の一品です。

替わって 次の車両はアウディA4 オールロードクワトロ(8W) 1ヶ月ほど前にショックアブソーバーの交換をさせていただいた車両です。   今日は、4ホイールアライメント測定、調整で ご入庫いただきました。
写真2枚目は、荷重を抜いて リアキャンバーを調整中。  ここの調整は専用工具が必要です。(写真2枚目) 
随分前に探しましたが見つからないので自作したソケットが活躍します。
苦労して作りましたが、今なら 各メーカーから もう発売済みかも?しれませんね。

写真3枚目 相手のナットは、こんな形なんです。

190622219062231906224





evooyaji at 18:04|PermalinkComments(0)

2019年05月12日

2日続けてDSGオイル交換

1905121昨日はアウディA5  今日はVW ゴルフ7Rバリアントです。
まずはポーレンフィルター、点火プラグ交換からスタート。 
写真1枚目 交換したパーツです。 走行距離4万3千キロで、距離相応の減り具合といったところでした。

写真2枚目は、外したDSGフィルター。  左がゴルフ7、右は昨日のA5

写真3枚目は、新油を注入し、油温を測定中。  規定温度までアイドリングして待ちます。

写真4枚目 抜き取ったオイル。 左からA5の最初に抜いたもの、A5の油量調整でオーバーフローしたもの、そしてゴルフ7の最初に抜いたもの、ゴルフ7の油量調整でオーバーフローしたものです。

距離にして1万3千キロ ゴルフ7の方が走っていますが、色は真っ黒に近いです。 
次回はもう少し早めの交換がベターですね。   
                  やはり 3万キロごと がベストといったところ。

190512219051231905124

evooyaji at 17:26|PermalinkComments(0)

2019年04月06日

Nワゴンとゴルフ7

ホンダNワゴン 点火プラグ交換と4ホイールアライメント測定、調整で ご入庫いただきました。
プラグは純正のイリジュウムからNGKルテニウムにグレードアップ。 (写真1枚目 外した純正品)

アライメントはリアの調整が出来ない車両ですが、幸いリアは綺麗に揃っておりましたので よかったです。
フロントトゥ2箇所を調整し、出来上がり。  直進性アップいたしました〜。


変わってゴルフ7GTI レカロのベースフレームに付属の疑似抵抗が悪くなったようでエアバック警告灯点灯。 フォルトチェックしてみると サイドエアバッグ 過大抵抗値 と出ていました。
リセットして様子をみてもらうと、初めは2週間ほど良いがまた点灯。   それが 段々と短くなり、リセットしても2日で点灯してしまうようになったので、何種類かの抵抗を用意して、交換しました。
外したレカロの抵抗は、基準値ぴったりでしたが・・・?
ということで、基準よりも 少しだけ低い抵抗値でキャンセラーを作って取り付けてみました。

これで どうなるのか しばらく様子見です。

写真2枚目は、ついでに ご注文いただいたブレーキ エアーダクト。  さすが純正パーツだけあって よく考えられていますね。


19040611904062




evooyaji at 20:15|PermalinkComments(0)

2019年01月31日

警告ランプ取り付け

今日は空いた時間を利用し、当店デモカーのゴルフ7GTIに バックドア警告ランプを取り付け。
部品一式(本体、カプラー、配線とも純正品で用意)は、昨年末に揃っていたのですが、取り付ける時間がとれなくて 作業は延び延びとなっていました。

内張りの裏側に取り付け位置のマーキングが有るかな?と思って外してみると、何も無し。
ならば、何処に付けるか、しばし考え 「えい、ここに決まりと」

すでに追加してあるトランク内の右側照明から配線を引いて、本体固定用の長方形の穴を開ければ 出来上がり。 
これで、安全性アップ。  
                 これフロントドア左右にも有ったら良いですね。 

19013111901312   

evooyaji at 19:31|PermalinkComments(0)

2018年12月08日

ゴルフ7 ブレス取り付け

2016年式VW ゴルフ7 Rライン このところ連続で ご入庫いただいている車両です。
今日はイシカワエンジニアリング iSWEEPフロントロワアームパワーブレスの取り付け。

この商品はロワアーム固定ボルトに挟み込むように付けるタイプとなります。   この車両にはcpmの補強がすでに入っておりますので、さらに強固になりました。
オーナー様いわく 「固くなりすぎたら、外してみることも 予め想定で・・・」 とのことですが、お好みは どのあたりとなりますでしょうか。

1812081

evooyaji at 10:19|PermalinkComments(3)

2018年11月11日

ゴルフ7 乾式7速 DSGオイル交換

2016年式ゴルフ7 バリアント Rライン (CHP) DSGオイル交換で ご入庫いただきました。
「走行距離2万6千キロですから、もう少し後でもOKですよ」 とお伝えしましたが、オーナー様の判断は「即交換を・・・」 と。
当店にはSST(専用工具)がありますので、オイルをこぼすことなく、きっちりと規定量入れることが可能です。

ご予約いただいた時点で、そういえばゴルフでいうとゴルフ5、ゴルフ6の乾式DSGオイル交換は何台も経験がありますが、ゴルフ7は 湿式DSGばかりで乾式は初 となることに気がつきました。
整備書を確認するとゴルフ5、ゴルフ6とは量が違いました。 念のためSST品番を確認すると こちらは同じでOKです。            ドレーンボルトの締め付けトルクも同じ。
ここまで 判ればあとの作業は いたって簡単。   これも ひとえに専用工具のおかげですね。

写真1枚目 用意したVW純正オイルと整備書をプリントアウト。

写真2枚目 抜き取ったオイルは、私の予想よりも汚れており、こんな見た目です。 


18111111811112


evooyaji at 13:16|PermalinkComments(2)

2018年11月03日

ゴルフ7RとA4

本日朝一番は、2015年式VWゴルフ7R 4ホイールアライメント測定、調整から。
初めてのアライメント調整 ということで、予想どおり 沢山(数値を大きく動かす)調整させていただきました。

これで左前の片べりも随分改善しますし、直進性も良くなります。


本日2台目は2003年式アウディA4アバントクワトロ(AMB)ウォーターポンプの交換です。
先日タイヤ交換作業の際にLLCが漏れているのを発見しました〜。

この車両は4年半前にタイミングベルトとともにウォーターポンプ(アウディ純正リビルド品)を交換しているのですが、漏れてしまいました。
ならば 今度は社外品新品にて交換します。
縦置きエンジンは このような作業時には バンパー、ヘッドライト、コンデンサーなどを外して、コアサポートをサービスポジションにしないと出来ませんので、少しだけ手間がかかりますね。

写真1枚目 タイヤ交換時はピンクのシミのみ(乾燥している状態)でしたが、悪化しているようで漏れが多くなり、明らかに濡れています。

写真2枚目 SST(専用工具)が取り付けられて、ここからコアサポートを前方にずさした状態で作業を進めます。

写真3枚目 ついでということで追加となりましたフューエルキャップのゴム紐。   千切れておりましたので、きっちり交換いたしました。   当店では ゴム紐のみ 用意しておりますから とっても安価。


181103118110321811033




evooyaji at 18:25|PermalinkComments(0)

2018年10月27日

ゴルフ7 プラズマダイレクト

先日 色々と作業させていただいた2016年式VWゴルフ7 バリアント Rライン
本日は点火コイル プラズマダイレクトと点火プラグの交換。
走行距離が2万5千キロのため、プラグ交換をどうするか?  微妙な距離でしたので、お客様と相談したところ、「ついでですから交換で・・」 と即答いただき、交換となりましたが、外したプラグを見てみると、その決断は正解でした。
このCHPエンジンは、ボッシュ製プラグのみが純正採用されており、他のメーカー設定がされておりません。
通常ですと2〜3メーカーのプラグが設定(採用)されているのですが・・・。
純正プラグの品番からボッシュ品番を検索し、価格を比較したところ 価格差 大。
これはVW純正品ではなく、ボッシュに直接発注するのが正解ですね。

写真1枚目 用意した点火コイルとプラグ。

替わって写真2枚目、3枚目は、ボクスター986  メカニックがナビ本体を外している間に私は汚れが積もったマフラーエンドを磨いてみました。  写真2枚目が作業前で、30〜40分磨くと はい、写真3枚目のとおりピカピカになりました〜。
写真よりも 実物の方が綺麗なんですが、上手く 写真では表現できていないのが残念。

181027118102721810273

evooyaji at 10:55|PermalinkComments(0)

2018年09月29日

ゴルフ7 COXマフラー

18092912016年式VWゴルフ7 バリアント Rライン 「COXマフラーを取り付けたい」と ご来店いただきました。
COXさんのHPで 調べてみると ハイライン専用品 となっておりますので、これは要 電話確認。
 といいますのも Rラインとハイラインは、原動機型式、車両型式とも全く同じですが、国土交通省への届出にグレードの記載があると 車検対応ではなくなってしまうからです。
また この2車はリアディフューザー(マフラー出口のパネル)が違いますから、ここのクリアランスも要 確認。

COXさんの回答は、「車検については、グレードの記載がないのでOK、リアディフューザーについては 当社で取り付けの実績がないので、判りません。 数回Rラインで出荷実績はありますが、そのまま付いたのか?加工が必要であったのか未確認です。」 とのこと。
お客様と相談し、やってみることに。

で、本日写真1枚目のパイプカッターで純正マフラーをカット中。  新調したパイプカッターの刃は、さすがに よく切れるので、切り口が綺麗です。

写真2枚目、3枚目は、完成。   ここまで、意外と難儀して、位置調整を繰り返しました。 出口をなるべくセンターに、そして2本出しですから できるだけ水平にするには 何度も何度も調整しましたから。

これ やっぱりハイラインなら 簡単に出来るのですかね?

写真4枚目は、最後にバッテリー充電。  先週の測定結果がCCA値で84%でしたので、導入したばかりのスナップオン バッテリー充電器で100%(今現在充電できる限界値)まで充電します。

ミドトロニクスのコンダクタンステスターで結果測定すると、バッテリー 要交換 ということで、バッテリーのご注文をいただきました。


180929318092921809294




evooyaji at 12:05|PermalinkComments(0)

ゴルフ7 バッテリー交換

本日は、2台続けてゴルフ7 
2台目は2016年式GTI バッテリー交換です。  先週CCA測定すると68% これは、即交換するしかないです。
ということで、選んでいただいたのはボッシュAGM
いつものようにOBD2から電源供給しながら、交換し、最後の重要な仕上げでバッテリー容量、ベンダーコード、シリアルナンバーを入力して、リセット。

写真の画面から、これら3つの入力箇所を探して 入力すれば完成です。

1809295

evooyaji at 11:21|PermalinkComments(0)