メルセデスベンツ

2021年01月17日

W124 パワステ修理

2101171先日色々と修理させていただいたW124 今回はスタッドレスの取り付けです。 選んでいただいたのは、BSの195/65-15 VRX2 です。 この時期ですからメーカー在庫が無いのではないか?と思いましたが、まだ数台分のみですが、在庫が有りました。

スタッドレス用の社外ホイール取り付けボルトが無かったので、急遽手配することに。
座面形状の確認に始まり、球面であることを確認。 ここからさらに球面形状は12R、13R、14Rと種類がありますので、これの特定に時間がかかりますね。  ここが判れば あとは長さだけですから簡単。   土曜日でしたが、運よくメーカー在庫ありで、本日発送、明日(日曜日)着予定で手配完了。

続いて、前回の作業でOリング(シール)を交換したパワーステアリングのオイルタンクですが、まだ漏れが発生。   ということで、再度外して、シール材を塗布して組み直し。

                今度は 大丈夫でしょう。



evooyaji at 17:13|PermalinkComments(0)

2020年12月25日

E350クーペ メンテナンス

20122512012年式メルセデスベンツ E350 クーペ (C207) メンテナンスで ご入庫いただきました。
フロント右スタビリンク、フロントブレーキローター、パッド、ワイパーブレード、エンジンオイル、フィルターなどの交換です。
数多くある正規ディーラーはもとより、修理店の中から 当店を選んでいただき、光栄です。

写真1枚目は、用意したパーツ。 ローターはディクセルPD、パッドはメビウスユーロエコ、ワイパーブレードはボッシュ、オイルはモチュール8100、オイルフィルターはマンを選択。 これら以外は全てMB純正品。

写真2枚目 破れているスタビリンクのブーツ。 まだ破れて間もない感じです。

写真3枚目 メカニック2人がかりで作業中に、私は外れているフロントホイールを洗浄します。

写真4枚目 雨の中 1時間ほどかけて洗浄。 残っていたバランスウエイトの両面テープもステッカー剥がし剤にて除去。 ふ〜ぅ綺麗になりましたが、まだ あと1本。

写真5枚目 そうこうしているうちにローターが外れました。 今度のディクセルは純正と比べてドリル穴の数が違いますね。

写真6枚目 ブレーキ系完成。  最後に分解整備記録簿を記入して出来上がり。

20122522012253201225520122542012256




evooyaji at 15:42|PermalinkComments(0)

2020年12月17日

W124 B4 取り付け 2

2012171昨日からの続き作業で、今日はパワーステアリング系(以下パワステ)とファンベルト系を行いました。
パワステについては、今年の7月にゴムホースとパワステオイルタンクの蓋ゴムを交換したのですが、その部分が良くなったのと引き換えに、今度は別のゴムホースとパワステオイルタンクの下側からオイル漏れ発生。 まあ、こいいったことは ある程度想定内。 
ということで、パーツを調べて在庫確認すると 「パワステオイルタンクの下側のシール(ゴム製)は生産中止です」との回答。 「何とかならないか」 と問い合わせしましたが、「これは諦めです」と。
私は諦めきれないので、パーツリストEPCで色々と調べたり、ネット検索したりと時間を掛けて調べていると、納入メーカーは2社で、それぞれで良さそうな物を発見。
パワステポンプO/Hキットです。 この中に目的の物が含まれているのか確認するも「よくわからない、多分含まれているのでは・・・」と。
まあ、やってみることとなり、発注した次第。
結論から言ってしまえば、上手くいきました〜。  パーツが無駄にならなくて 良かったです。

ゴムホースについては、何も問題なく 交換して、オイルを入れ エアー抜きして完成。

写真1枚目 用意したパワステ系のパーツ。 これ以外にもちろんパワステオイルも。

写真2枚目 オイルタンクを外した状態。 ティッシュでオイルを抜き取っている4本の穴は この車両では 使っていない所。 この車両はゴムシールの内側の4本で固定。  このあたりの構造が今一つです。  やはりゴムシールの外側4個所で止める方がベストだと思われます。

写真3枚目 ファンベルト、テンショナーなど。 冷間始動時のみ、一瞬だけ 耳障りな異音がでている状態でした。

写真4枚目 右が社外品新品、左が外したテンショナー。 内部の金属製バネの劣化により角度(テンション)が変わってしまっています。


201217220121732012174


evooyaji at 15:32|PermalinkComments(0)

2020年12月16日

W124 B4 取り付け

20121621994年式メルセデスベンツ E280 サスペンション系、ファンベルト系、パワーステアリング系の交換、修理で ご入庫いただきました。
まずはサスペンションから作業開始。
写真1枚目 用意したフロント一式です。 ダンパー(ショックアブソーバー)のみ社外品でビルシュタインB4です。 こちらは 何も問題なく、スムーズに進みます。

写真2枚目 外したフロントダンパーとバンプラバーですが、下側の新品を比べると、これだけ砕けてなくなっています。

写真3枚目 用意したビルシュタインB4 リアダンパー。

写真4枚目 リアのブッシュ。 上が新品、下が外したものです。 ゴムブッシュが潰れているのが確認できます。

        明日からは、ベルト、パワステへと移ります。

201216320121642012165


evooyaji at 19:40|PermalinkComments(0)

2020年08月11日

W124 純正オーディオ修理

1994年式メルセデスベンツ E280 (W124)純正オーディオ修理を行いました。
メインボリュームの不調で音が出ない症状。 オン、オフを繰り返していると たまに音が出るのですがボリューム調整をしようとすると、音が出なくなってしまう状態。

専門業者さんに送って、メインボリューム交換と合わせて 全てのコンデンサーも交換。
   これにてヘッドユニットは復活いたしました。  残るは電動ロッドアンテナの修理ですが、こちらは どういった方法をとるのか まだ悩んでおります。
 
ついでにご注文いただいていた、ポルシェ964、993のキーバッテリー(キー電池)を4台分5本を交換。
こちらも 上手くいきました。

evooyaji at 11:24|PermalinkComments(0)

2020年07月19日

W124、ゴルフ6

20071911994年式メルセデスベンツE280 (W124) ボンネット先端部に付いているパーツ3点のご注文をいただきました。  ところが 品番検索し、オーダーすると「この商品は発注できません」とインフォメーションあり。
どういうことか電話で確認すると「3点とも生産中止で在庫なしなので・・・」と。
ここから何処か在庫で持っているところがないか、海外を含めて 社外品は存在するのか などなど数日調べていたところ、右側のみ 別の年式だと違う品番であることが判りました。
では この品番は在庫があるのか調べると「国内在庫2個のみあり、これが無くなると生産中止で入手不可となります」と。 ボンネット品番は同じなので、取り付けは問題なさそう。 あとは形がどう違うのか?写真を入手し、比べるも写真では違いが判らない。
お客様に3点は揃わないが1点だけ(右だけ)なら用意できますが・・・と連絡し、オーダーいただきましたので、発注。  その際に「固定用クリップは付属していますか?」と問い合わせをかけたのですが、判らない。 まあ、残り2個なので発注してみることに。
一昨日届きましたが、固定用クリップは付属していませんでした。 でもパーツリストにはクリップが載っていません。   またまた時間をかけて調べていくと、品番が分かりましたので90円*6個発注。
                全く問題なく 取り付け完了。

写真1枚目 上側が他年式用 新品、下側が外したもの、樹脂にゴムが溶着されていますが、ゴム部分が所々無くなっています。

写真2枚目 わかりにくいですが、所々ゴムが無いです。


変わって次の車両はゴルフ6GTI エアコンリフレッシュ、エンジンオイル交換で ご入庫いただきました。 エアコンリフレッシュから始めましたが、134aガス量が348gから規定量の525gになっても0.9℃しか効率が上がりません。 コンプレッサーが完全には壊れてはいませんが、本調子ではない状態。
作業前よりは冷えておりますが、あと一歩。 

作業待ちの間に「ついでにエアコンフィルターも在庫があれば交換しておいて」「今まで一度も交換したことがないので・・・」と。 在庫がありましたので、即作業開始。
相当汚れが堆積したフィルターが出てくるであろうと想像しましたが、取り出したものは、やっぱり・・・。 写真4枚目、5枚目です。  1万5千キロ走行ごと、または1年 で交換が必要ですね。

写真3枚目 リフレッシュ作業中。


2007192200719320071942007195

evooyaji at 15:38|PermalinkComments(0)

2020年07月02日

W124 エアコン part4

本日予定どおりMB純正Oリング(シール)が入荷しましたので、交換後 真空引きをし、134aガスを充填しました。 試運転時に吹き出し口温度を測定しながら走ってみましたが6.5℃と冷え冷えです。
       あとは、この状態をどれぐらい維持してくれるか ですね。
ゴムホースやエバポレーターから漏れ出さないことを祈ります。

最後の作業はリアデフオイル交換。
写真1枚目 ドレーンボルトにはネバネバのものが付着していました。

写真2枚目 試しにドレーン穴から指が届く範囲をなぞると 何やらブツブツのものが沢山あります。
金属ではないので、スラッジといいますか?  これは 何でしょうか。
       次回 早めに もう一度オイル交換がよさそうです。
                               これにて終了。       

20070232007024

evooyaji at 19:09|PermalinkComments(0)

2020年07月01日

W124 エアコン part3

メルセデスベンツ エアコン修理は ようやく終盤となりました。 
組み付け時に一旦外さないと 上手く付かないホースがあり、切り離したため、MB純正Oリング(シール)を発注。 これが 明日入荷の予定となりましたので、真空引き までで作業中断。

次のパワーステアリング系に移ります。 ホース、オイル、フィルターなどの交換です。
3点とも社外品パーツです。  これらは、何も問題なく、サクサクと進み、終了。

次のシフトリンケージブッシュで悪戦苦闘。  
ミッション側のブッシュのみ 砕けてしまったのか、パーツが付いていない状態で、大穴が空いてリンクがグラグラ。
この穴にMB純正ブッシュをパッチと入れるだけなんですが・・・。
いつもなら1時間ぐらいで入るのですが、今回は なかなか入らなくて、なんと3時間ほどかかってしまいました。 そろそろ専用工具(SST)を購入しようかな?と思っていましたが、今回自作しましたので、これを大切に保管。      でも次に使うのは いつ?

最後の作業はオーディオとラジオアンテナ。
電動アンテナが途中で引っ掛かり収納されない。 たまに上手く収納される時もある。
これは おそらくロッドの樹脂製ギア部分がすり減ったためでしょう。  モーターは動いている(既定のパワーが有るのか?無いのか?は判らない)ので、ロッドのみ交換してみるのが良さそうです。  早速純正パーツを調べると、ロッドのみは生産中止。 アンテナASSY 96096円とのこと。

う〜ん、これは 代替品等を探すことにします。

オーディオ本体は、電源が入るが音は出ない。  これ電源スイッチ&ボリュームの不良でした。
何回か電源を入り切りしていると音が出ます。 でもボリュームを触ると、音が切れてしまう状態。        これも対応を考えます。


200701320070112007012






evooyaji at 10:46|PermalinkComments(0)

2020年06月30日

W124 エアコン part2

2006301ボルト1本と格闘しておりますW124  本日このボルトが緩みました〜。緩んだ瞬間にサビの粉がメカニックに降りかかり、周りは赤い粉まみれ(笑)
これで一気に作業が捗ります。 というか、通常の手順に戻ります。

コンプレッサー、エキスパンショオバルブ(以下エキパン)を外して、エキパンの代わりにエアコン回路洗浄キットのアタッチメント(エキパンと同形状でバルブ無し)を取り付け、エアコン回路内を134aガスにて洗浄していきます。

写真の黒いタンク(赤いホースが繋がっている)がTEXA 780Rのオプション、エアコン回路洗浄キットです。
この車両は、同じ作業を6回繰り返して、流れるガスが綺麗になるまで洗浄しました。



evooyaji at 12:17|PermalinkComments(2)

2020年06月28日

W124 エアコン修理

1994年式メルセデスベンツE280 (W124) エアコン修理等にて ご入庫いただきました。
今年の3月にエアコンリフレッシュ作業をさせていただいたのですが、「また効きが悪くなってしまった」とのことです。  まあ、ある程度 想定しており、前回の作業で蛍光剤入りのオイルが注入してあるので、紫外線ライトを照射し、専用メガネをかけて確認していきます。
するとコンプレッサー本体が光っております。 またコンプレッサーからコンデンサーのホースも光っている状態。 このホースは、コンプレッサーから飛び散ったオイルが付着したものか?それともホースから漏れているのか? 今の段階で判断できません。  でもゴムホースですから経年劣化は否めないので、交換が望ましいです。
ところが、見積の段階で このホースは生産中止 だと分かりましたので、今回は そのまま再使用することに。

写真1枚目と2枚目のパーツを用意して エアコンから作業開始。 
開始早々にドライブベルトのテンショナーボルトが固着しており、全く緩まない。 このボルトが緩まないと作業が進められない・・・。 1mのパイプを繋いで力をかけても工具が しなるだけでびくともしない。
オイルスプレーをたっぷりかけておいて、他の部分を進めることに。 

           結局 初日の作業は このボルト1本が 緩まず終了。

20062812006282


evooyaji at 12:05|PermalinkComments(0)