AMG エーエムジー

2022年05月28日

AMG C63S 異音修理

2205281何度も ご入庫いただいている2015年式 AMG C63S セダン 4万7千キロ走行  毎回少しずつですが良くなってはいるのですが、まだダメで 今回はショックアブソーバー(電子制御ダンパー)、アッパーマウント類の左右交換してみることとなりました。  このオーナー様はC63Sを2台所有されており(セダンとクーペ)もう1台のクーペは異音なし とのことで・・・。
写真1枚目 用意しパーツ 全てMB純正品。 電子制御ダンパーは 意外にも7万2千円/1本と私の予想よりも安価でした。 逆にアッパーマウントは2万円オーバーですから、こちらは予想よりも高額。

写真2枚目 外したサスペンションASSYを分解するとアッパーマウントとスプリングアッパーシートの間にあるべきシムが入っていませんでした。??   前オーナーが車高を下げるために抜いたのか?

写真3枚目 スプリングアッパーシートは変更されたようです。 左上の黒いのがシムです。

写真4枚目 組みあがりましたので、車両に戻します。

左右同じ作業をして、試運転。  やっと異音が無くなりました〜。 


220528322052822205284

evooyaji at 19:09|PermalinkComments(0)

2022年04月15日

C63Sと991.2

22041512015年式AMG C63S セダン 先日異音修理でロワアーム交換した車両。
まだコトコト音が気になる(キュルキュル音は完治)とのことで、再入庫いただきました。

ここからは原因究明できておらず、怪しい所を順番に潰していくしかない状態です。
(リアシートで確認すると左リアからでているように聞こえますし、助手席で聞くと左前から聞こえるのです)

お客様の判断で、もう1本のロワアーム(MB名ストラットロッド)を左のみ 交換してみることに。

交換後の試運転で音が出る頻度が少し減ったか。 音質が変わったように感じられますが、まだ音はあります。
     う〜ん どうしたものか。

替わって本日2台目は2017年式ポルシェ 911 (991.2) カレラ カブリオレ 「エアコンの効きが悪い気がする」とのこと。  エアコンリフレッシュ作業で ご入庫いただきました。

早速ガスを回収すると810g と規定量950g から140g 少ない(抜けた)状態でした。 ガスと同時に抜けたコンプレッサーオイルは3g
5年で140gですから28g/年 だいたい標準の漏れ量(20〜25g/年)ですから安心です。
真空引き、圧力テスト、ガス充填と進めます。
         規定量ぴったりの950gを充填して出来上がり〜。

220415222041532204154





写真1枚目 用意したパーツ、全て純正品。

写真2枚目 このアームもボールジョイント部にアルミ製のカラー有り。

写真3枚目 上側が外したもの、下側が新品。

写真4枚目 この部分が変更(対策)されておりました。







evooyaji at 18:22|PermalinkComments(0)

2022年03月09日

C63S ロワアーム交換

22030922015年式AMG (エーエムジー、アーマーゲーではありません*) C63S セダン エディション1 珍しいマットカラーでイリジュウムシルバーマグノ(オプション価格は びっくり値段)

先日「異音がする」とのことで、ご入庫いただき、確認すると据え切りでキュコキュコ、キュルキュルとステアリング操作に連動し異音あり、また路面にうねりがある所を低速走行するとゴツゴツ、コツコツといった異音もあり。
原因特定ができませんが、まずはロワアームから交換してみることに。 この部分はC63だけではなくW205全般で不良が出ているようです。  C63Sだけに絞り込んでも 過去1年間で国内20台ほど部品出荷実績があるようです。 関連する 再使用不可ナット4種類も用意してスタート。

交換後はキュコキュコ、キュルキュルはすっかり無くなりましたが、ゴツゴツ、コツコツは まだ有り。 う〜ん、次は どこでしょうか?  試運転を繰り返し リアシートで確認すると左リアからでているように聞こえますし、助手席で聞くと左前から聞こえるのです。 おそらく 両方ともから音がでているようです。
               さあ、どうしたものか。
一旦4ホイールアライメント測定、調整をして 納車とします。


*AMGの読み方、呼び方ですが、今はエーエムジーとのこと。 昔は日本のみアーマーゲーと皆さん発音されておりましたが、これ日本人の大きな間違いです。 そのままドイツ語読みするならばアーエムゲーですよね。 だってBMWを日本人もベーエムヴェーと発音し、Mをエムと言っていましたので、こちらは正しいですから。 こちらも今はビーエムダブリューですが。

写真1枚目 外したパーツ。

写真2枚目 問題のボールジョイント部はアルミのカラーが付いており、とても拘って作られております。

写真3枚目 AMG専用品の証。 内側がゴムブッシュではなく、ピロボールになっているのはC63S用だけとの情報ですが、C63用はゴムブッシュ?なのか 私は未確認です。

22030932203094
 


evooyaji at 19:39|PermalinkComments(0)

2021年11月19日

C43 と ビートル

2111191AMG C43 は、最後の作業でバッテリー交換です。
アイドリングストップ付き車ですから、交換後はバッテリーリセットが必要となります。
当店の診断機で対応できますが、目的のリセット項目が何処の階層にあるのか? 診断機メーカーさんのサポートセンターに問い合わせし、電話を繋いだまま 作業手順を教えてもらい完了。
診断機メーカーサポート担当の方 いわく、同じモデルでも年式によって違う場合とかもあり、なかなか難しいとのことでした。
当店としては、診断機メーカーサポートがあるので、大変ありがたく、何度か助けていただいております。
                 これにて全作業終了です。
替わって1996年式VW ビートル(Type-1) 4ホイールアライメント測定、調整にて ご入庫いただきました。 「右前タイヤが内ベリしてしまった」とのことです、この165-15と細いタイヤが片べりするということは、相当悪いことになっているということですね。

いつものように試運転後、テスターの赤外線センサーを取付、測定してみるとフロントトゥ左0.4ミリ、右マイナス5.2ミリ、基準値は1.6〜4.7ミリ
これでは右前が内ベリしても当然です。 
          数値的に悪い方の右トゥ調整から始めることに。
ところが、ロックナットが錆びついて緩まなくて・・・・、やっとの思いで緩みましたが、今度は錆びで調整出来ない状態。 ここが動いてくれないと、問題解決になりませんので、2時間ほど格闘。

ようやく動いてくれましたので、調整し、反対側の左の調整に移ります。
こちらは何事もなく進みましたので、いつものとおり。

調整後の試運転から帰ってきたメカニックが「ものすごく良くなりました〜」「でもステアリングの遊びが大きいのが気になる」と。
そこで基準値を調べてみると やはり大きい。   ならばギアボックス調整をすることに。
スペアータイヤを外して、サービスホールの蓋を開けると、調整が現れます。
ステアリングを所定の位置に動かしてから調整作業。

再度試運転すると、「ばっちりです」と。
都合6時間ほど掛かって終了。 かなり苦労しましたが、よくなったので(結果がでたので)善しです。

21111922111193


evooyaji at 17:31|PermalinkComments(0)

2021年11月18日

AMG C43 車検

21111812016年式 AMG C43 車検整備で ご入庫いただきました。
            実のところ 先週から 作業を続けておりました。 
走行距離1万キロですから 特に悪いところもなく、先に車検基本整備をして 最終検査を受けました。 残るはオイル全交換とバッテリー交換。 写真1枚目のパーツを用意し、フロントデフオイル、リアデフオイルからスタート。 フロントは既に交換歴あり。  リアは初の交換となります。
写真2枚目が抜き取ったオイル。

写真3枚目 センターデフオイル こちらは前回交換した際の あまりがボトルキープしてありますので、これを使用。

ATF交換は当店初のMB 9速ATとなりますので、整備書と診断機の手順書などA4 11枚を用意してからスタート。
この作業はオーバーフローパイプの構造とポジション1〜4の意味(役割)が判っていないとできないです。 あらかじめ整備書を読んでも?? 実際にやりながらですと やっと理解できるといった具合でした。

写真4枚目 ATF交換のため 用意したパーツ。 樹脂製オイルパン兼オイルフィルターとなりますので、オイルパンASSY交換。 オイルもMB純正オイルです。

写真5枚目 抜き取ったATFは 距離の割に汚れています。

写真6枚目 左が外したオイルパン、右 新品。

写真7枚目 ドレーンプラグにキラキラと光る金属粉が付着しておりました。

この樹脂製ATオイルパンはBMWとよく似た感じのものですが、MBはとっても安価で、この車両の場合15180円。   BMWは 5〜6万円ですから・・・。

211118321111842111182211118621111852111187 


evooyaji at 19:19|PermalinkComments(0)

2021年07月07日

C63S グリル交換 3

2107071先週 もう1台の車両(C63S クーペ後期)から外したパナメリカーナグリルを 今度はC63S セダン前期に取り付け。

同じ作業を3回目となりますので、少しずつ早く出来るようになりました。

写真1枚目 フロントバンパーが外れた状態。 よ〜く見ると・・・。

写真2枚目 エアコンコンデンサー前とエンジンオイルクーラー上には枯れ葉やタバコの吸い殻が・・・・

写真3枚目 左右のインタークーラー前にも枯れ葉。  これらを清掃してから 組み込んでいきます。

写真4枚目 完成。  ボディカラーはマットシルバーで渋いです。  

210707221070732107074

evooyaji at 17:14|PermalinkComments(0)

2021年07月02日

C63S グリル交換

21070212016年式AMG C63S クーペ 1カ月半ほど前にパナメリカーナグリルに交換させていただいた車両ですが、今回は純正戻し作業で ご入庫いただきました。
この車両は売却とのことで、もう1台お持ちのC63S セダンに このパーツを付けることとなりました。

            それにしてもC63Sを 2台所有は凄いです。


evooyaji at 16:57|PermalinkComments(0)

2021年05月21日

AMG C63S グリル交換 2

2105212昨日から作業のAMG エーエムジーC63S クーペ 
エンブレムを取り付け、グリルを固定したら、アルミリベット3ヶ所打ち込み折り返し。

写真3枚目 完成。 随分イメージが違いますね。

写真4枚目 リアロワアームの内側がシム式のキャンバー調整になっています。 同じC63Sでもセダンは調整出来ない構造ですから、クーペのみ この調整可能な構造のようです。 

210521321052142105211

evooyaji at 11:25|PermalinkComments(0)

2021年05月20日

AMG C63S グリル交換 1

21052012016年式AMG C63S クーペ グリル交換で ご入庫いただきました。
パナメリカーナグリルに交換するのですが、「よくある社外品では精度が悪いのでダメ、純正品でないと」 とのことで、MB純正グリルです。

まずは、バンパー外しからスタート。 外れると中から現れたA/Cコンデンサー、オイルクーラー、インタークーラー2個の前面に枯れ葉が積もり、コア2段分ほど隠れているところもありました。
メカニック2人が作業している間、私と家内でピンセットと掃除機を使って、綺麗にお掃除。

本題のグリルはバンパーを外しただけでは外れなくて、バンパー裏側のアルミリベット4ヶ所(写真2枚目)も外さないとダメ。 ここで純正リベットを調べると、308円/1個、ということで、3ヶ所だけ外してできないか?試してみると これでOK   308円節約しました〜。

グリル中央のエンブレムは、裏側のクリップ部の形状が違っており(写真3枚目、4枚目)、移植はできないので、新たにパナメリカーナグリル用のエンブレムを購入することに。
これ見た目以上に高額で51920円でした。    グリルが68970円なので・・・。 

このあたりのパーツがAMG専用品のため、高額な設定なんでしょうか。

組み付けは また明日。

210520421052032105202





evooyaji at 11:11|PermalinkComments(0)

2020年07月30日

C63S アライメント

2カ月ほど前にKW (カーベー)HAS (ハイトアジャスタブルスプリング)を純正に戻す作業をさせていただいたAMG C63S 右ハンドル。
今日は4ホイールアライメント測定、調整とエンジンアンダーカバーのタッピングビス2本とクリップナット1個も用意してありますので、取り付けます。 このパーツの品番を調べるのに少々時間がかかりましたが、無事に正しいものを入手でき、取り付け完了。

写真1枚目 用意したパーツ。

写真2枚目 アライメントテスターのオプション品、MB(AMG含む)専用アタッチメント。 指先の棒5本が純正ホイールの取り付けボルト脇の穴に ぴったりと嵌って固定できます。

20073012007302

evooyaji at 11:13|PermalinkComments(0)