プジョー

2019年12月07日

プジョー208 エアーパイプ取り付け

2014年式プジョー208GTI 先日バッテリー交換作業時に 何だか変だな〜と思いながら作業を進めていると、「ああ、エアーパイプが無い」 と気がつきました。 バッテリー前に付いているはずのL型パイプなんですが。
これが外れたとしても、ミッションなどに当たり、道路に落とすことはないはずです。

どうあれ、このままではいけませんので、品番検索し、在庫を確認すると「日本には在庫無し、本国(フランス)在庫不明、本国に有れば1〜1.5ヶ月で入荷します」  との回答。 
お客様と相談し、バックオーダーしました。

                  そこから約1ヶ月が経ち、入荷しました〜。 
このパーツを取り付けていて、閃いたのですが、ひょっとして何処かでエンジンオイルフィルターの交換時に外さないとできないため 外して、付け忘れてしまったのかも?

        このパイプの真下にオイルフィルターがありますから。  まるでパイプで隠すかのように。 

19120731912074     

evooyaji at 16:07|PermalinkComments(0)

2019年11月24日

208 プラグ交換

2014年式プジョー208 GTI 点火プラグの交換。
用意したのはプジョー純正プラグのNGK製。 外したプラグは、走行距離10キロオーバーですから、当然ですが かなり磨耗していますね。   
                    次回は もう少し早めの交換がベターです。

1911242

evooyaji at 10:33|PermalinkComments(0)

2019年06月09日

208 GTI メンテナンス

1906092プジョー 208 GTI メンテナンス色々で ご入庫いただきました。
まずは、写真1枚目のラジエーターサブタンク(エキスパンションタンク)、キャップの交換からスタート。 樹脂製タンクに無数のクラックがありましたので、漏れ出す前に交換です。
写真2枚目 外したタンクにライトで光を当てると、底の汚れとクラック(ひび)がよく判りますね。

写真3枚目 完成。 

写真4枚目 エアコンの効きが悪いとのことでしたので、エアコンリフレッシュ。 抜き取ったガス量357g
(規定量450g) リフレッシュ後は、ガス量が規定量ぴったり入りましたので、効率改善し、 作業前吹き出し口温度は13.1℃から作業後は、11℃ となりました。  欲を言うと もう少し下がってくれるとベストですが・・。

写真5枚目 最後の作業でワコーズRECS このエンジンは汚れが貯まりやすい との情報ですから、定期的なRECS施工が良いです。

1906093190609419060911906095




evooyaji at 16:03|PermalinkComments(0)

2018年06月23日

106 S16 エアコンと

2002年式プジョー106 S16 先日「エアコンの効きが悪い」と入庫いただき、エアコン吹き出し口温度を測定すると19.2度と これは冷えない状態。 早速エアコンリフレッシュ作業をしようとしましたが、高圧バルブチャックからプクプクとガス漏れしておりました。
このまま作業を進めても すぐにガスが抜けてしまうのは明らかですから、まずはバルブコア(ムシ)を用意することにし、この日は作業中止。
当店に在庫があるバルブコアとは違うのは、見て分かりましたが、特殊なものだといけないので、プジョー純正パーツを調べ在庫確認。  するとメーカー生産中止で在庫もなし との回答。

これは、特殊なバルブに違いないと察して、部品商さんルートで調べると これまた「対応できるものがありません」と。  こうなったらプジョー純正のエアコンパイプごと購入すれば、このパーツが付属しているかも と思い このあたりの確認と在庫を調べてもらうと 「パイプは もう何年も前に生産中止です」と。
こうなったら、何としてもバルブコア単体で探さなければ・・・。
目線を変えて探すと、写真1枚目のバルブが有りました〜。

これで合うはずですが、果たして・・・エアコンガスを回収し、古いバルブコアを抜き取ると 写真2枚目のものが出てきました。  念のため低圧、高圧とも交換すべく、2個用意して正解。  どちらも下側(奥側)のゴムが劣化しペッチャンコ。
この車両は規定量775グラムに対して抜き取ったのは278グラム、64%も抜けてしまった状態でした。
作業後の吹き出し口温度は8.4度と快適となりました。   あとは、この状態を維持してくれると良いのですが。

        今日の時点では、新たな漏れ箇所は ありませんでしたが、ちょいと心配です。 

18062311806232 


evooyaji at 12:12|PermalinkComments(0)

2017年03月25日

プジョー208GTI タイヤ交換

パンクしてしまい、気が付かずに20キロほど走ってしまったそうです。
でも この車両のスペアータイヤは、テンパータイヤではなく通常タイヤ、おまけに同じアルミホイール付き。
今時は スペアータイヤなし車 が多いですが、こういった もしもの時には、この車両のような装備だと安心ですね。
パンクしていない他の3本もスリップサインが磨り減るほど磨耗しておりましたので、4本ご注文いただきました〜。

いくつかの見積の中から選んでいただいたのは、ミシュランPS4
               これで安心ですね。
写真1枚目 交換完了。

写真2枚目 パンクしたタイヤの内部。 タイヤが路面とホイールで擦られて サイドウォールが削り取られ 粉が大量に・・・。

サイドウォールは厚さ1ミリ以下となっており、もう少しでタイヤがバラバラになるところ、危ない危ない。

17032511703252

evooyaji at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月04日

RCZ アライメント

プジョーRCZ 4ホイールアライメント測定、調整のご依頼。
メカニックによる測定前の試運転から開始。
トゥの数値が悪いのか、常に修正舵をあてないと 真っ直ぐ走れない、また左へ左へと走ってしまう 状態でした。
早速 測定作業に入りますが、
この車両の場合、リアの調整箇所がありませんので、各部のネジのガタ分だけの微調整しかできなく、大幅な狂いがあると どうにも ならなくなってしまいますので、心配しておりましたが、幸い この車両はスラスト角ゼロと最高の状態。
フロントのトゥのみ調整し、いつものように試運転。   
左右にフラフラするのは収まりましたが、左流れは 治っていない。  数値上は 全く問題ない値になっているのですが。
こうなると難しく、 原因はタイヤにあるのか?それとも 走行するとブッシュに たわみ が出て数値がおかしくなってしまうのか?
まずは、フロントタイヤを左右入れ替えて 走ってみると 随分改善されました。

ということは、タイヤにも原因がありそうです。  
ならば、リアも左右入れ替えて走ってみますが、こちらは変化なし。 

フロント左右のタイヤに問題があるようですね〜。  数ヶ月後にタイヤ交換予定 とのことでしたので、一旦終了。
タイヤが新品に換わって どう変化するか 是非 確認したいですね。


写真は、測定作業中。  リアからのライン(ボディもリアガラスも)がとっても綺麗なデザインですね〜。

1703041

evooyaji at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)