ルノー

2024年06月09日

トゥインゴとオールトラック

ルノートゥインゴ (AHH4B) エンジンフロントカバーからオイル漏れ。  ここをきっちりと修理するには、エンジン脱着が必要になってしまいます。 なので、応急処置としてワコーズ クイックフィクスを塗布することに。  これ、漏れている部分を脱脂し、外側からスプレーするだけです。

当初の予定では、簡単施工のつもりでしたが、「どうせやるなら」と、急遽マフラーを外して、作業スペースを確保するとともに、塗布範囲も増えました〜。

本日もう1台はVW ゴルフ7.5 オールトラック タイヤ交換。 5種類の見積もりから選んでいただいたのは225/45-18 ミシュラン プライマシー4+ です。
ホイールは以前購入いただいたニュースピードの鍛造アルミです。

タイヤ交換中に、マスターシリンダーに圧力を掛けて、ブレーキフルード交換を同時進行。


evooyaji at 19:15|PermalinkComments(0)

2024年06月04日

カングーオイル交換

2015年式 ルノーカングー (KWH5F) エンジンオイル、オイルフィルター交換で ご入庫いただきました。 こちらの車両も いつも定期的にオイル交換させていただいています。
作業は何も問題なく進み、終了。  

ヘッドライトが かなり くすんできましたので、そろそろ磨き&蒸着コート又は磨き&ヘッドライトフィルム張りが必要ですね〜。

evooyaji at 11:00|PermalinkComments(0)

2024年05月26日

クリオ マフラー交換

24052612001年式 ルノー クリオ V6 マフラー交換とスペーサー取付で ご入庫いただきました。
マフラーはJ.ENGINEさんオリジナル ステンレスマフラーです。 リアバンパーを外して、交換となりますが、このバンパーが外し難いこと。 かなり無理がある 付け方となっていました。

マフラー自体の取り付けは、もう 付くようにしか付けれない、調整個所はありませんので、ある意味精度が良いので 出来ることですね。
欲を言えば、出口が もう5ミリ又は1センチ短ければベリーグッドだったのですが・・・。

写真1枚目 純正マフラー。

写真2枚目 純正との比較。 これだけタイコが小さくなりますので、爆音になってしまうのではないか?と心配になりましたが、結果は 良い感じで、ほっとしました。 (リアエンジンでマフラーが短いので 特に・・・)

写真3枚目〜5枚目 交換後。

2405262240526324052642405265




evooyaji at 16:50|PermalinkComments(0)

2024年04月28日

トゥインゴ バッテリー交換

24042852017年式ルノー トゥインゴ バッテリー交換で ご入庫いただきました。
写真2枚目 外したバッテリーは随分お疲れのようで、CCA値は70%以下になっておりましたので、バッテリー上がり 寸前での交換となりました。

この車両のバッテリー交換は 何かと手間がかかりますね。 写真3枚目のようにボンネット脱落防止のストラップ固定ボルトを2個外し、ウィンドウォッシャーホースを外して、ボンネットをしばらくシーツの上で保管。 と、スタートまでに色々あります。 

24042842404286

evooyaji at 10:14|PermalinkComments(0)

2024年04月21日

メガーヌ エアコンが

2404216ルノー メガーヌRS エアコンリフレッシュ作業で ご入庫いただきました。 車両を購入されたばかり とのことですが、エアコンの効きが悪い ということでした。
作業前に吹き出し口温度を測定すると39.1℃  う〜ん、これは全く冷えていない状態で・・・ヒーターが効いています。 ガス圧は、低圧、高圧ともに低いです。
          ガスが少ないのは 間違いないですが、いやな予感。
作業を続けて、ガスを回収してみると166g (規定量510g) 32.5%しか入っていませんでした。
真空引き後の圧力保持テストではOK  規定量ぴったりの510gのガスを充填し、吹き出し口温度は32.8℃となりましたが、これでは、NGですね。 高圧側が上がってくれませんから、コンプレッサー不良。  コンプレッサー交換の見積が出来上がり次第 連絡させていただくこととなりました。 


2404215

evooyaji at 11:37|PermalinkComments(0)

2024年02月14日

メガーヌRS バッテリー交換

24021312017年式 ルノー メガーヌRS (DZF4R) バッテリー交換で ご入庫いただきました。
事前のCCA値測定で新品時の52%になっておりましたので、至急交換が必要です。
今度のバッテリーはバルタAGMをおすすめ。

写真3枚目 交換が終わり、診断機を接続して、バッテリー設定 をしようしたのですが、そんな設定項目 無し。 ここから調べていくと、意外な方法で設定する とのこと。
判ってしまえば簡単で、いわゆるキャデラック等と同じような感じでした。


24021322402133

evooyaji at 18:21|PermalinkComments(0)

2023年12月17日

トゥインゴ GT タイヤホイール

2312171ルノー トゥインゴ GT 先日タイヤホイールのお問合わせをいただき、純正同サイズの17インチ、インチダウンの16、15インチと色々と調べるも在庫が無いもの(国内在庫無し、納期未定等)ばかりで・・。

結局MSW X4 5*15 と 5.5*15  タイヤはフロントが165/65-15 ミシュラン クロスクライメート +、リアが185/60-15 クロスクライメート2 に決定。
しかしながら これらは在庫が有る といってもリアホイールはメーカーに2本のみ。

写真1枚目 作業前の純正17インチ。

写真2枚目 作業後の15インチ。 フロントは3.8Kg (1本で)軽量化、リアは6.2Kg(1本で)軽量化できましたので、トータル20Kg、これをバネ上に換算すると約280Kg軽くなった計算になります。
         これは確実に 体感できるレベル ですね。

写真3枚目 黒いホイールになりましたが、純正ボルト頭の仕上げが・・・。

写真4枚目、5枚目 当店在庫品のVW、アウディ純正ボルトキャップと工具 をおすすめして取付。 これで見た目が良くなりました〜。



2312172231217323121742312175


evooyaji at 13:52|PermalinkComments(0)

2023年07月21日

トゥインゴ マウント交換

23072112018年式ルノー トゥインゴGT エンジンマウント、ミッションマウント、エンジンサポート3点の交換。  
エンジンマウントとミッションマウントは同じもので、国内在庫があり、すぐに届きましたが、エンジンサポートについては、国内在庫が無く、本国取り寄せで1ヶ月半ほど待ったでしょうか。

エンジンマウントがあまりにも華奢ですから、社外品の強化サポートをプラスして取付します。


230721223072132307214

evooyaji at 11:04|PermalinkComments(0)

2023年07月12日

クリオV6 と C43

23071212001年式ルノールーテシアV6 (クリオV6) タイヤとブレーキパッド交換で ご入庫いただきました。
先月の車検時に指摘させていただいた個所を交換することとなりました。
タイヤの残り山は、また有るのですが、劣化によるヒビ(クラック)が目立ち始めましたので、4本とも交換することに。 前後異径サイズですが、前後で揃うパターンとなると選択しが少なく、選んでいただいたのはミシュラン パイロットスポーツ4 (PS4) 、そして4ホイールアライメント測定、調整も行います。
リア トゥ調整部が錆びておりましたので、前回入庫時にワコーズ ラスペネを塗布しておきました。そして今回も一番初めに塗布。 ブレーキパッドはリアの残りが少なかった(片べり)ので交換をおすすめすると「ついでだから前も交換を・・・」ということで、前後ともジガプラスを選択。
フロントは1種類なので迷いませんが、リアはローター径が2種類あり300、308ミリ。
それによりパッドが違います。 この車両は300ミリの方でした。

パッド交換が無事に終わり、アライメントに。
心配していたリアトゥ調整部は、見た目とは裏腹に 何も問題なく動いてくれました〜。

続いて2018年式 AMG C43 クーペ エンジンオイル、オイルフィルター交換、エアコンリフレッシュ作業で ご入庫いただきました。
エンジンオイルから始めましたが、モチュール8100を使用し、7リッター丁度でした。 別のお客様のC43 (2016年式)と全く同じでした。
エアコンリフレッシュは抜き取ったガス量485gで規定量630g ということは5年で145g抜けたということで、29g/年 です。
やはり定期的なリフレッシュ作業が必要ですね。






evooyaji at 13:05|PermalinkComments(0)

2023年06月25日

トゥインゴとパサート

2017年式ルノートゥインゴ  エンジンオイル、オイルフィルター、12ヶ月点検にて ご入庫いただきました。
オイルは いつものモチュール8100を使用。 サクサクと交換し、点検作業にかかりると、右ストップ球が点かない。 単純な球切れでしたので 交換して、無事に点灯。
この車両はヘッドライトの球切れ警告灯はありますが、テールランプ系の球切れ警告灯は無いんですね。


この車両と同時進行で、2023年式VW パサートワゴン エアコンリフレッシュ作業。
車両入れ替えのたびに この作業を ご依頼いただき、歴代の車両でやらさせていただいております。
マツダ ロードスター、ルノールーテシア、アウディS1などなど。 ぱっと思いつくだけで、これだけの車両で作業させていただき、ありがたいことです。
新車を買っても、エアコンガス量が足らないことをよく理解されている、お客様です。

この車両は 新ガス 1234yf となりますが もちろん対応可能です。

いつものように車両の吹き出し口温度測定からスタート。センサーを吹き出し口にセットし、ブルートゥースでエアコンガス回収機 TEXA 780R に5分間のデータ送信し、本体側液晶画面にグラフ表示、と同時にSDカードにも保存。 

初めに機械設定をしてしまえば、あとは全部自動で行いますので、メカニックはエラー等がなければ見ているだけ。
規定量のガス充填後に吹き出し口温度を再度測定し 送信したらデータを保存。
            最後にお客様用レポートをA4にプリントします。

今回はガス量が110g足らない状態でしたので、 この分のガスを追加し、規定量ぴったりとなりました。 吹き出し口温度は13.8℃から9.4℃になりました。(作業前後で外気温は上がっておりますので この数値以上に良くなったと思います)



evooyaji at 11:20|PermalinkComments(0)