ルノー

2021年09月14日

カングー リアパッド交換

21091412015年式ルノー カングー (KWH5F)先日エンジンオイル交換で ご入庫いただいた際にリアブレーキパッドの残量が1ミリほどとなっておりました。 これは早急に交換が必要ということで、今まで使っていただいていたノンダストパッドのディクセル タイプM をリピートです。

無駄なく、ぎりぎりまで使えましたが、一歩間違うとローターがガリガリになり、ローターも交換となってしまいます。
  この車両は きっちり定期的に入庫いただいておりますので、OKですが、なかなか こんな具合にはいきませんね。




evooyaji at 17:29|PermalinkComments(0)

2021年09月11日

キャプチャー オイル交換

21091112021年式ルノー キャプチャー (HJBH5H) 1.3リッターターボ エンジンオイル交換で ご入庫いただきました。 当店初入庫の車両ですから、オイルフィルター、ドレーンガスケットの品番検索から。

調べてみると2品とも カングー(1.2ターボ)と同品番でした。
これならフィルターレンチ(サイズ)も同じである可能性大。 
専用フィルターレンチが必要なタイプですと、当店に合うものが有るのか?無いのか?
現車確認するまで 判りませんので、ドキドキですが、この車両は おそらく大丈夫。

結果は、何も問題なく、カングーと同じで通常のソケットにて対応。

2109112



evooyaji at 11:39|PermalinkComments(0)

2021年09月08日

カングー オイル交換

2015年式 ルノー カングー エンジンオイル交換で ご入庫いただきました。
オイルは、いつも使っていただいているモチュール 2100 10W-40を使用。

粘度的にはH-TECH 5W-30の方が適しているのですが、純正オイルも含めて、これらの低粘度オイルですとオイル消費が酷くて・・・。
この件について 新車納車直後に正規ディーラーさんから、「メーカーが対策部品を作る とのことですから、お待ちください」とアナウンスがあったようですが、数年経っても 音沙汰無し。
簡単にできる対策ということで、少し硬めの粘度を使用することで、オイル消費を防いできました。

待つこと5年、やっとメーカーから対策といいますか、エンジンのリコールが昨年11月25日に発表されました。
改善内容は要約しますと ヘッドを下ろして、ピストン上部、燃焼室、吸気バルブを洗浄。排気バルブに損傷がある場合のみエンジン交換。

お客様は、リコールの葉書が届いて すぐに入庫予約をされたそうですが、作業は約1年後(今年の11月)ということで、まだ未実施なんです。

   これは、気が長くないとダメな案件ですね。 
また 洗浄だけの改善内容ですと、同じことの繰り返しとなり、一時しのぎとなってしまいますので・・・。 エンジン交換でないと、改善にならない と思うのは、私だけでしょうか。

evooyaji at 14:07|PermalinkComments(0)

2020年12月23日

カングー オイル交換

20122232015年式ルノーカングー エンジンオイル交換で ご入庫いただきました。
オイルはいつも使っていただいております、モチュール2100を使用。 この車両 随分前には 同じモチュールのH-Techを使用しておりましたが、オイル消費が激しいため、少し粘度が固めの2100に変更。
これですと オイル消費が少なくなるので・・・。
でも 根本的な対策で、メーカーさんから「対策品を作りますので、お待ちください」とアナウンスがあったようですが、それから数年が経過したのですが、対策品はいまだに設定無しとのこと。

作業後にピットから駐車場に移動する際にストップ球が切れているのを発見。 ごく一般的なダブル球でしたので、テールランプを脱着して交換。 これで完成と思ったのですが、バックドアの右側が閉まらない(ロックしない)状態となり、慌てました。 
オーナーさん いわく「しまりが悪いので強く締めればOK」と。  メカニック2人には閉めることができませんでしたが、オーナーさんは、一発でOK。

              思い切り が重要なんですね。

evooyaji at 18:09|PermalinkComments(0)

2019年04月09日

A110 タイヤ交換

1960年代のアルピーヌA110 フロントタイヤ2本交換のご依頼。
この純正ホイールが変わったタイプでして、センタディスクがアルミ製でリムがスチール製の2ピースホイール。
これを お客様がリム増し(リムを2分割して、間に新たなリムを追加して4.5Jから6Jに改造)してから塗装したもの。

これに組み合わせるタイヤはヨコハマのラリータイヤでアドバンA021R 185/60-13とダンロップのラリーチューブ。
なぜチューブのみダンロップかといいますと、このタイヤサイズに合うチューブがヨコハマでは設定なし。  色々なメーカーを調べましたがダンロップのみだったんです。

タイヤのハメカエは ホイールがリム増しされているため、リバースホイールとなり、裏側から脱着となるのですが、これにチューブを入れるため なかなかやり難い。
次にバランス調整へと。  ここで、センターキャップなしのホイールだったことに気がつき、ホイールバランサーのアタッチメント付け替え。  これでプジョー、シトロエンなどのホイールと同じようにホイール取り付けボルトにて機械にセットできます。
写真1枚目がホイールバランサーにセットされた状態。

このアタッチメント前回使ったのを調べると 数年前のスマートロードスターのタイヤ交換時でした。 滅多に使いませんが、無いと困りますから、必需品です。

ちなみにPCDは3ホール 150mmですね。

1904091

  

evooyaji at 19:09|PermalinkComments(0)

2019年01月15日

トゥインゴ ボルトキャップ取り付け

19011412018年式ルノー トゥインゴGT  弟の通勤車ですが、ホイールボルトの見た目が今ひとつなんです。
なので、VW用のボルト キャップ 黒を取り付けてドレスアップ。
専用の取り外し工具も用意しましたので、これでキズを付けることなく、簡単に外すことができます。

                  簡単、お手軽、財布にも やさしいドレスアップ。




evooyaji at 15:04|PermalinkComments(0)

2018年11月02日

ルノートゥインゴ

18110212018年式ルノートゥインゴGT (私の弟の車両) エアコンリフレッシュ作業です。
納車ホヤホヤの新車ですがデータ取りのため やってみることに。
結果は、抜き取ったガス量は172グラム、規定量475グラムですから36%しか入っていないという状態。 
まあ ある程度 予想は(覚悟)はしており、「半分ぐらいは入っているでしょう」 と思っていましたが、まさかこれほど少ないとは・・・・・。

        やはり 新車を買っても エアコンガス量については 安心できないってことですね。





evooyaji at 19:01|PermalinkComments(0)

2017年12月20日

カングーとS4

2015年式ルノーカングー 夏タイヤが減ったので見積提出。
ところが、お客様から「タイヤが減ったから車を買い替えようかな」と。  これは景気が良い話ではありますが、タイヤ屋さんにとってはアンラッキー。
それから2ヶ月して、買い替えは なくなり、タイヤ交換となりました〜。     あ〜良かった。

選んでいただいたのは、ミシュラン エナジーセーバープラス195/65-15 91H 
元々の新車装着タイヤもミシュランでしたが、こちらはエナジーセーバーで91Tでした。
速度記号が TからHになり最高速度は190から210Km/hとなりましたが、カングーにはあまり関係ないですね。

かわって2005年式アウディS4 エンジンチェックランプ点灯とのことで積載車にて入庫。
11月4日にルーフライニング張替え終了時のフォルトチェックでは何ともなかったのですが・・・
お客様から「以前点火コイルが壊れた時と症状が似ている」とのこと。
車両が入庫し、フォルトチェックすると8番コイル不良と。   念のため点火コイルテスターにて確認。 確かに8番が頻繁に作動しておりません。 2013年9月に4番コイル 1個を交換しておりますので、今回は残り7個の交換をおすすめし、受注。
メーカーに7個オーダーしましたが、在庫の関係で2個だけ先に届きましたので取り付け。 8番のみ交換し、フォルトのリセットし、再診断、 OKです。   さらに点火コイルテスターでも確認すると あれれ7番コイル不良。
                     残り7個の交換をおすすめして正解でした。

本日3台目は、平成29年式スズキ ジムニー、ドライブレコーダー取り付け。  出来るだけスマートに付けたいとのことで、筒型をおすすめ。  ユピテル DRY-SV8100dを発売前(品番も決まっていない時期に)からバックオーダーいただき、先週入荷したばかりのホヤホヤの新製品。
          筒型は、ステーと本体がくっついていますから綺麗に収まりますね。


171220117122031712202



evooyaji at 13:24|PermalinkComments(0)

2017年07月09日

エアコンリフレッシュ

ご好評いただいておりますエアコンリフレッシュですが、先着30台特価 残り10台となりました。
            ご希望の方 お急ぎ下さいませ。
本日は2台。
1台目はルノールーテシア、規定量430グラムに対して 抜けた(入っていた)ガス356グラムと登録から3年半で約17%足らない状態。

2台目は2013年式BMW 320d ツーリング(F31) エンジンオイル、オイルフィルター交換でご予約いただき入庫。
「序にエアコンも・・・」と追加注文いただき、続けて作業。
こちらも比較的新しい車両ですが 規定量550グラムに対して 抜けたのは476グラムと約14%足らない状態。 噴出し口温度は13度から11度と2度下がり(改善)ました〜。

このエアコンリフレッシュではガスを抜き取ると同時にコンプレッサーオイルも抜けてきますが そのオイル量を正確に測り、真空引き後に同量の新品オイルを注入しますから、オイル交換(一部ではありますが)にもなるんです。  これで、コンプレッサーの動きが良くなることにより効率が上がり 温度が下がるということなんです。
また 欧州車で多いコンプレッサー不良も 少しは防げる(延命)と思います。

低年式車には、抜けたオイル量に対して任意の量を追加して新油を注入することも可能です。

写真は1台目のルノー ルーテシア

1707091





evooyaji at 23:59|PermalinkComments(0)

2017年05月26日

中古車ご購入で

今日は二人のお客様が中古車を購入された ということで目視点検となりました。
1台目は、2008年式ルノートゥインゴ 5M/T
こちらの お客様は16年ぶりの ご来店。  遠方に引越しされたそうですが、「また名古屋に戻ってきたので・・・」とのこと。     う〜ん ありがたいことです。

結果は 特に悪いところはなく、フロントのブレーキローター、パッドが磨耗しており、次のパッド交換時にはローターも同時交換となるのが予想されるぐらい。
              いたって普通(年式相応)といいますか、良い感じです。


2台目は、BMW 325i 4ドア E30です。
マセラティからの乗り換え。   この車両は なんだか懐かしく感じられます。
といいますのも 私は この車両と ほぼ同じのに乗っていましたから〜。
おまけに ボディカラーも同じ ドルフィンメタリック。  違うのは4ドアか2ドアか だけです。

30年ほど前の車ですから、色々トラブルもあるかと思いますが、ほとんどの純正パーツが生産中止ですから、いかにパーツを入手するかがキモですね。
               その際は全力で探します。

evooyaji at 10:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)